キッチン人気ランキング
renocoRanking

システムキッチン
人気ランキング

いったい人気のシステムキッチンってどんな商品なの?機能や性能、お手入れのしやすさなど、どんなシステムキッチンが人気なのか、システムキッチンを選ぶ際に気になるランキングを発表します。

システムキッチンとは?

システムキッチンというのはシンクやコンロが一枚の天板でつながっているキッチンの事です。
反対にコンロを後から設置するようなキッチンはシステムキッチンとは呼びません。汚れが溜まりやすい継ぎ目が無いなどのメリットがあります。
I型、L型、U型、アイランド型、ペニンシュラ型など様々なタイプがありそれぞれにメリット・デメリットがあります。

システムキッチン人気ランキング

第1位 〈LIXIL〉リシェルSI

スタッフ 人気の秘訣は

「リシェルSI」は、人の暮らしと空間に調和しインテリア性のある美しい佇まいと、使いやすさを高めた数々の機能性が、調理する人の心にも身体にもフィットします。
ワークトップは耐久性のあるセラミックで、熱・キズ・汚れを気にせず調理でき、シンクはお手入れがしやすく使い方は自由自在!らくパッと収納は出し入れがしやすくたっぷりの収納力です。お料理が、もっと好きにもっと楽しく快適になります!

主な機能(オプションを含む)

  • ハイブリッドクォーツシンク
  • Wサポートシンク
  • くるりん排水口
  • ナイアガラフロー
  • ハンズフリー水栓
  • らくパッと収納
  • ひろまるコンロ
  • よごれんフード

口コミ・評判ピックアップ

第2位 〈クリナップ〉 ラクエラ

スタッフ 人気の秘訣は

「ラクエラ」は、デザインとサイズが多彩で、自然な優しい素材感です。選べるシンクやワークトップは決してオシャレなだけではなく、お手入れが簡単できちんと機能的。
キャビネットは、収納力と使いやすさ抜群。幅広いテイストのインテリアに馴染み、スタイルやルールに縛られず個性を発揮できるラクエラは、インテリアの主役にも引き立て役にもなれるキッチンです。

主な機能(オプションを含む)

  • アクリストンワークトップ
  • 美・サイレントシンク
  • 省エネシングル水栓
  • プルオープン食器洗い乾燥機
  • グリルレスステンレストップコンロ
  • 全面ゴトク
  • フラットスリムレンジフード

口コミ・評判ピックアップ

第3位 〈Panasonic〉リビングステーション L-Class

スタッフ 人気の秘訣は

洗練された上質な素材とデザイン性、そして先進の機能性。その全てを兼ね備えているのが、「Lクラス」です。
ライフスタイルや理想のキッチンスタイルに合わせて、多彩なレイアウトから選べます。作る人も食べる人も、一緒にその空間と時間が共有でき、ゆったりとした心地のいい空間が生まれます。

主な機能(オプションを含む)

  • グラリオカウンター
  • PaPaPaシンク
  • スキマレスシンク
  • スリムセンサー水栓 Efine
  • マルチワイドIH
  • トリプルワイドガス
  • ほっとくリーンフード
  • エコナビ

口コミ・評判ピックアップ

第4位 〈TOTO〉ミッテ

スタッフ 人気の秘訣は

ミッテは、安全性・耐久性・美しさにもこだわったキッチンです。シンプルな見た目ですが、適材適所の収納ができる”センターラインキャビネット”、お手入れを簡単にしたノンフィルター構造の”スーパークリーンフード”など、使い勝手がよく、楽しく効率よく作業できます。
特にシンクや水栓などの水まわりは、TOTOならではの技が光ります。コンパクトサイズは、マンションなどのリフォームにもおすすめです!

主な機能(オプションを含む)

  • すべり台シンク
  • 水ほうき水栓
  • エアインシャワー
  • つま先らく押し水栓スイッチ
  • センターラインキャビネット
  • スーパークリーンフード(LED)

口コミ・評判ピックアップ

第5位 〈トクラス〉Bb

スタッフ 人気の秘訣は

「Bb」の人造大理石は、なめらかな見た目とやさしい触り心地で、汚れや熱、衝撃や傷にも強くお手入れが簡単です。レンジフードも掃除しやすい形状と素材です。またイロドリの豊かさが魅力で、ビタミンカラーからベーシックで落ち着いたカラーまであり、インテリアのようにコーディネートできます。
老舗キッチンメーカーの信念とノウハウが込められた、ユニークでポップな可愛いさが光るキッチンです。

主な機能(オプションを含む)

  • ひろびろカウンター
  • 人造大理石
  • マーブルシンク
  • ビルトイン浄水器
  • ハイバックレール
  • サイクロンフードⅢ

口コミ・評判ピックアップ

見積りシミュレーション

各メーカーのシステムキッチンの機能を比較

システムキッチンを選ぶときには人気の商品から選ぶのが王道です。
一方で各メーカーごとに掃除のしやすさ、デザインなどに特徴があるため、人気だけで決めてしまわずに自分の気に入ったキッチンを探すのもリフォームの楽しさです。

ここでは各メーカーごとの特徴的な機能をまとめているので是非キッチン選びの参考にしてください。

リクシルのシステムキッチンの特徴

LIXILのシステムキッチンの特徴 リクシルのキッチンは使いやすい機能と豊富なデザインでありながら低価格というコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。キッチンにあると便利な機能が沢山盛り込まれています。
多くの人が重要視する収納はリクシル独自のらくパッと収納が搭載されています。テコの原理を利用し、軽い力で大容量の収納スペースが開くうえによく使うものが取り出しやすい構造になっています。
らくパッと収納 キッチンで最も汚れやすく、掃除の手間がかかるのは排水口ではないでしょうか。そんな排水口掃除を楽にしてくれるのがリクシルの「くるりん排水口」です。

くるりん排水口

水の流れを利用して排水口のファンを回し、渦を作ることで汚れを流れやすくします。

シンクも使いやすさを考えて設計されています。洗い物や調理をする時に両手が塞がっていてもセンサーで吐水と止水を行えるハンズフリー水栓を搭載しています。
ハンズフリー水栓 リクシルのキッチンの機能については「リクシルキッチンの価格と特徴をご紹介」をご覧ください。

リクシル商品比較

グレード シンプル スタンダード ハイグレード
シリーズ シエラ アレスタ リシェルSI ウエルライフ
デザイン シエラ アレスタ リシェルSI ウエルライフ
間口
165cm 180cm 195cm
210cm 225cm 240cm
255cm 260cm 270cm
285cm 300cm
165cm 180cm 195cm
210cm 225cm 240cm
255cm 260cm 270cm
285cm 300cm
165cm 180cm 195cm
210cm 225cm 240cm
255cm 260cm 270cm
285cm 300cm
180cm 195cm 210cm
255cm 240cm 255cm
ワークトップ
高さ
80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm 73cm~85cm
ワークトップ
素材
ステンレス
※追加料金で人造大理石に変更可
ステンレス
※追加料金で人造大理石に変更可
ステンレス
人造大理石
セラミック
※追加料金でセラミックに変更可
ステンレス
キャビネット スライド式 スライド式 スライド式 -
総額 451,000円〜 502,000円〜 689,000円〜 948,000円〜
その他の形状 L型
対面型(壁付I型)
L型
対面型(壁付I型)
アイランド型
L型
対面型(壁付I型)
対面型(壁付L型)
-

2019年10月現在の価格

クリナップのシステムキッチンの特徴

クリナップのシステムキッチンの特徴 クリナップのキッチンの特徴はステンレス素材へのこだわりです。
日本で初めてシステムキッチンを開発してから70年間もの間ステンレスにこだわり、料理を楽しくするキッチンを作っています。
ステンレス素材 ステンレスは
  • カビが繁殖しにくい
  • 臭いもつきにくい
  • 水汚れ、サビにも強い
  • 耐熱性が高い
とキッチンに最適な素材です。クリナップはそんなステンレスをさらに研究し、油汚れも拭き取るだけでOKの美コートで日々のお手入れを簡単にしています。 油汚れも拭き取るだけでOKの美コート 調理中に水を流せばそれだけでシンクのゴミを排水口に集めてくれる流レールシンク。
気になりがちなステンレスへの水温も抑える美・サイレントシンクなど、日々の手間を少なくして料理を楽しめるキッチンになっています。
ステンレスへの水温も抑える美・サイレントシンク クリナップのキッチンの機能について詳しくは「クリナップキッチンの価格と特徴をご紹介」をご覧ください。

クリナップ商品比較

グレード シンプル スタンダード ハイグレード
シリーズ コルティ ラクエラ ステディア セントロ
デザイン コルティ ラクエラ ステディア セントロ
間口
120cm 150cm 165cm
180cm 195cm
165cm 180cm 195cm
210cm 225cm 240cm
255cm 270cm
285cm 300cm
180cm 195cm 210cm
225cm 240cm 255cm
270cm 285cm 300cm
225cm 240cm 255cm
270cm 285cm 300cm
ワークトップ
高さ
85cm 80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm
ワークトップ
素材
ステンレス
※追加料金で人工大理石に変更可
ステンレス
※追加料金で人工大理石に変更可
人工大理石
コーリアン
ステンレス
人工大理石
セラミック
ステンレス
キャビネット 開き扉 スライド式 スライド式 スライド式
総額 430,000円〜 473,000円〜 703,000円〜 971,000円〜
その他の形状 - L型
対面型(壁付I型)
L型
アイランド型
対面型(壁付I型)
L型
アイランド型
対面型(壁付I型)

2019年10月現在の価格

タカラスタンダードのシステムキッチンの特徴

タカラスタンダードのシステムキッチンの特徴 タカラスタンダートのキッチンの特徴はなんといっても美しいホーローです。美しいだけでなく、強さと使いやすさも兼ね備えたキッチンです。 高品位ホーロー ホーローは鉄などの金属にガラスを吹き付けて作る素材で、マグネットを貼り付けられる金属のメリットとサビに強いガラスのメリットを兼ね備えています。 油性ペンで文字を書くことも出来る 汚れがサッと落ちる特性を利用して油性ペンで文字を書くことも出来ます。
家族の伝言板としても使えるためとても便利ですね。
間仕切り名人 マグネット式の仕切り「間仕切り名人」を使えば自分の調理器具にあわせた収納スペースを作ることが出来ます。そのため、使いやすくスッキリとした収納で気持ちよく料理を行うことが出来ます。

タカラスタンダートのキッチンの機能について詳しくは「タカラスタンダードキッチンの価格と特徴をご紹介」をご覧ください。

タカラスタンダード商品比較

グレード スタンダード ハイグレード
シリーズ エーデル リテラ エマージュ レミュー
デザイン エーデル リテラ エマージュ レミュー
間口
150cm 165cm 180cm
195cm 210cm 225cm
240cm 255cm 270cm
285cm 300cm
180cm 195cm 210cm
225cm 240cm 255cm
270cm 285cm 300cm
315cm 330cm 345cm
360cm
165cm 180cm 195cm
210cm 225cm 240cm
255cm 270cm 285cm
300cm
180cm 195cm 210cm
225cm 240cm 255cm
270cm 285cm 300cm
315cm 330cm 345cm
360cm
ワークトップ
高さ
82cm 85cm 90cm 82cm 85cm 90cm 82cm 85cm 90cm 82cm 85cm 90cm
ワークトップ
素材
ステンレス
※追加料金で人造大理石に変更可
ステンレス
※追加料金で人造大理石に変更可
ステンレス
※追加料金で人造大理石に変更可
ステンレス
※追加料金で人造大理石に変更可
キャビネット スライド式 スライド式 スライド式 スライド式
総額 588,000円~ 758,000円~ 798,000円~ 858,000円~
その他の形状 L型
対面型(壁付I型)
L型
対面型(壁付I型)
L型
対面型(壁付I型)
L型
アイランド型
対面型(壁付I型)

2019年10月現在の価格

Panasonicのシステムキッチンの特徴

Panasonicのシステムキッチンの特徴 家電メーカーとして有名なパナソニック。そんなパナソニックが作ったキッチンには料理をしやすい機能が満載です。 PaPaPaシンク 食材や調理器具でどうしてもごちゃごちゃしてしまうキッチンカウンター。パナソニックのPaPaPaシンクはそんなお悩みを解決してくれます。
シンクとカウンターが一体になっており調理中は食材の水切りスペース、型付けの時は食器の乾燥スペースといったように使い分ける事が出来ます。
3口コンロ コンロも特徴的です。
通常のコンロは火元を三角形に配置しているのですが、横一列に並べることで何処に鍋やフライパンを置いても使いやすく家族で調理もしやすいです。
対面式のマルチワイドIHコンロ 上位モデルでは対面式のマルチワイドIHコンロを選ぶことも出来ます。
向かい合って料理が出来る上に作業スペースも広く取られているため家族の会話が生まれるだけでなく、ホームパーティを行うことも出来ます。

パナソニックのキッチンの機能について詳しくは「パナソニックキッチンの価格と特徴をご紹介」をご覧ください。

パナソニック商品比較

グレード シンプル スタンダード ハイグレード
シリーズ リビングステーション V-style ラクシーナ リフォムス Lクラス
デザイン リビングステーション V-style ラクシーナ リフォムス Lクラス
間口
150cm 165cm 180cm
195cm 210cm 225cm
240cm 255cm 260cm
270cm
150cm 165cm 180cm
195cm 210cm 225cm
240cm 255cm 260cm
270cm 285cm 300cm
180cm 195cm 210cm
225cm 240cm 255cm
260cm 270cm 285cm
300cm
165cm 180cm 195cm
210cm 225cm 240cm
255cm 260cm 270cm
285cm 300cm
ワークトップ
高さ
80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm
ワークトップ
素材
人造大理石 人造大理石 人造大理石 人造大理石
キャビネット スライド式 スライド式 スライド式 スライド式
総額 492,000円〜 616,000円〜 845,000円〜 886,000円〜
その他の形状 L型
対面型(壁付I型)
L型
アイランド型
対面型(壁付I型)
L型
アイランド型
対面型(壁付I型)
L型
アイランド型
対面型(壁付I型)
対面型(壁付L型)

2019年10月現在の価格

トクラスのシステムキッチンの特徴

トクラスのシステムキッチンの特徴 トクラスは楽器メーカーとして有名なヤマハのグループ企業です。楽器作りのノウハウを活かした継ぎ目のないワークトップと美しい塗装が特徴です。 日本初の人造大理石製のキッチン ステンレスにこだわっているクリナップとは対照的に日本初の人造大理石製のキッチンを発売、以後40年以上も人造大理石にこだわったキッチン作りを続けています。
コーヒーや醤油といった汚れも染み込みにくいので、さっと水拭きするだけ。さらに細かなすりキズは市販のナイロンたわしで補修できます。さらに、熱や衝撃にも強い厚みと高い性能を備えているので、うっかり熱い鍋などを置いてしまっても大丈夫。
奥までシンク シンクの奥行きをギリギリめいっぱい広げた、トクラスの「奥までシンク」。シンクの奥に洗剤かごを置かないことで広く使えるようになりました。洗い物のしやすさを考えた設計です。 カラーバリエーションも豊富 楽器作りのノウハウを活かしたカラーバリエーションも豊富です。シンク、カウンター、扉の色を自由に選ぶことができ、扉カラーはなんと114色からお気に入りのものを選ぶことが出来ます。

トクラスのキッチンの機能について詳しくは「トクラスキッチンの価格と特徴をご紹介」をご覧ください。

トクラス商品比較

グレード スタンダード ハイグレード
シリーズ Bb ベリー
デザイン Bb ベリー
間口
180cm 195cm 210cm
225cm 240cm 255cm
260cm 270cm
195cm 210cm 225cm
240cm 255cm 270cm
ワークトップ
高さ
80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm
ワークトップ
素材
人造大理石 人造大理石
キャビネット スライド式 スライド式
総額 507,000円〜 792,000円〜
その他の形状 L型
対面型(壁付I型)
L型
対面型(壁付I型)
対面型(壁付L型)

2019年10月現在の価格

TOTOのシステムキッチンの特徴

TOTOのシステムキッチンの特徴 トイレ、ユニットバスなど水回り製品のイメージが強いTOTOが作るキッチンはやはり水栓や、シンクなどの水回りにこだわりが見られます。 きれい除菌水 TOTO独自の技術、「きれい除菌水」をキッチンにも採用しました。
「きれい除菌水」は水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分(次亜塩素酸)を含む水です。薬品や洗剤を使わず、水から作られます。
網かごのごみを捨て、水で洗ったあと「きれい除菌水」をふきかければ嫌なヌメリを抑え、きれいが長持ちします。
タッチスイッチほうき水栓LFは37%の節水効果 「タッチスイッチほうき水栓LF」は放射状にシャワーを出すことで洗い物の広い範囲に水が当たるようになるので節水機能が期待できます。
また、水流中に空気を混ぜることで水粒の一粒一粒を大きくする「エアインシャワー」を採用。少ない水でしっかり洗えるので、同じ水の量でも37%の節水効果があります。
すべり台シンク シンクにも工夫があります。
すべり台シンクというTOTOオリジナルのシンクは排水口を隅に配置し、3°の傾斜をつけることでゴミが排水口にむかって自然に流れていきます。そのためシンクの掃除がとても楽になります。

TOTOのキッチンの機能について詳しくは「TOTOキッチンの価格と特徴をご紹介」をご覧ください。

TOTO商品比較

グレード シンプル ハイグレード
シリーズ ミッテ ザ・クラッソ
デザイン ミッテ ザ・クラッソ
間口
180cm 195cm 210cm
225cm 240cm 255cm
270cm 285cm 300cm
180cm 195cm 210cm
225cm 240cm 255cm
270cm 285cm 300cm
ワークトップ
高さ
80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm
ワークトップ
素材
ステンレス
※追加料金で人工大理石に変更可
ステンレス
※追加料金で人工大理石に変更可
キャビネット スライド式 スライド式
総額 573,000円〜698,000円 678,000円〜843,000円
その他の形状 L型 L型
アイランド型
対面型(壁付I型)

2019年10月現在の価格

サンワカンパニーのシステムキッチンの特徴

サンワカンパニーのシステムキッチンの特徴 サンワカンパニーのキッチンはデザイン性に優れ、グッドデザイン賞も受賞しています。
他のメーカーと比べても商品ラインナップが豊富で、10万円代のカジュアルなキッチンから100万円を超える高級キッチンまでよりどりみどりです。
MADE IN JAPANにこだわっており、日本のライフスタイルにあった商品に定評があります。
衛生的でお手入れも簡単なステンレス 外観はもちろん収納や留め具加工など、すべてをステンレスでできたキッチンは、高級感もさることながら、衛生的でお手入れも簡単です。特に水汚れやサビ、熱に強いので、長く使えるところも魅力です。
木目のフローリングや家具と合わせると、ステンレスが空間をグッと引き締め存在感があります。
プロ仕様の角型のシンク%の節水効果 美しいデザインが特徴的なサンワカンパニーのキッチンですが特に目を引くのがシンク。一般的なシンクは丸みがあるものが多いですが、サンワカンパニーではプロ仕様の角型のシンクを採用しています。
ワークトップとの継ぎ目が無く、汚れが溜まりにくいという機能性も兼ね備えています。
扉にはヨーロッパのトレンドを取り入れる 扉にはヨーロッパのトレンドを取り入れており、どんなお部屋でも違和感なくキッチンを設置することが出来ます。

サンワカンパニーのキッチンの機能について詳しくは「サンワカンパニーキッチンの価格と特徴をご紹介」をご覧ください。

サンワカンパニー商品比較

グレード シンプル スタンダード ハイグレード
シリーズ プレーンKミディアム シェリエ グラッド45 エレバート
デザイン プレーンKミディアム シェリエ グラッド45 エレバート
間口 180cm 180cm 210cm 240cm
ワークトップ
高さ
80cm 85cm 90cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm 80cm 85cm 90cm
ワークトップ
素材
ステンレス
※追加料金で人工大理石に変更可
ステンレス
※追加料金で人工大理石に変更可
ステンレス ステンレス
※追加料金で人工大理石・ステンレスバイブレーションに変更可
キャビネット スライド式 スライド式 スライド式 スライド式
総額 598,000円~ 718,000円~ 998,000円~ 1,268,000円~
その他の形状 対面型(壁付I型)
アイランド型
対面型(壁付I型)
アイランド型
対面型(壁付I型)
アイランド型
対面型(壁付I型)
アイランド型

2019年10月現在の価格

クチーナのシステムキッチンの特徴

クチーナのシステムキッチンの特徴 クチーナは国産にこだわったオーダーメイドキッチンメーカーです。
フルオーダーメイドで自分だけのこだわりキッチンを作ることが出来るクチーナシリーズと、比較的お手軽にセミオーダー感覚でキッチンを作ることが出来るクリテリオシリーズの二種類があります。
人とは違うキッチンにしたい、自分だけのオシャレなキッチンを作りたいという方には間違いなくオススメのキッチンです。
こだわりの自社工場一貫生産 可能な限り、自社で加工・製造というこだわりの自社工場一貫生産を行うことで、様々な要望やニーズに幅広く応えられるのがクチーナメーカーの特徴です。 細かい箇所にわたってカスタマイズが可能%の節水効果 さらに、設置する空間にあわせたフルカスタマイズをするため、オーダーを受けてから生産を開始します。そのため、他社に比べてより柔軟な対応ができ、細かい箇所にわたってカスタマイズができます。 クチーナのこだわりは細部にまで クチーナのこだわりは細部にまで渡ります。キッチンの扉一つとっても木目を揃え、天然木本来の美しさを極限まで活かしたキッチンを作ることが出来ます。

クチーナのキッチンの機能について詳しくは「クチーナキッチンの価格と特徴をご紹介」をご覧ください。

クチーナ商品比較

グレード ハイグレード
シリーズ クリテリオ
デザイン クリテリオ
間口 260cm
ワークトップ
高さ
83cm
ワークトップ
素材
人工大理石
キャビネット スライド式
総額 1,238,000円〜
その他の形状 対面型(壁付I型)

2019年10月現在の価格

システムキッチンの各メーカーの特徴まとめ

ここまでたくさんのキッチンメーカーの特徴をご紹介してきました。色々なキッチンがあるためどれを選べばいいかわからない人もいるのではないでしょうか?

キッチンに限った話ではないですがリフォームを行う時は最重視するポイントを予め決めておき、そのポイントを満たすように選ぶと後悔が少ないですよ。
各メーカーのキッチンをまとめたのでキッチン選びの参考にしてくださいね。
リクシルのキッチンの特徴 クリナップのキッチンの特徴
  • コストパフォーマンスに優れている
  • 収納力が高い
  • シンク周りのが多機能
  • プロ仕様のステンレスキッチン
  • 汚れを落としやすく、清潔に保ちやすいキッチン
  • ガス、IHどちらも使えるコンロ
タカラスタンダードのキッチンの特徴 パナソニックのキッチンの特徴
  • 掃除しやすさとデザイン性を兼ね備えたホーロー製キッチン
  • 伝言板、マグネットボードとしても使えるキッチン
  • 横並び、対面で使えるコンロ
  • 料理のしやすさを重視して作られたキッチン
トクラスのキッチンの特徴 TOTOのキッチンの特徴
  • 人造大理石を使ったキッチン
  • シンク、天板、扉を豊富なカラーから選ぶ事が出来る
  • シンク周りが高機能なキッチン
  • 節水機能に優れた水栓
サンワカンパニーのキッチンの特徴 クチーナのキッチンの特徴
  • 商品ラインナップが豊富でデザイン性に優れたキッチン
  • 角型シンクなどプロ仕様でスタイリッシュなキッチン
  • 世界に一つの完全オーダーメイドキッチン
  • 自分に最適な高さを選べるキッチン
もし自分がキッチンに求めるイメージが固まっていないのでしたらぜひ一度リノコにご相談ください。今のキッチンの問題点やぼんやりとした「こうしたい」というイメージから最適なキッチンをオススメさせていただきます。
また、各キッチンの大きさや価格などより詳細な比較をご覧になりたい方は「キッチンをメーカーで比較!」をご覧ください。

他の商品のランキングを見る

    • 無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!

キッチンリフォームの基礎知識まとめ

一覧を見る

キッチンとあわせてリフォームしたい

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。