MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応
  1. リノコトップ
  2. 鹿児島県のリフォーム情報

鹿児島県のリフォーム情報(事例・会社・工務店・費用)

KAGOSHIMA リフォーム情報

リノコは鹿児島県内で多数のリフォーム実績があります。
実際にリノコを利用された鹿児島県のお客様のリフォーム施工事例や、リノコ独自の基準で厳選した鹿児島県の施工店情報を掲載しておりますので、是非リフォームの参考としてご覧ください。

鹿児島県のリフォーム事例

鹿児島県でリフォームされたお客様の施工事例を実際のリフォーム金額・施工写真・コメントを交えてご紹介しています。

鹿児島県全域でリフォームを承っております。

鹿児島県のリフォーム事例

リノコのリフォーム費用・相場

安心コミコミ価格

リノコは「商品+工事+保証」をセットにした安心のコミコミ価格です!

鹿児島県のリノコ加盟店(施工会社・工務店)

リノコが厳選した鹿児島県の優良施工店やベテランの職人たちをご紹介しています。
リノコなら施工店探しの手間いらず!あなたの地元のリノコ加盟店がリフォーム工事を行います。

鹿児島県のリフォームにリノコが選ばれる理由

安心コミコミ価格

安心コミコミ価格

徹底的にムダを省いてコスト削減し、不要な中間業者を排除することで低価格を実現しました。
さらに、商品代・工事代・交通費や廃材の処分費用などリフォーム工事にかかる諸経費を全て含めた「安心コミコミ価格」でリフォームをご提供しております。

安心の体制・しくみ

安心の体制・しくみ

リノコは年中無休のサポート体制。厳しい審査をパスした施工店のみが工事を行うなど、お客様に安心してリフォームしていただける体制・しくみを作り上げました。

スマホ・PCでらくらくリフォーム

らくらくリフォーム

リノコではリフォーム管理ツール「マイページ」をご用意しています。スマホ、パソコン、タブレットでいつでもどこでもリフォームの進捗が見られ、契約・支払い・連絡などもマイページから行えます。

リフォームサイトNo.1

リフォームサイトNo.1

第三者機関による調査で、リノコは5つのNo.1に選ばれました。
これからも皆様から選ばれるリフォームサイトを目指していきます。

鹿児島県のショールーム予約を代行します!

ショールーム ショールーム

鹿児島県のショールームから最適なショールームをリノコスタッフがお客様のご希望をヒアリングし、無料でご予約を代行いたします。
メーカーのショールームに行けば、商品を見たり触れたりすることで、リフォーム全体のイメージがしやすくなります。
お近くのTOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)、クリナップ、タカラスタンダード、サンゲツ、シンコール、トクラス、サンワカンパニー、クチーナ、朝日ウッドテック等のショールームをご紹介いたします。
※メーカーによってはショールームを持たない場合もあります。

鹿児島県で受けられるリフォームの補助金・助成金

鹿児島県にはこんな補助金がある

厚生労働省の地域生活支援事業のうち、日常生活用具給付等事業は生活補助器具の設置に関するリフォームに適用できる制度で、鹿児島県全域で利用できます。用途は統一されていますが、自治体の裁量が大きく、申請者の自己負担額や申請方法などが市町村ごとに異なる補助金制度です。
鹿児島市の補助金は介護が必要な高齢者がいる住宅で、出水市はそれに加えて身体障害者1・2級の方がいる住宅でも利用できます。

奄美市、いちき串木野市には、高齢者や身体障害を持つ方がいなくても利用できる補助金があります。奄美市の補助金は30万円を超えるリフォームでなければ補助されないものの、条件が少なくて申請できる方が多いので、大きめのリフォームであれば大変有効でしょう。いちき串木野市にも一定額以上の工事に限って利用できる補助金があります。

このように、鹿児島県にはリフォームに利用できる補助金制度が各市町村で整備されていますが、利用するには申請資格や書類などを知る必要があります。それぞれの補助金について詳しく記したので、参考にしてみてください。

地域生活支援事業(日常生活用具給付等事業)

・対象となるリフォーム
居宅生活動作補助用の設置に伴うリフォーム

・対象となる住宅
鹿児島県にあり、下肢、体幹機能障害または乳幼児期非進行性脳病変を持つ方が住む住宅

・補助金額
工事費用のうち、各市町村に定められている自己負担額を除いた額

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
厚生労働省公式サイト 日常生活用具給付等事業の概要
http://www.mhlw.go.jp

高齢者住宅改造費の助成

・対象となるリフォーム
バリアフリー改修工事
新築や増築、申請前に着工済みの工事は対象外(ただし、リフォームのためにやむを得ず増築が必要な場合は対象となる)
原則1回限り(高齢者の状況が変化して必要と認められた場合は例外)

・対象となる住宅
鹿児島市にあり、要支援認定以上の介護度の方が住む住宅
(世帯の前年の課税所得金額が330万円以上ある場合、または市税を滞納している場合は対象外)

・補助金額
鹿児島市が対象と認めた工事費用の3分の2(上限66万6,000円)

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
鹿児島市公式サイト 高齢者の住まい(高齢住宅改造費の助成等)
http://www.city.kagoshima.lg.jp

住宅改造費助成事業

・対象となるリフォーム
バリアフリー改修工事(新築や増築、申請前に着工済みの場合は対象外)
原則1回限り

・対象となる住宅
出水市にあり、生計中心者の前年における課税所得が330万円以下かつ、以下の条件のどちらかにあてはまる方が住む住宅
1、65歳以上で要介護認定または要支援認定を受けた方
2、身体障害者1級または2級の方

・補助金額
対象となる工事費用から介護保険などで支給される住宅改修費を除いた額の3分の1(上限20万円)

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
出水市公式サイト 13 住宅改造費助成事業
http://www.city.izumi.kagoshima.jp

奄美市住宅リフォーム等経済対策事業補助金

・対象となるリフォーム
工事費用が30万円以上で市内の業者が施工するリフォーム(補助金の交付決定日より120日以内に事業完了実績報告を提出することが条件)

・対象となる住宅
奄美市内に住んでいて市税の滞納がない方が所有している住宅(マンションや店舗併用の場合は申請者の住居部分のみが対象)

・補助金額
対象となる工事費用のうち、30万円を超える部分の20%(上限10万円、1000円未満切り捨て)

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
奄美市公式サイト 奄美市住宅リフォーム等経済対策事業補助金
http://www.city.amami.lg.jp

住宅リフォーム事業補助金

・対象となるリフォーム
以下の条件をすべて満たしたリフォーム
1、住宅の安全性や耐久性、耐震性、居住性を向上させるためのリフォーム
2、工事費用が20万円以上
3、いちき串木野市内の施工業者が行う

・対象となる住宅
いちき串木野市にある個人住宅

・補助金額
工事費用の15%(上限15万円)

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
いちき串木野市公式サイト 住宅リフォーム事業補助金について
http://www.city.ichikikushikino.lg.jp

補助金受け取りまでの流れ

補助金受け取りまでの流れは、まず申請書などの書類を役所に提出します。それらの書類をもとに補助金を受け取る資格があるかどうか審査され、要件を満たしていれば交付決定の通知が送られてきます。(申請者が多い場合は抽選になることもあります。)通知が来たら施工業者に連絡して工事を始めてもらいましょう。

工事が完了したら、完了実績報告書を役所に提出します。完了実績報告書とは工事代金の領収書の写しやリフォーム箇所の写真などを記載したもので、「きちんと工事が行われたか」「工事費用は適正か」といったことがチェックされます。もし、適正な工事ではないと判断されたら補助金がもらえない可能性もあるので、信頼できる施工業者に依頼することが重要です。そのため、自治体によっては指定の施工業者が紹介されることもあります。完了実績報告書に不備がなければ請求書を提出した後に補助金が支払われ、補助金に関する手続はすべて終了です。

ほとんどの自治体で工事が始まった後の申請は受け付けていませんが、南さつま市の補助金は移住者の支援という性質上リフォームが完了しないと住めない場合があるため、あらかじめ最低限の書類だけ提出していれば工事に着手した後の申請も受け付けています。

必要な書類

必要な書類は自治体によって異なる部分もありますが、制度を利用するための申請書、工事費用の見積書の写し、リフォームした箇所の図面とリフォームする前の写真は共通して必要です。補助金をもらうための条件に前年の課税所得が関係する場合は、前年の納税証明書などの課税所得額が確認できるものの提出を求められます。(市税を滞納していないか確認するために求められることもあります。)

リフォームしようと考えている住宅が借家ならば、貸主から住宅改造承諾書をもらう必要があるので、あらかじめ連絡して入手しておきましょう。身体障害者や要介護・要支援認定されている方向けの補助金は、障害者手帳や介護保険の被保険証の写しなどが補助金をもらう資格の証明となります。

自治体によっては外観の写真や住宅の位置図、工事請負契約書の写し、リフォームを行う住宅の固定資産名寄せ台帳の写し、といったものを要求されることもあります。特に、鹿児島市の高齢者住宅改造費の助成制度は書類が多く、設置用具のカタログや家屋の状況などに関する調査書なども必要です。補助金をもらうために要する書類はたくさんあるので、何が必要か確認してきちんと管理しておきましょう。

都道府県・地域別リフォーム情報

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

オリジナル壁紙 ミラブル購入で20000円引き リノバス誕生 便座交換 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter