MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応
  1. リノコトップ
  2. 石川県のリフォーム

石川県でリフォームするならリノコ

ISHIKAWAリフォーム情報

リノコは石川県内で多数のリフォーム実績がございます。
独自の基準で厳選した優良施工店・職人のみがリノコ加盟店に加わっており、リフォーム工事は優良な加盟店が行いますので安心してご依頼ください。
リノコを利用して石川県でリフォームされた実際のリフォーム事例や施工写真も多数紹介しておりますので、ご参考にしてください。

石川県のリフォーム事例

石川県主要エリアのリフォーム事例

石川県主要エリアのリフォーム事例

石川県全域でリフォームを承っております。

石川県のリフォーム事例

リノコのリフォーム費用

リノコが選ばれる理由

安心コミコミ価格

安心コミコミ価格

徹底的にムダを省いてコスト削減し、不要な中間業者を排除することで低価格を実現しました。
さらに、商品代・工事代・交通費や廃材の処分費用などリフォーム工事にかかる諸経費を全て含めた「安心コミコミ価格」でリフォームをご提供しております。

安心の体制・しくみ

安心の体制・しくみ

リノコは年中無休のサポート体制。厳しい審査をパスした施工店のみが工事を行うなど、お客様に安心してリフォームしていただける体制・しくみを作り上げました。

スマホ・PCでらくらくリフォーム

らくらくリフォーム

リノコではリフォーム管理ツール「マイページ」をご用意しています。スマホ、パソコン、タブレットでいつでもどこでもリフォームの進捗が見られ、契約・支払い・連絡などもマイページから行えます。

リフォームサイトNo.1

リフォームサイトNo.1

第三者機関による調査で、リノコは5つのNo.1に選ばれました。
これからも皆様から選ばれるリフォームサイトを目指していきます。

石川県のショールーム予約を代行します!

ショールーム ショールーム

石川県のショールームから最適なショールームをリノコスタッフがお客様のご希望をヒアリングし、無料でご予約を代行いたします。
メーカーのショールームに行けば、商品を見たり触れたりすることで、リフォーム全体のイメージがしやすくなります。
リノコでは、ショールームに行く前、行った後の両方をしっかりサポートいたします。
※メーカーによってはショールームを持たない場合もあります。

石川県のリノコ加盟店一覧

七尾市

石川県で受けられるリフォームの補助金・助成金

石川県で使えるリフォーム関連の補助金

石川県でのリフォームに関する補助金制度には、県産材活用、耐震化、省エネ改修、バリアフリー改修の4つの分野があります。

まず、「いしかわの木が見えるたてもの推進事業」は県産材活用のための援助です。県産材とは石川県内の森林から伐採され、県内で加工された木材を指し、この補助金は地域の気候風土にあった県産材の良さを県民に広く知ってもらうことを目的としています。

次に、「石川県住宅・建築物耐震化促進事業」は地震に強い安全性の高い住宅の普及を目的とした補助金制度です。また、住宅の改修だけではなく、耐震診断を行う際も補助金が利用できるため、現状を把握した上で無駄のないリフォームが可能となります。

さらに、「エコ住宅整備促進補助金」は地球温暖化対策に寄与するために設けられた補助金制度です。これを利用すれば割安でリフォームが行える上に、断熱性能のアップで、冷暖房が必要なケースが少なくなり、高効率給湯器やLED照明などを導入することで光熱費をより安くおさえられます。

最後は「自立支援型住宅リフォーム推進事業」ですが、これは介護が必要な高齢者や身体障害者でも快適な生活を営めるように自立支援を促すための補助金です。例えば、段差の解消や手すりの設置、引き戸の取り換えといったバリアフリー化の際にはこの制度が利用でる場合があります。

いしかわの木が見えるたてもの推進事業

・対象となるリフォーム
県産材を5立方メートル以上用い、その一部を木目が外から鮮明に見える個所に使用した増改築
ただし、「いしかわの木が見えるたてもの推進事業者」が手がけたものに限る(「いしかわの木が見えるたてもの推進事業者」とは県産材の使い方を県に提案し、認定を受けた工務店です)

・対象となる住宅
県民の目に触れやすく、県産材の良さをアピールしやすい建築物(学校や社会福祉施設などの公共建築物、一般県民の目に触れにくい工場や倉庫などは対象外)
募集戸数には限りがあり、県産材使用量が5立方メートル~15立方メートルの建築物は抽選で、県産材使用量が15立方メートル以上の建築物は先着順で補助が受けられるか否かを決定

・補助金額
県産材使用量が5立方メートル~15立方メートル8万円(上限)
県産材使用量が15立方メートル以上15万円(上限)

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
石川県産材を使用した住宅・店舗に対する助成制度のご案内
http://www.pref.ishikawa.lg.jp

石川県住宅・建築物耐震化促進事業

・対象となるリフォーム
耐震診断:地盤・基礎と上部構造の総合評価により、大地震による倒壊の可能性の有無を判断するための診断
耐震改修:耐震診断の結果、倒壊の可能性があると判断された住宅に対する改修

・対象となる住宅
1981年5月31日以前に工事を着手した戸建ての木造住宅

・補助金額
耐震診断9万円〜12万円
耐震改修40万円〜130万円
※ただし、補助金制度は各市町村の自治体が独自に行っているため、細かい数字は市町村によって異なる
詳細は最寄りの自治体の建築担当課まで

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
石川県住宅・建築物耐震化促進事業
http://www.pref.ishikawa.lg.jp

エコ住宅整備促進補助金

・対象となるリフォーム
いしかわ住まい省エネパスポート制度にて5つ星の評価を受けた住宅の増改築
施工費用の総額が200万円以上の増改築
※ただし、太陽光発電システム、風力発電システム、ウッドデッキ、カーポート、植栽などの野外付帯工事は除きます。

・対象となる住宅
国の補助金を受けていない住宅
いしかわ家庭環境ISOに取り組み、エコファミリーに認定されている方の住居(認定見込の含む)
※エコファミリー認定方法
エコファミリーに認定されるには「いしかわエコライフ応援サイト(http://ishikawa-ecolife.jp)に記載されてある取り組み項目に3カ月間チャレンジし、取り組んだ 結果を県に報告する必要があり
なお、報告方法は同サイトに記載されています

・補助金額
1律10万円

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
石川県エコ住宅整備促進補助金
https://www.pref.ishikawa.lg.jp

自立支援型住宅リフォーム推進事業

・対象となるリフォーム
介護を要する高齢者や重身体障害者の居住環境を改善するための増改築
具体的には以下の工事が該当
1.手すりの取り付け
2.段差の解消
3.滑りを防止したり移動を円滑にしたりするための床や通路の材料変更
4.引き戸等への扉の取り換え
5.和式便器から洋式便器などへの取り換え
6.その他、1~5までの改修のために必要となる付帯工事

・対象となる住宅
1.護保険制度において要介護または要支援と認定されている者が住んでいる住宅
2.齢児童以上の年齢で、下肢・体幹または乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害を有する障害程度等級が1~3の者が住んでいる住宅
3.生活保護法に基づく介護扶養者が住んでいる住宅
4.学齢児童以上の年齢で、視覚に障害を有する障害程度等級2級以上の者が住んでいる住宅
※ただし、1~4に該当しても住民税課税世帯は対象外

・補助金額
生活保護法による被保護世帯100万円(上限)
住民税非課税世帯90万円(上限)
※ただし、介護保険などで住宅改修費の支給を受けた場合はその額を差し引く

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
石川県 自立支援型住宅リフォーム推進事業
https://www.pref.ishikawa.lg.jp

石川県のリフォームに関する補助金の手続き方法

・いしかわの木が見えるたてもの推進事業者
まず、「いしかわの木が見えるたてもの推進事業者」に認定されている業者と契約を結び、リフォームを行います。リフォームが終了した後に最寄りの自治体で補助金の交付申請を行い、選定結果通知が送られてくれば、次に実績報告を提出し、補助金の金額が確定するのを待ちます。そして、額が決定した後に補助金請求を行うと指定された時期に補助金が支払われるというのが基本的な流れです。

・石川県住宅・建築物耐震化促進事業
補助金の交付申請は各市町村の自治体が独自に行っているため、申込方法などはそれぞれ異なります。したがって、詳細は各自治体のホームページで確認をしてください。ただ、耐震改修工事を行う場合、施工業者と契約を結び、工事が完了後、最寄りの自治体に補助金の交付申請と工事終了の報告を行って審査結果を待つというのが基本的な流れとなっています。

・エコ住宅整備促進補助金
補助金の支給を希望する方はまず、石川県エコ住宅アドバイザーに自宅の省エネ性能の評価を依頼してください。そして、5つ星の評価を得られれば、最寄りの自治体に事前申込を行ってリフォームに着手します。さらに、リフォーム終了後に再び省エネ性能の評価をしてもらい、問題がなければ補助金交付申請と実績報告を行うのが基本的な流れです。申請後の1~2カ月程度で補助金の額が確定し、振り込みによって支払が行われます。

・自立支援型住宅リフォーム推進事業
補助金の交付申請は各市町村の自治体が独自に行っているため、申込方法などはそれぞれ異なります。したがって、詳細は各自治体のホームページで確認をしてください。ただ、最寄りの市町村自治体窓口で相談を行い、担当者が自宅を訪問した上で具体的な方策や手続きを話し合うというのが基本的な流れとなります。

石川県のリフォームに関する補助金の手続きに必要な書類

・いしかわの木が見えるたてもの推進事業者
必要書類

住民票(リフォームする住居に入居後のもの、コピー可)
建築基準法第7条第5項の規定による検査済証
リフォーム後の完成写真(全体の外観が映っている写真と県産材を使っている部分のアップの写真)
県産材産地及び合法木材証明書
木材使用明細者

・石川県住宅・建築物耐震化促進事業
石川県住宅・建築物耐震化促進事業は各市町村の自治体が独自に実施するため、詳細は自治体によって異なりますが、代表的な書類には以下のようなものがあります。

現状の平面図
補強改修後の精密耐震診断総合判定
耐震改修工事の見積書の写し
住民票
設計書
施工前、施工中、完成時の住居写真
契約書の写し

その他詳細は各市町村自治体のホームページで確認してください。

・エコ住宅整備促進補助金

事前申込に必要な書類

工事契約書の写し
省エネパスポートの写し
改修前の住宅写真
建築年がわかる書類の写し

補助金交付申請及び実績報告の際に必要な書類

事前申込受付書の写し
リフォーム完成後の省エネパスポートの写し
エコファミリー認定書の写しまたは取組宣言
改修後の住宅写真
債権者登録申出書

・自立支援型住宅リフォーム推進事業
申請の際に必要な書類は各市町村によって異なりますが主な書類は以下の通りになります。

介護保険被保険者証、身体障害者手帳、もしくは生活保護法による保護申請書の写し
住民税額を証明する書類
工事見積書
改修箇所の現状写真

その他詳細は各市町村自治体のホームページで確認してください。

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積もり依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問下見をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→見積り依頼後の流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

オリジナル壁紙 ミラブル購入で20000円引き リノバス誕生 便座交換

Follow Me

facebook instagram twitter