子供部屋・キッズルームの壁紙クロスの選び方

子供部屋の壁紙、みなさんはどのようなものを選んでいるのでしょうか。無難なものと言えば白い無地のクロスです。しかし子供はキッズルームでときに激しく過ごすものです。おもちゃを思い切り壁に当てたり、落書きをしたり。そのようなことを考えると、真っ白いクロス以外にも無難な色合いや素材のクロスを子供部屋に用いたほうが良いのかもしれません。今回は子供部屋におけるふさわしい壁紙はどのようなものが良いのか、詳しくご紹介します。

24views | 2016年12月01日更新

CONTENTS
  1. 抑えておきたいポイントは、明るさ・清潔感・強さ!
  2. どんな子にも合わせやすいホワイト系のクロス
  3. 子どもの好きなキャラクターのクロス
  4. 思い切ってテーマのあるアクセントクロスを
  5. アレルギーにも配慮しましょう
  6. リノコでリフォームされた子供部屋のクロス事例

抑えておきたいポイントは、明るさ・清潔感・強さ!

子供部屋のイメージとしては、落ち着いたモダンな空間というより、明るくて元気なイメージがあります。特に幼少期のたくさん遊ぶ時期の子供部屋は、落ち着いた雰囲気よりも、明るく元気な子供部屋を用意してあげたほうがのびのびと過ごせるでしょう。そのような子供部屋にするには「明るさ」「清潔感」「強さ」が必要です。

明るさのあるクロス

暖色系のカラーや柄で明るいお部屋を作りましょう。

幼少期に過ごす環境は、明るい部屋を提供してあげたいものです。例えば真っ黒や真っ赤なクロスで覆われた部屋を子供に与えたら、その子供はどのように感じるでしょうか?一般的に黒や赤などの壁紙は威圧感を感じ、常に刺激を与えられ落ち着かなくなるといわれています。子供部屋にあまりにもインパクトのある色のクロスをはるのはやめておいたほうが良いでしょう。

では子供部屋におけるクロスの色は何色が良いのでしょう?おススメは「明るい暖色系」の色です。暖色とは黄色や橙色を中心としたあたたかみのある色。身体にリラックス効果を与え、長時間過ごすのに向いている色といわれています。これならば子供部屋に落ち着いて過ごすことができそうです。

また明るい暖色系の色や白いクロスは、天井の照明の光を壁で反射し、部屋全体を明るくさせる効果があります。家の照明があまりにも暗いと子供にとっては視力にも影響がでてきます。そういう意味でも照明の明るさを届けてくれる、明るさのあるクロスは重要です。

清潔感のあるクロス

子供部屋は親が想定している以上に汚れやすいものです。特に子供部屋で飲食をすることがある場合、壁紙の汚れは想像以上につきます。例えば子供はポテトチップスを食べた後、油まみれの手を洗わずにあちこち触ることも。油による汚れは放っておくとだんだん変色し、汚れを落とすのも大変になってきます。飲食以外にも泥や砂、マジックや鉛筆などで壁が汚れることもあるでしょう。そうしたことを考えると、子供部屋には汚れがつきにくく、汚れを落としやすいクロスが理にかなっているといえます。

強さのあるクロス

子供が高校生くらいになると、子供部屋の壁に穴が開いていたりしませんか?特に男の子の部屋には多く、いたるところで壁が傷ついていたり穴が開いていたりするようです。これは思春期に怒りをぶつけて自ら壁に穴をあけるケースもありますが、幼少期にわざと指でクロスをはがしてみたり、おもちゃなどで壁を傷つけたりすることもあります。

つまり子供部屋は他の部屋よりクロスに傷がつきやすいのです。傷ついてしまったクロスはすぐに修復しないとそこからどんどん傷の広がりを見せてしまいます。そうならないためにも、子供部屋の壁紙にはあらかじめ頑丈なクロスを選定することがおススメです。

どんな子にも合わせやすいホワイト系のクロス

ホワイトは一番人気のカラー

壁紙にはいろいろなカラーがありますが、やはり一番選びやすく人気があるのは「ホワイト系」のクロスです。しかし子供部屋はすぐに汚れるし、シミなども目立ちやすい色なので敬遠する人もいるでしょう。そのため汚れが目立たないように、あえてグレー調のクロスを子供部屋に施す人もいます。しかし白いクロスというのはどのような部屋にもマッチングする色であり、部屋の雰囲気やインテリアを選ばずに使うことができるというメリットもあります。

例えば子供が幼いころにはさまざまなイラストが描かれた壁紙も良いですが、だんだん年齢を重ねるとそのイラストが幼く見えて嫌がることもあるでしょう。最初からホワイト系のクロスをはっておけば、イラストが描かれたポスターをはってもしっかり目立ちますし、年齢を重ねるにつれインテリアの趣味が変わっても臨機応変に対応できます。

ホワイトカラーベースだと模様替えしやすい

昔から根強い人気のホワイト。

またホワイト系クロスがベースなら、ベッドカバーやカーテンの色を変えるだけでもだいぶ部屋の印象を変えることができ、ちょっとしたリフォームにも便利です。こうしたことから、やはりホワイト系のクロスというのは昔から根強い人気があります。

もしこれから子供部屋のクロスをホワイト系に検討しているのであれば、汚れがつきにくく落としやすい、丈夫なものを選んであげましょう。子供部屋に適したクロスというのは汚れにくい丈夫な素材がたくさんあり、ホワイト系でも真っ白なものからクリーム色に近いものまでさまざまあります。照明との色合いも考え、お子さんと相談して決めるのも良いでしょう。

子どもの好きなキャラクターのクロス

キャラクタークロスで愛着を持てる部屋に

サンゲツ:FE-4036

どうせ子供部屋に使用するのなら、思い切って子供が好きなキャラクターのある壁紙を使うのも良いでしょう。そうした場合イメージ的には勉強部屋というより、子供たちがたくさん集まるキッズルームのような明るく素敵な部屋になります。

日本ではあまりキャラクターの壁紙を用いている子供部屋は少ないですが、欧米ではよく見かけます。欧米の場合、就寝時は子供がひとりで部屋に寝ることが多く、少しでも居心地の良い部屋で過ごせるよう好きなキャラクターを壁紙にしている家庭が多いのです。

日本の場合は、幼少期に子供が自分の部屋にひとりで過ごすことは少ないです。しかし好きなキャラクターを壁紙に施すことにより、子供部屋で留守番ができたり、友達に自慢できたりすることもあるでしょう。キャラクターの壁紙のおかげで、自分の部屋が大好きになり落ち着いてひとり遊びをするようになったという話もあります。子供部屋に愛着をもたせるためにも、キャラクタークロスをはるのは効果的です。

年齢の変化による張替えも意識しておく

しかしキャラクターが好きな時期というのは子供によって異なります。幼少期には電車のキャラクターが大好きだったのに、小学校に入ったとたん「子供っぽくてこんな壁紙嫌だ!」と言われてしまうこともあるようです。そのため子供が幼いうちにキャラクターの壁紙を検討するならば、あまり高価なものはおススメしません。いずれ壁紙をはりかえると考え、比較的安価なものを利用するようにしましょう。

自分ではれるのが特徴という、キャラクターがついている壁紙もホームセンターなどで売られています。また壁紙の上に簡単にはることのできるシールのようなクロスも売られており、ワンポイントとして活用しても良いでしょう。

また直接キャラクターが描かれているクロスを利用するのも良いですが、キャラクターをイメージするような水玉模様や色合いをはるだけでも楽しそうです。女の子の部屋ならばピンクのクロスを使い、小物やベッドカバー、ぬいぐるみでキャラクターを表現すると、あっという間にアミューズメントパークのような子供部屋ができるでしょう。

クロスは1度はると一般的に5年~10年は変えずに利用することが多いようです。子供の年齢や成長に合わせデザインを選定、次回はりかえのときにも簡単にはがせるようなものを選ぶと良いでしょう。

思い切ってテーマのあるアクセントクロスを

遊び心のある部屋

サンゲツ:FE-4041

壁紙の模様や色によって、部屋のイメージはガラリと変わります。リビングなど人が集まる場所に大胆な配色や模様を施すのは勇気がいりますが、子供部屋なら子供の好きなテーマなどを決めて、思い切って大胆な壁紙にしても良いでしょう。

アクセントクロスとは一般的には壁の一面だけを違う色にし、印象を華やかにすることをいいます。例えば前面ホワイトの壁紙に、窓側だけオレンジのクロスをはることにより部屋の印象をガラリと変えることができます。子供部屋にそうしたアクセントを加えて、部屋全体をもっと明るくしても良いでしょう。

しかし子供部屋ならばもっと遊び心を入れて、例えば天井のクロスを星空にしてみてはどうでしょうか。クロスの中には蓄光顔料が塗ってあり、照明の光を蓄えているため部屋を暗くすると光を放つという遊び心が入ったクロスもあります。そのようなクロスはプラネタリウムをイメージしたものが多く、寝るときに上を見上げると一面の星空が広がります。寝ながら天体観測の勉強をすることができますし、宇宙の広さを感じながらゆったりと過ごすことができそうですね。

また子供が海や水族館が好きならば、壁の一面を青いクロスにしたり、波が描かれているクロスにしたりしてみても良いでしょう。カーテンやベッドも海にちなんだデザインにしたら、部屋全体がまるで海になったようで素敵です。テーマのある統一感がある部屋というのは、子供の好奇心をくすぐり刺激を与えることにもなります。

テーマがもたらす相乗効果にも注目

壁の一面をまるまる別クロスにしたり、半分だけ違うクロスものを取り入れてみてもおしゃれです。

また部屋全体が一定のテーマで整っていると、自然と整理整頓をしようという意識もでてきます。子供部屋は親が注意しないと散らかりっぱなしということが多いですが、子供が自分でテーマを決めてアクセントのある部屋にすることにより、自主的に部屋をきれいにすることも期待できるでしょう。自分で考えた子供部屋に納得すれば、他人にも見せたくなる自慢の子供部屋になります。

キャラクターのクロスと違い、テーマを決めたアクセントクロスは長期にわたって楽しむこともできそうです。ある程度子供が大きくなったら、どんな部屋のイメージにしたいかを話し合い、思い切ってインパクトのあるクロスに変えても良いでしょう。

ただ部屋全体の壁紙をインパクトのあるものにしてしまうと、インテリアの配置にやや苦労することもあるようです。大きくなって受験を迎えたころに、インパクトのある壁紙が落ち着かなくて子供部屋で勉強をしなくなってしまったということもあります。また壁全面を星空にしてしまうと、夜間の部屋はとても素敵ですが、全体的な部屋の印象はとても暗くなります。

アクセントクロスを施す際には部屋に仮のポスターなどをはり、どこまで印象を変えるかなどあらかじめ考えることが大切です。カラフルな部屋にしたいといった場合も、壁全体を派手な色に施すのではなく、壁紙の一部をカラフルにコーディネートするといったことでも良いでしょう。

アレルギーにも配慮しましょう

アレルギーの影響を受けやすい子どもには一層注意が必要

壁紙を検討するうえでデザインや機能性も重要ですが、見逃しがちなものは子供のアレルギーの問題です。アレルギーといえば体質に合わない食材を連想する人が多いかもしれません。しかし実は空気中に含まれる有害物質がアレルギーの原因になることもあります。

2001年にはクロスの接着剤に使われる「ホルムアルデヒド」が話題となり、これにより喘息やアレルギー被害がでることが分かりました。そのため2003年にはシックハウス法が施行され、現在ではホルムアルデヒドを含む壁紙の接着剤は使用されていません。

しかし天井や壁一面を覆う壁紙にも、有害な化学物質は多少なりとも含まれています。壁紙は空気に触れる面積が大きいだけあって、有害な物質が含まれていると子供に与える影響も大きくなってしまいます。どれも同じように見えるクロスも、メーカーや種類によって放出する化学物質の量も違います。

またホルムアルデヒドの含有量は少なくなったものの、壁紙に使用する接着剤の中には有害な化学物質を含んでいるものもあります。有害な化学物質に影響を受けやすい子供たち、大人よりも免疫力の少ない体にはできるだけ健康に良い素材のクロスや接着剤を使ってあげましょう。

生活に馴染むやさしさのあるクロス

眠っている間は無防備。寝室のクロスは清潔さを保てるものがオススメです。

また最も空気の質に影響を受けるのは寝室といわれています。寝ている間にずっと同じ部屋の空気を吸っているわけですから、もしその部屋のクロスに有害な化学物質が含まれていたら体に悪影響がでてしまいます。子供が寝る寝室=子供部屋という場合は、さらに注意してクロスの素材を選ぶことが必要です。

またアレルギー体質をもっている子供がいる家庭の子供部屋のクロスをはりかえる場合は、化学物質に気をつけるだけでなく「防カビ加工」の壁紙を選んであげると良いでしょう。カビは目に見えない場所に発生しやすく、古いクロスをはがしてみたら一面カビだらけだったということもあります。防カビ加工が施されている壁紙は、クロスに付着した湿度によるカビの発生を抑制し、清潔を保つことができます。

ただ灯油やガスファンヒーター、常に加湿器をつけて高温多湿にしている状況ですと防カビ素材のクロスでもカビが生えることがあります。なるべく湿度は抑えるような室内環境にし、子供のアレルギー症状がでないような環境づくりも大切です。このほかにも自然素材が使われているクロス、万が一の火事のときにも燃えにくい準不燃のクロス素材もおススメです。

リノコでリフォームされた子供部屋のクロス事例

天井を青空のアクセントクロスにすることで立体的な奥行き感が生まれました。鮮やかな青空が爽やかな空気を演出し、楽しい気持ちで過ごせるお部屋になりました。

詳しくはこちら

明るいグリーンが鮮やかで元気が出そうな、明るい子供部屋になりました。若草色は部屋の中が優しい雰囲気になるため、子供部屋に張るクロスの中では人気の高い色です。

詳しくはこちら

空を描いたアクセントクロスの青が鮮やかな素敵な子供部屋になりました。白いクロスからのギャップがよりいっそう部屋に広がりを感じさせてくれます。

詳しくはこちら

関連ページ
2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!好きな商品やお部屋の広さを選ぶだけ
  • ショールームへ行こう!
  • 冬のリフォームローンキャンペーン 実質金利3.15%が1.90%に

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。