施工実績 累計15,000件超

山形県でリフォームするならリノコ

リノコ独自の基準で厳選した山形県の優良施工店・業者、山形県でリフォームされたお客様の事例、口コミ・評判をご紹介しています。
また実際のリフォーム金額、施工写真、お客様直筆の感想なども多数掲載しておりますので、是非リフォームの参考としてご覧ください。

リノコのリフォームが"山形県"で選ばれる理由

詳しく見る

商品+工事+保証がセットの安心価格

相場の分かりにくいリフォームも、リノコなら材料・工事・保証・撤去・人件費など全て含んだ諸経費コミコミ価格で安心。

ご満足いただけるリフォームをお約束

リフォーム実績は15,000件以上!全国の優良工務店やベテラン職人が施工箇所を入念に確認、ご要望をお伺いします。

工事はすべて保証つき

すべての工事に施工箇所の1年間保証制度を適用。お気軽にお申し付けください!

コンサルタントがわかりやすくご案内

お客様からも評価の高いリノコのリフォーム・コンサルタントが、分かりやすくご説明します。ご相談は無料です!

山形県のリフォーム事例

山形県のリフォーム事例一覧を見る

山形県でリフォームされたお客様の施工事例をビフォアフター写真・施工スタッフの声を交えてご紹介しています。

山形県のリフォーム施工店・業者

山形県のリフォーム施工店・業者一覧

リノコが厳選した山形県の優良施工店やベテランの職人たちをご紹介しています。

リノコでリフォームされたお客様の評価・口コミ

山形県のお客様の感想

コンサルタントへの評価

  • 言葉遣い5.0
  • 親しみやすさ5.0
  • わかりやすさ5.0
  • 専門性5.0
  • 対応の速さ5.0
  • 電話対応満足度5.0

次回のリフォームにリノコをご利用いただけますか?

  • 次回も利用したい
  • 候補に入れる
  • 利用しない

山形県内におけるリフォームの費用相場

一覧を見る

安心価格※リノコのリフォーム事例を元に集計
リノコは「商品+工事+保証」をセットにした安心のコミコミ価格です!

山形県で受けられるリフォームの補助金・助成金

多くの人が利用できる、「住宅リフォーム総合支援事業」が人気の山形県

山形県では住宅リフォームに関するさまざまな支援制度が用意されています。まず山形県に限らず都道府県内全体で行われている補助制度として「耐震診断助成制度」と「耐震改修補助制度」があります。これは持ち家の地震に対する耐震評価がどの程度あるのかを調べ、危険度が高い家は改修補助制度を利用して家の耐震工事ができる仕組みとなっています。

そして山形県では「住宅リフォーム総合支援事業」を行っており、耐震改修をはじめバリアフリー化や環境整備のサポートも行っています。例えば農村部の家ではまだくみ取り式のトイレを利用している家庭もあり、このサービスを利用すればトイレの水洗化の負担が少なくて済みます。また3世帯で住んでいる家や小さなお子さんがいる家庭の場合は補助率や補助金の上限額が引き上がることもあります。多くの人が利用できる制度なので人気が高く、早く予算の限度額に達してしまい予約が締め切られてしまうことのある制度です。

さらに山形県においては高齢化や都市部への人口流出の影響を受け、空き家問題にも直面しています。そのため自治体によっては積極的に空き家をリフォーして活用しようとする動きがあり、「空き家利活用支援事業」として注目されています。

山形県耐震改修補助制度

・対象となるリフォーム
耐震化、耐震改修

・対象となる住宅
山形県における二階建て以下の戸建て持ち家住宅。「木造住宅耐震診断事業」による診断を受け、総合評点が0.7未満の戸建て。
市町村の補助も同時に受ける場合は総合評点を1.0以上とする場合がある

・補助金額
工事費の4分の1まで補助金が受けられ、40万円を限度とする。工事費には詳細設計費や工事管理費も含む

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
山形県HP 補助・助成・融資 > くらし・住宅 > 耐震改修補助

http://www.pref.yamagata.jp

木造住宅の耐震診断助成制度

・対象となるリフォーム
耐震診断

・対象となる住宅
山形県の木造住宅。各市町村によって条件が違う。1981年以前に着工した木造住宅が対象になる場合と、2004年以前に着工された木造住宅が対象になる場合もあり

・補助金額
耐震診断費用の一部を市と国で負担。そのため無料~1万5,000円程度の自己負担額になるケースが多い。市町村ごとに違いがある。

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
山形県HP補助・助成・融資 > くらし・住宅 > 耐震支援

http://www.pref.yamagata.jp

住宅リフォーム総合支援事業

・対象となるリフォーム
耐震改修、バリアフリー化、省エネルギー化(窓・壁等の断熱化工事や省エネ設備の設置)、環境対策(水洗トイレ改修など)、防災対策、2世帯住宅化、空き家活用

・対象となる住宅
山形県における戸建て住宅
三世代や県外からの移住、近居移住、新婚、子育て世帯の場合は、補助率や補助金の上限額を引き上げることもあり

・補助金額
工事費の2割を市が負担し、上限額は40万円とする。
また酒田産木材を使用する場合や空き家を活用する場合は、上限額の引き上げあり。

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト山形県 酒田市 住宅リフォーム総合支援事業
http://www.j-reform.com

移住推進等空き家利活用支援事業

・対象となるリフォーム
耐震化、バリアフリー化、省エネルギー化、環境対策、防災対策、空き家活用、市外からの移住者が空き家に居住するための支援

・対象となる住宅
山形県天童市にある空き家が対象。2016年4月1日以降に売買または賃貸借契約が結ばれる以前は、空き家状態であった住宅のことをさす

・補助金額
工事の内容や、移住する世帯の状態及び空き家の所在地に応じた補助率と限度額が設定されている
最大例として、若者世帯が市外化区域以外の空き家を購入して改修する場合、リフォーム限度額80万、耐震補強限度額40万がそれぞれ適用され120万円の補助が受けられる

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト山形県 天童市移住推進等空き家利活用支援事業

http://www.j-reform.com

住宅リフォーム総合支援事業(県市補助)

・対象となるリフォーム
耐震化、バリアフリー化、省エネルギー化、環境対策、防災対策

・対象となる住宅
山形県内の住宅、各自治体によって違いがあるが戸建住宅や集合住宅の他にも、住民登録したある空き家も対象になることが多い
2017年度からは近居世帯向けの支援内容が充実する予定

・補助金額
補助率は20%、工事内容によって上限金額は30万円~40万円に変動する

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
山形県HP くらし・環境・社会基盤 > 食生活・消費生活・住まい > 住宅(支援制度等) > リフォーム支援

http://www.pref.yamagata.jp

必要な手続きについて・手続きの流れ

山形県で行われているリフォーム補助金制度は、各自治体が管轄していることが多いため住んでいる地域によって必要な手続きに少々違いがあります。ただほぼ全国的に行われている「木造住宅耐震診断」や「耐震改修補助金制度」については大まかな流れは一緒です。例えば天童市を例に木造住宅耐震診断の手続きを見てみましょう。

まずは申請者が天童市で行っている耐震診断事業に申し込みをします。その後は所有者立ち会いのもとで市が派遣した耐震診断士が現地調査を行い、耐震診断の結果に基づいた耐震補強計画や補強工事費の概算額を知ることができます。次に耐震改修を行いたい場合はこの資料に基づき上部構造評点が 1.0未満の場合、耐震改修工事の事前協議を天童市と相談することができます。

その後耐震診断士に耐震設計を依頼し、経費の算出や工事の方法などを相談します。工事内容に納得ができたら補助金交付申請を市に提出し、その後補助金交付決定通知がもらえたら耐震工事に着工です。工事中も中間確認などを経て耐震工事終了後に実績報告を行い、市は工事の最終検査や料金の確定を行います。その後補助金請求を行い、問題がなければ最終的に市が補助金の支払いを行います。

必要な書類について

「木造住宅耐震診断」や「耐震改修補助金制度」を例に必要な書類を見てみると、まず耐震診断に必要な書類として「木造住宅耐震診断士派遣申込書」があります。これは申し込みを行う各自治体によって多少形式が違うこともありますが、耐震診断を申し込む際に必要な書類であり、住宅の所在地や様式、床面積や建築着工時期などを明記して提出する必要があります。また診断を希望する「住宅の平面図」があれば耐震診断がスムーズに進むことが多いです。

そして「耐震改修補助金制度」を利用するには、補助金交付申請を耐震改修工事の前に行う必要があります。

これに必要な書類は「交付申請書」、「計画書(要綱様式第1号)」、「耐震改修工事設計図」、「耐震改修後の耐震診断書 」、「耐震改修工事費のわかるもの(工事費見積書の写しなど)」、「 設計費のわかるもの(設計費の見積書の写し)」、「 工事監理費のわかるもの(工事監理費の見積書の写し)」、「対象住宅の現況写真 」、「所得額証明書 」、「納税証明書 」、「対象住宅の登記簿謄本 」、「申請者の住民票謄本 」、「委任状」などが必要となります。これは天童市を例にあげた必要書類ですが、住宅の耐震改修補助金制度においては必要になることが多いので早めに準備をしておきましょう。

山形県内にあるメーカーショールーム

メーカーのショールームに行けば、商品を見たり触れたりすることで、リフォーム全体のイメージがしやすくなります。
リノコでは、ショールームに行く前、行った後の両方をしっかりサポートいたします。

  • リノコがメーカーショールームを予約

    リノコがメーカーショールームを予約

    リノコで水回りリフォームされたお客様の約90%がショールームを活用しています。
    平均で2~3社の候補を選び、ショールームで実際の商品の色や形を確認されています。リノコなら、ご要望に合わせたショールームを予約させていただきます。

  • お客様の要望を伝える!

    お客様の要望を伝える!

    リノコのリフォーム・コンサルタントがお客様のご要望をしっかりと把握したうえで、ショールームの予約を行います。
    ご希望の商品や実現したいリフォームのイメージを事前にショールームに伝えるので、安心して見学することができます。

  • アフターフォローもバッチリ!

    アフターフォローもバッチリ!

    ショールーム見学後は、リノコから改めて最適なプランをご提案させていただきます。
    また、ショールーム見学時に気になる商品やオプションがございましたら、遠慮なくお申し付けください。

TOTO 山形ショールーム 詳細な情報を見る

TOTO 山形ショールーム

住所

〒990-2412 山形県山形市松山3-11-20

営業時間

10:00~17:00

休館日

毎週水曜日(但し、祝日の水曜日は開館)、夏期休暇、年末年始

展示品

  • キッチン
  • お風呂
  • トイレ
  • 洗面台

クリナップ 山形ショールーム 詳細な情報を見る

クリナップ 山形ショールーム

住所

〒990-0831 山形県山形市西田町2-2-5

営業時間

10:00~17:00

休館日

水曜日、夏期、年末年始

展示品

  • キッチン
  • お風呂
  • 洗面台

TOTO 庄内ショールーム 詳細な情報を見る

TOTO 庄内ショールーム

住所

〒998-0828 山形県酒田市あきほ町652-2

営業時間

10:00~17:00

休館日

毎週水曜日(但し、祝日の水曜日は開館)、夏期休暇、年末年始

展示品

  • キッチン
  • お風呂
  • トイレ
  • 洗面台
ショールームを探す

山形県の住宅事情

3世代以上の同居率全国1位
山形県内の土地は85%が山地。人口は、山形市を含む山形市圏の市町村に人口の40%が集まっています。山形県の特長は、持ち家比率が約75%で、3世代以上世帯の割合が全国1位であることです。住宅1戸あたりの延床面積も都道府県別でランキング上位です。このことから、広い一戸建てに、祖父母世代・親世代・子供世代が同居をしている、ということがわかります。1軒の家に住み続けている場合が多いので、キッチン・風呂・トイレなどの水回りや、屋根・外壁のリフォームをしながら住み続けるということになっています。住宅地は山形駅周辺や羽前千歳駅周辺など駅の周辺。その他に、車社会であることから幹線道路を中心に形成されています。

山形県ってこんなところ

果樹生産が盛んな山形県
県内全域が特別豪雪地帯に指定されている山形県。フルーツの生産地としてとても名高いです。特にサクランボは、高級ブランド佐藤錦がここ山形で誕生しました。また、山形県はラ・フランスという西洋なしの収穫量も全国の60%以上を占め、日本一の収穫量。このラ・フランスは、手間がかかることと育成期間が極めて長いことから、本場フランスではほとんど作られなくなってしまったという品種です。その他にもスイカやぶどうの生産が盛んです。また、天童市では、将棋の駒の生産地としても有名です。国産の将棋駒の95%がここ天童で作られています。もともとは江戸時代の藩士の内職が起源と言われています。人間将棋や百面指し等の将棋イベントも行われて、多くの人々で賑わいます。

エリアから探す

リノコなら
日本全国47都道府県
リフォーム可能!!

リフォームに関するご相談はお気軽にご連絡ください(入力簡単)無料の見積依頼・ご相談フォーム
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブルトルネード 348,000円(税込)

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。