クロスは豊富な種類と良品質のサンゲツがオススメ!

「壁に汚れやキズが目立ってきた」「部屋の模様替えをしたい」「子供部屋を作りたい」 などがきっかけで、クロスの張替えを考えられるとき、どんなクロスを選べばいいのか迷ってしまうことはありませんか?そんなときは、クロス分野の国内シェア約50%を占めるメーカー「サンゲツ」をおすすめします。シェア約50%ということは、建物の二軒に一軒はサンゲツのクロスが使われているということになりますが、なぜサンゲツはここまで支持されているのでしょう?そこで今回は、サンゲツの魅力についてご紹介させていただきたいと思います。

112views | 2017年01月12日更新

CONTENTS
  1. サンゲツの強み
  2. サンゲツが強みとしている機能性クロス
  3. デザインが豊富なサンゲツのクロス
  4. まとめ

サンゲツの強み

サンゲツの強みはどういったところにあるのでしょうか。
まずはサンゲツの成り立ちから見て行きましょう。

老舗ならではの企画・開発

サンゲツは1851年に前身となる「山月堂」を創業し、「リフォーム」という概念が生まれる前から住まいの彩りに携わってきた、インテリア業界きっての老舗です。

サンゲツは建物の内部を彩る「内装仕上材」と呼ばれる商品の企画・開発をしており、壁紙・カーテン・床材から椅子生地まで合わせると、その数は1,3000点以上に及びます。

ふすまからドアへ、障子から窓へ移り変わっていった時代を見てきたサンゲツは、常に時代のニーズに合わせた商品の企画・開発を行っています。

安価で品質が高いクロス

サンゲツは自社工場を持たず、商品ごとに最適な製造技術を持つメーカーに製造を依頼することによって、製造ラインを組み替える手間・費用が発生せず、 商品の企画・開発に注力できるため、安価で良質の商品を生み出すことが出来ます。

充実したクロスの見本帳

クロスの見本帳は、実際に手で触れることが出来る実物のクロスのサンプルが張り付けてあり、室内のイメージ、表記事項なども掲載しているカタログです。 今でこそ当たり前となりつつありますが、実はサンゲツが昭和30年初頭から始めたものです。 サンゲツの見本帳は床材や椅子張なども含めると、現在ではおよそ40種類を取り揃え、年間数十億円の製作費が充てられています。

サンゲツは制作当初から現在に至るまで「わかりやすく、選びやすく」の精神を引き継いでおり、日本各地からお客様の声を拾い上げて反映させる事で、お客様との距離がより近くなる見本帳を目標に作り続けています。

40種類を超える充実した見本帳 40種類を超える充実した見本帳

企画・開発、製造ノウハウ、お客様との繋がり。これらはどれも一世紀半以上前からインテリアを見続けてきた経験から培われてきたサンゲツならではの強み。

では、実際にサンゲツはどのようなクロスを生み出してきたのでしょう。次項からは、サンゲツのクロスを機能性とデザイン性に分けご紹介します。

サンゲツが強みとしている機能性クロス

サンゲツのクロスは機能性に特化しているのが特徴です。
その中でもサンゲツの独自の機能性をもつクロスを3点ご紹介します。

EBフィルムクロス

EBフィルムクロスは、特殊な電子線(EB)照射とフィルム構造により汚れが落としやすくキズに強いクロスです。水性ペンだけでなく、 油性マジックや頑固な油汚れなども拭き取り可能なため、好奇心旺盛のお子様のお部屋などにおすすめのクロスです。

抗アレルゲンクロス

抗アレルゲンクロスは、抗アレルゲン剤が壁に付着したアレルゲン物質(花粉やダニの糞、死骸など)を吸着し、その動きを抑制(不活性化)するクロスで、 ダニアレルゲンを約80%低減、スギ花粉アレルゲンを約61%低減する効果が測定されています。長時間過ごすリビングや寝室などにおすすめです。

ウレタンコートクロス

ウレタンコートクロスは、表面に耐摩耗性や耐久性のあるウレタンを塗ることで、傷つきにくい頑丈さと、汚れが落ちやすいクォリティ、テカリの無いマットな仕上がりの三拍子がそろったクロスです。カビや傷、タバコのヤニ汚れなどに強く、玄関廊下、階段ホール、リビングに向いています。

デザインが豊富なサンゲツのクロス

サンゲツのクロスは織物調や石目調などのベーシックなものからインポートやアートパターンのような個性的な柄まで、幅広いラインアップは実に5,000点以上に及び、様々な環境に合わせられる品揃えの豊富さが魅力です。

織物調

絹や綿などで布を織ったような模様のクロスです。また、見た目だけではなく、感触の良い手触りも特徴です。和調の柄やカラフルなモザイク調の柄などがあります。

織物調クロス 織物調クロス

石目調

石のようなぽこぽことした表情が連なった模様のクロスで、場所を選ばず様々な場所に合わせやすいクロスです。目粗い紙やすりのような柄やレンガ調の柄などがあります。

石目調クロス 石目調クロス

インポート

世界から選び抜いたデザイン&カラーバリエーションで、主に幾何学的な模様をあしらった柄のクロスです。花柄や動物の毛皮を模した柄などがあります。

インポート柄クロス インポート柄クロス

アートパターン

曲線で構成された装飾のものなど、アート性の強いデザインのクロスです。植物を模した模様や、エンボス加工された装飾のパターンなどがあります。

アートパターン柄クロス アートパターン柄クロス

まとめ

いかがでしたでしょう、サンゲツの魅力がお分かりいただけましたでしょうか。

これら多くのデザインと機能性を備えたサンゲツのクロスは、「人の暮らしを豊かにし、喜んでもらうこと」というサンゲツの企業理念あってこそ生み出され、その結果たくさんの人々に受け入れられ、支持されるに至ったのではないかと思います。

今後クロスの張り替えに迷ったときは、サンゲツのクロスをお考えになってみてはいかがでしょうか。

関連ページ
リフォームに関するご相談はお気軽にご連絡ください(入力簡単)無料の見積依頼・ご相談フォーム
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブルトルネード 348,000円(税込)

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。