MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応
  1. リノコトップ
  2. 広島県のリフォーム情報

広島県のリフォーム情報(事例・会社・工務店・費用)

HIROSHIMA リフォーム情報

リノコは広島県内で多数のリフォーム実績があります。
実際にリノコを利用された広島県のお客様のリフォーム施工事例や、リノコ独自の基準で厳選した広島県の施工店情報を掲載しておりますので、是非リフォームの参考としてご覧ください。

広島県のリフォーム事例

広島県でリフォームされたお客様の施工事例を実際のリフォーム金額・施工写真・コメントを交えてご紹介しています。

広島県主要エリアのリフォーム

広島県主要エリアのリフォーム

広島県全域でリフォームを承っております。

広島県のリフォーム事例

リノコのリフォーム費用・相場

安心コミコミ価格

リノコは「商品+工事+保証」をセットにした安心のコミコミ価格です!

広島県のリノコ加盟店(施工会社・工務店)

リノコが厳選した広島県の優良施工店やベテランの職人たちをご紹介しています。
リノコなら施工店探しの手間いらず!あなたの地元のリノコ加盟店がリフォーム工事を行います。

福山市

広島県のリフォームにリノコが選ばれる理由

安心コミコミ価格

安心コミコミ価格

徹底的にムダを省いてコスト削減し、不要な中間業者を排除することで低価格を実現しました。
さらに、商品代・工事代・交通費や廃材の処分費用などリフォーム工事にかかる諸経費を全て含めた「安心コミコミ価格」でリフォームをご提供しております。

安心の体制・しくみ

安心の体制・しくみ

リノコは年中無休のサポート体制。厳しい審査をパスした施工店のみが工事を行うなど、お客様に安心してリフォームしていただける体制・しくみを作り上げました。

スマホ・PCでらくらくリフォーム

らくらくリフォーム

リノコではリフォーム管理ツール「マイページ」をご用意しています。スマホ、パソコン、タブレットでいつでもどこでもリフォームの進捗が見られ、契約・支払い・連絡などもマイページから行えます。

リフォームサイトNo.1

リフォームサイトNo.1

第三者機関による調査で、リノコは5つのNo.1に選ばれました。
これからも皆様から選ばれるリフォームサイトを目指していきます。

広島県のショールーム予約を代行します!

ショールーム ショールーム

広島県のショールームから最適なショールームをリノコスタッフがお客様のご希望をヒアリングし、無料でご予約を代行いたします。
メーカーのショールームに行けば、商品を見たり触れたりすることで、リフォーム全体のイメージがしやすくなります。
お近くのTOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)、クリナップ、タカラスタンダード、サンゲツ、シンコール、トクラス、サンワカンパニー、クチーナ、朝日ウッドテック等のショールームをご紹介いたします。
※メーカーによってはショールームを持たない場合もあります。

広島県で受けられるリフォームの補助金・助成金

広島県のリフォーム補助金の特徴

広島県のリフォーム補助金制度は、それぞれの自治体の地域事情を色濃く反映した制度設計になっています。下水道の整備が不十分な地域では家庭用浄化槽の設置工事に対して補助金が出ますし、土砂災害の多い地域では防災工事に対して補助金が出されます。

また広島県は太陽光発電システムの設置工事などの環境対策にも力を入れているので、省エネルギー化リフォーム工事にも支援体制が整っているといえるでしょう。この他に特徴的なのは定住支援に積極的な点です。

Uターン者向けの定住支援のために補助金制度を実施している自治体は多いので、該当する場合は各自治体に問い合わせてみましょう。
今回取り上げた広島県内で活用できる補助金制度は、広島市の「高齢者等住宅改修費補助」、広島市の「住宅耐震診断補助事業」、三原市の「小型浄化槽設置整備事業」、三次市の「Uターン者住宅改修事業」、東広島市の「障害者日常生活用具等給付事業」、安芸高田市の「空き家改修事業補助金」です。

これらは広島県内で利用できる補助金制度の一部にすぎませんので、お住まいの地域の自治体のホームページや窓口などでどんな補助金制度があるか確かめておきましょう。毎年5月ごろが申請時期のピークで、募集件数には上限があることが多いです。したがって申請の際はスピーディーに手続きを進めていく必要があります。

広島市高齢者等住宅改修費補助

・対象となるリフォーム
高齢者が居住する住宅のバリアフリー化のためのリフォーム工事

・対象となる住宅
補助対象に該当する高齢者などが居住する広島市内の住宅

・補助金額
介護保険法に基づく住宅改修費(支給限度基準額20万円)の補完として、住宅改修費用を上限額60万円として補助金を決定する。
補助割合は生活保護を受けている世帯等は5分の5
生計中心者の市民税非課税の世帯は5分の3 
生計中心者の市民税所得割額が9万円以下の世帯では5分の2となる。

以下のHPでも詳細を確認いただけます。
広島市公式サイト 高齢者等住宅改修費補助
http://www.city.hiroshima.lg.jp

広島市住宅耐震診断補助事業

・対象となるリフォーム
広島市内の住宅の耐震診断

・対象となる住宅
広島市内の戸建木造住宅階数2階以下1981年5月31日以前着工のもの
広島市内の分譲住宅階数3階以上1981年5月31日以前着工のもの
いずれも耐震診断結果報告書を提出できること

・補助金額
対象となる診断費用のうちの3分の2
上限額は戸建木造で4万円
分譲住宅は133万3,000円

以下のHPでも詳細を確認いただけます。
広島市公式サイト 住宅の耐震診断を応援します!
http://www.city.hiroshima.lg.jp

三原市小型浄化槽設置整備事業

・対象となるリフォーム
三原市内の住宅の浄化槽設置工事

・対象となる住宅
補助対象となっている三原市内の地域内にある住宅で家庭用小型浄化槽を設置する住宅

・補助金額
補助金額は定額。
みなし浄化槽または汲み取り便所からの転換の場合
5人槽で33万2,000円
7人槽で41万4,000円
10人槽で54万8,000円
これ以外の場合はそれぞれの対象費用の半額となる。

以下のHPでも詳細を確認いただけます。
三原市公式サイト 小型浄化槽設置補助事業
http://www.city.mihara.hiroshima.jp

三次市Uターン者住宅改修事業

・対象となるリフォーム
三次市へのUターン者が定住する意思をもって三次市内の実家などに転入する場合の住宅リフォーム工事

・対象となる住宅
三次市へのUターン者が定住する住宅で、Uターン者の2親等内の親族が所有権を有している住宅
家業を継ぐ場合は店舗の改修も対象

・補助金額
実家の改修:改修費用の2分の1以内(上限額は100万円)
実家と店舗の改修:改修費用の2分の1以内(上限額は150万円)
店舗の改修:改修費用の2分の1以内(上限額は100万円)

以下のHPでも詳細を確認いただけます。
三次市公式サイト Uターン者のための実家・店舗への改修支援について
http://www.city.miyoshi.hiroshima.jp

東広島市障害者日常生活用具等給付事業

・対象となるリフォーム
東広島市内の補助対象となる住宅のバリアフリー化工事

・対象となる住宅
下肢または体幹もしくは移動機能障害1級・2級・3級を持つ障がい者
または療育手帳マルA・Aの強度行動障害を有するものに該当する方の居住する東広島市内の住宅

・補助金額
住民税非課税世帯は補助金率100%
住民税課税世帯は補助金率90%
上限額はいずれも20万円

以下のHPでも詳細を確認いただけます。
東広島市公式サイト 日常生活用具の給付について
http://www.city.higashihiroshima.lg.jp

安芸高田市空き家改修事業補助金

・対象となるリフォーム
安芸高田市内で空き家バンクに登録されている物件を購入し、住宅改修するリフォーム工事

・対象となる住宅
安芸高田市の空き家情報バンクに登録された住宅
ただしUターン者が空き家を改修する場合は空き家バンクに登録されていない物件でもよい

・補助金額
補助率は基本的に50%
転入者の世帯で50万円が基本の補助額だが、婚活世帯または転入者の子育て世帯には30万円、子ども1人当たり10万円(限度額20万円)が加算される

以下のHPでも詳細を確認いただけます。
安芸高田市公式サイト 安芸高田市空き家改修事業補助金
http://www.akitakata.jp

広島県でのリフォーム補助申請の手続きの流れ

広島県では県の政策方針のもと、県内の各自治体が多くの種類のリフォーム補助金制度を実施しています。補助金の申請に必要な手続きの詳細については、各自治体のホームページや担当の窓口などにある手引書や募集要項で説明されています。まずはこれらの情報を入手して補助金の給付対象となっているかどうか確認しておきましょう。

リフォームの補助金申請では、最初に「事前申請」をすることになります。この申請はリフォーム工事の着手前、あるいは工事契約締結前に申請しなければならないので、申請時期には十分注意しましょう。事前申請後に「補助金交付決定通知書」が役所から届くので、この後にリフォーム工事着手となります。

そして工事が完了すると、工事の経過や完了後の状態などを役所へ報告するために「工事実績報告書」などを提出しなければなりません。この報告書の提出では、工事を施工した工事業者の協力が不可欠なものとなります。

報告書を受けた各自治体は、担当者をリフォームの現場に派遣して完了検査を行わせ、問題ないと判断するとおおよそ1カ月後に「補助金交付額決定通知書」を通知します。この書面が届くとようやく補助金の交付申請をすることができ、指定した銀行口座などに補助金が振り込まれることとなります。

必要な書類はなにか自分で用意できるものを把握しておきましょう

補助金の申請では事前申請、実績報告書、そして補助金交付申請書のそれぞれで申請の書式や方法が決められています。補助金を交付する自治体の窓口やホームページで申請書式をダウンロードしたり、専用の用紙や手引書を入手したりすることができますので、これらの指示に従って申請書を作成していきましょう。

わからないことや疑問点があれば担当の役所の窓口に積極的に質問しておくと、修正の手間などを省けるので結果的に効率が良いです。たいていの場合担当者は丁寧に指導してくれます。

申請には、申請者本人の身分を証明する住民票の写し、戸籍謄本や納税証明書、介護保険の記録証明、登記事項証明書などの個人情報にかかわる書類が必要になります。これらの書類は申請者本人でないと取得できないものなので、取得先となる役所や機関に問い合わせて入手していきましょう。

この他には工事関係の書類が必要です。工事の見積書や工事の経過を証明する写真、工事の設計図、設置する設備の調査報告書など、専門的な書類も多く含まれます。このような書類は、工事を請け負う工事業者に協力してもらって準備しなければなりません。県内の補助金行政に詳しい工事業者などに工事を依頼すると、申請手続きについて速やかに対応してくれることが多いです。したがってリフォームを検討する段階での工事業者選びが重要になってきます。

都道府県・地域別リフォーム情報

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

オリジナル壁紙 ミラブル購入で20000円引き リノバス誕生 便座交換 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter