MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応
  1. リノコトップ
  2. 愛媛県のリフォーム

愛媛県でリフォームするならリノコ

EHIMEリフォーム情報

リノコは愛媛県内で多数のリフォーム実績がございます。
独自の基準で厳選した優良施工店・職人のみがリノコ加盟店に加わっており、リフォーム工事は優良な加盟店が行いますので安心してご依頼ください。
リノコを利用して愛媛県でリフォームされた実際のリフォーム事例や施工写真も多数紹介しておりますので、ご参考にしてください。

愛媛県のリフォーム事例

愛媛県主要エリアのリフォーム事例

愛媛県主要エリアのリフォーム事例

愛媛県全域でリフォームを承っております。

愛媛県のリフォーム事例

リノコのリフォーム費用

リノコが選ばれる理由

安心コミコミ価格

安心コミコミ価格

徹底的にムダを省いてコスト削減し、不要な中間業者を排除することで低価格を実現しました。
さらに、商品代・工事代・交通費や廃材の処分費用などリフォーム工事にかかる諸経費を全て含めた「安心コミコミ価格」でリフォームをご提供しております。

安心の体制・しくみ

安心の体制・しくみ

リノコは年中無休のサポート体制。厳しい審査をパスした施工店のみが工事を行うなど、お客様に安心してリフォームしていただける体制・しくみを作り上げました。

スマホ・PCでらくらくリフォーム

らくらくリフォーム

リノコではリフォーム管理ツール「マイページ」をご用意しています。スマホ、パソコン、タブレットでいつでもどこでもリフォームの進捗が見られ、契約・支払い・連絡などもマイページから行えます。

リフォームサイトNo.1

リフォームサイトNo.1

第三者機関による調査で、リノコは5つのNo.1に選ばれました。
これからも皆様から選ばれるリフォームサイトを目指していきます。

愛媛県のショールーム予約を代行します!

ショールーム ショールーム

愛媛県のショールームから最適なショールームをリノコスタッフがお客様のご希望をヒアリングし、無料でご予約を代行いたします。
メーカーのショールームに行けば、商品を見たり触れたりすることで、リフォーム全体のイメージがしやすくなります。
リノコでは、ショールームに行く前、行った後の両方をしっかりサポートいたします。
※メーカーによってはショールームを持たない場合もあります。

愛媛県のリノコ加盟店一覧

新居浜市

愛媛県で受けられるリフォームの補助金・助成金

愛媛県内では各市町村が実施しているリフォーム補助金制度を利用して、県内の住宅の改修工事などを行うことができます。補助金制度は耐震改修化、バリアフリー化、エコ化などのリフォーム目的によってさまざまです。自治体によって実施内容が細かく変わる場合もありますので、リフォーム工事を検討する際には地元の自治体などに問い合わせておきましょう。

愛媛県のリフォーム補助金制度の特徴

愛媛県では耐震改修化工事に対する補助金については、愛媛県全体で耐震診断、耐震改修工事に対する支援体制が構築されています。1981年5月31日以前の旧耐震基準で建築されている木造住宅は、そのほぼすべてが補助対象となります。南海トラフ地震や九州方面で起こる地震の影響範囲に入っている地域もありますので、古い木造住宅にお住まいの方は耐震改修のためのリフォーム工事を検討してもよいでしょう。

この他に愛媛県内での各市町村で実施されていることが多いのが、移住者支援のための空き家改修リフォーム工事に対する補助金支援制度です。人口減に悩んでいる愛媛県内の市町村などを中心に、定住を目的として空き家バンクに登録されている住宅などを購入して改修する場合には補助金が出ることが多いです。

施工する工事の種類や受注する施工業者に条件を付けていることがありますので、申し込みの際にはよく関係窓口に問い合わせておく必要があります。

今回ご紹介する愛媛県内の補助金制度の一部は、今治市の「住宅用新エネルギー等関連設備設置費補助金制度」、伊予市の「移住者住宅改修支援事業」、東温市の「木造住宅耐震改修事業」、久万高原町の「移住者住宅改修事業費補助金交付事業」、そして内子町の「日常生活支援事業」です。

自治体によっては、補助金制度の募集する戸数や期間がかなり限定されていて、予算の上限に達し次第締め切ることもあるようです。したがってリフォーム工事を検討する場合は、できるだけ早めに申し込みの準備をしておく必要があるでしょう。

今治市住宅用新エネルギー等関連設備設置費補助金制度

・対象となるリフォーム
今治市内の住宅での家庭用燃料電池、蓄電池システムの設置工事
ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)化工事(施工業者は愛媛県内に本店を多く中小建築業者などに限定)

・対象となる住宅
今治市内で対象となる設備を設置する住宅
設備付きの住宅を購入する場合も補助金の対象

・補助金額
家庭用燃料電池システム・家庭用蓄電池システム
設置費用の10分の1(上限額は20万円)
ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)
補助金額は定額の60万円

また以下のHPで詳細を確認いただけます。
今治市公式サイト「地球にやさしい燃料電池・蓄電池・ZEHを応援します」
http://www.city.imabari.ehime.jp

伊予市移住者住宅改修支援事業

・対象となるリフォーム
伊予市内に住所を有する個人事業者または市内に事務所を置く法人が行う空き家のリフォーム工事
空き家の改修は50万円以上、家財道具の搬出等は5万円以上のものが対象
着工前の申請で、補助金申請年度内に改修等の完了が見込まれるもの

・対象となる住宅
愛媛県や伊予市の空き家情報バンク等に登録された物件
市内地域団体を通じて補助対象者が居住を目的として購入・賃借した一戸建ての空き家が対象

・補助金額
補助対象経費の3分の2(1000円未満の端数は切り捨て)
上限額は空き家の改修が140万円、家財道具の搬出等が20万円

また以下のHPで詳細を確認いただけます。
伊予市公式サイト「移住者住宅改修支援事業」
https://www.city.iyo.lg.jp

東温市木造住宅耐震改修事業(工事)

・対象となるリフォーム
東温市内の地震による倒壊の危険性のある木造住宅の耐震化工事

・対象となる住宅
市が実施する耐震診断の結果、「倒壊する可能性がある」「倒壊する可能性が高い」と判定された東温市内の住宅
改修後「倒壊しない」「一応倒壊しない」と評価されたものが対象

・補助金額
改修設計費用の3分の2以内で上限額20万円
改修工事上限額90万円
工事監理費用の3分の2以内で上限額5万円

また以下のHPで詳細を確認いただけます。
東温市公式サイト「 東温市木造住宅耐震改修補助事業について 」
http://www.city.toon.ehime.jp

久万高原町移住者住宅改修事業費補助金交付事業

・対象となるリフォーム
久万高原町に定住することを目的として、町内に住所を定める移住者が行う空き家リフォーム工事

・対象となる住宅
移住目的のための久万高原町市内の空き家または居住用の建物で現に居住している者がいないもの

・補助金額
補助率は費用の3分の2以内
上限額は働き手世帯(※1)が200万円
子育て世帯(※2)が400万円
本体工事に付随して行われる家財道具等の搬出等は20万円
※1世帯の構成員に、50歳未満の者がいる世帯
※2世帯の構成員に、中学生以下の子どもがいる世帯

また以下のHPで詳細を確認いただけます。
久万高原町公式サイト「久万高原町に移住・定住しませんか?」
http://www.kumakogen.jp

内子町日常生活支援事業

・対象となるリフォーム
補助支援対象となる方の在宅する、内子町内の住宅でのバリアフリー化工事

・対象となる住宅
補助支援対象となる高齢者、身体障がい者の在宅する内子町内の住宅

・補助金額
工事費用の総額に応じて決定する
補助率は10分の9(ただし、本人及びその配偶者が非課税対象の場合は10分の10)

また以下のHPで詳細を確認いただけます。
内子町公式サイト「日常生活用具について」
http://www.town.uchiko.ehime.jp

愛媛県内のリフォーム補助金の申請手続きの流れ

愛媛県内で実施されているリフォーム補助金制度の多くは、申し込み期間や募集戸数に上限があるものが多いので、補助対象となっている場合はできるだけ早く申し込み手続きに入った方がよいでしょう。

各自治体などの公式ホームページや関係先の役所の窓口などでは、補助金制度に関する細かい情報や書式、要綱などが準備されていますので、これらの情報を入手し、疑問点などは窓口に問い合わせをしながら手続きを進めていきましょう。

補助金申請の手続きでは、まずリフォーム工事の前に「事前申請」を行います。

事前申請は必ず工事着工前(場合によっては工事契約前)に申請しなければならないので、申請時期には注意しましょう。事前申請が受け付けられると、補助金を交付する担当機関から「補助金交付決定通知書」が届くことになります。この通知書が到着したらリフォーム工事着手です。

工事完了後、工事が問題なく終わったこと役所に報告するため「工事実績報告書」を提出しなければなりません。この報告書には工事内容に関する技術的、専門的な書面やデータなどを添付しなければならないので、書面は施工業者に協力してもらって作成することになります。

報告書を受けた担当機関は担当者を現場に派遣し、担当者が完了検査を行います。問題ないと判断されると約1か月後に「補助金交付額決定通知書」が手元に届き、ようやく補助金の交付申請をすることになります。

リフォーム補助金申請に必要となる書面はどんなものがある?

以上のように補助金の申請では、工事着手前の「事前申請」、工事完了後の「実績報告書の提出」、そして補助金の「交付申請」という大まかに言うと3回の手続きが必要です。

それぞれの申請では、書式や必要となる添付書類の定めなどが細かく決まっていますので、各自治体の公式サイトや関係窓口などで公開されている要綱や書式に従って書面を作成していきましょう。

わからない点などがあれば、できるだけ早めに関係窓口などに直接問い合わせたほうが賢明です。後で起こりうる手続き上のトラブルを未然に防ぐことができ、円滑に手続きを進めることができます。

申請で必要となる書面は、補助金の目的やそれぞれの自治体によって細かな点で違いがあります。一般的にどの補助金でも、住民票の写しや戸籍謄本、納税証明書、介護保険に関する書面や自宅の登記事項証明書などの個人情報関連の書面が必要となります。これらの書面は申請者本人が収集するのが基本ですから、自分で関係先の役所や公的機関に問いあわせて入手していきましょう。

この他には工事関係の技術的、専門的な書面が多数必要となります。例えば工事の見積書や契約書、設置する設備に関するデータ、工事の設計図や平面図などです。これらの書面は施工業者に用意してもらえばよいので、県内の補助金行政に詳しい施工業者ならば必要書面を速やかに準備してくれるでしょう。

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

オリジナル壁紙 ミラブル購入で20000円引き リノバス誕生 便座交換 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter