消費税率について9月30日までに工事が完了した場合は消費税8%、10月1日以降に工事が完了した場合は消費税10%になります。

玄関・廊下の壁紙の選び方と張り替えにかかる費用

玄関やそこからつながる廊下は、家の顔でもある重要な場所です。
加えて、外からの人の出入りが多いため汚れや傷が付きやすい場所でもあります。
そのため色やデザインはそこからつながる空間との統一感を持たせつつ、機能も重視する必要があります。
ここではそんな玄関・廊下におすすめの壁紙と張り替えにかかる費用をご紹介します。

26728views | 2016年11月30日更新

CONTENTS
  1. 玄関と廊下の壁紙・クロスの選び方
  2. 玄関・廊下の壁紙・クロスの張替えにかかる費用
  3. 玄関・廊下の壁紙リフォーム事例
  4. 玄関・廊下の壁紙の選び方やかかる費用まとめ

玄関と廊下の壁紙・クロスの選び方

家の第一印象は玄関で決まる

玄関を開けると長い廊下 玄関を開けると長い廊下

玄関は家の顔ともいえる場所で、お宅の第一印象をを決める大事な場所です。
開けた瞬間に明るい印象を与えるような雰囲気にしましょう。
玄関から他の部屋へどのように繋がっているかは家によって変わります。
例えば、玄関とほかの部屋とがドアで仕切られていたり、設計上直接見えないような工夫がされたりしていると玄関が狭い印象を受けることもあります。
そんな時は照明や、自然光を取り入れて明るい玄関を作るようにしましょう。

明るさと他の空間とのつながりから壁紙を選ぼう

また、明かりが十分に取れない場合は壁紙の色を明るくすることで自然光や照明の明度を上げることができます。
壁紙の選び方ひとつで、自然光や照明の感じ方が変わるのです。

開放感を感じさせるため廊下と繋がっている玄関も多いと思います。
この場合も明るい色の壁紙を使わないとせっかくの開放感が圧迫感に変わってしまうこともあるのです。
玄関と廊下の壁紙クロスを同じものに合わせたり色調を同じにしたりすることで統一感を出すことが出来るため開放感を損ないません。
それだけでなくそこから見える空間の壁紙クロスも同じ色調で選ぶと、バラバラな印象にならず上品で明るい空間作りができます。

柄よりは無地の壁紙が無難

どんなタイプの玄関にも共通しているのは、壁紙を選ぶ時には無地のものを選ぶことです。
特に、白やベージュ系の壁紙は空間を明るく広く見せる効果があります。
柄の入ったものより明るい無地のものを選び、天井を低く見せない工夫をすることで開放感が得られます。
一方で、ドアを開けた時に正面との壁の距離が近いといった極端に狭い玄関の場合は、無地よりパターン柄などを取り入れることで視点を分散させ、狭さを感じない場合もあります。
花柄など規則性のないものや大柄なものは圧迫感がありますが、規則性のあるパターン柄であれば目も疲れにくいのです。
明るい無地を中心に、玄関に適した壁紙クロスを選びましょう。

汚れと匂いを防ぐ機能性壁紙もおすすめ

玄関の第一印象は開放感と清潔感が重要です。
汚れや匂いがあると清潔感が損なわれてしまいます。
靴の匂いはもちろん、家庭によってはペットの匂いが気になるかもしれません。
消臭剤を置いている家庭が多いと思いますが、加えて消臭機能がある壁紙を使うことでより匂いを抑える事が出来ます。

また玄関は大きな荷物を持ったまま出入りすることも多いものです。
引越しの際などは丁寧に養生されていることが多いので汚れやキズは防げますが、通常の生活をしていると玄関は家の中でもちょっとした汚れやキズがつきやすい場所でもあります。
・宅配業者の荷物の搬入
・スーパーでの買い物袋
・ベビーカーや車イス、自転車の出し入れ
玄関の外側に専用のスペースを設けている場合は別ですが、こうしたものの出し入れを頻繁にするだけでなく、手あかなどの汚れもつきやすいのです。特に幼児のいる家庭では手あかがつきやすい傾向がみられます。

ペットがいる家庭や小さな子どもがいる場合、そして高齢者など、住む人によって快適に使える玄関作りも考えましょう。
例えば、玄関の汚れやキズが特に気になる場合には壁の下の部分を腰壁にしたり壁紙を強度の高いものに貼り分けしたりという方法もあります。玄関にありがちな問題も、家族の使い方に合わせた壁紙クロスを選ぶことで快適になります。

廊下の壁紙も玄関同様、明るさと広がりが大事

廊下も玄関と同じく天井の高さと幅の広さが大事です。
開放感を感じるのはもちろんですが、生活する上でも広いに越したことはありません。
しかし、実際問題広い廊下を作れない事が多いでしょう。
そんな時は玄関同様に無地で明るい壁紙を使うことで狭さを感じない廊下を作ることが出来ます。

玄関に比べ照明や窓を配置しやすいため光を取り入れるにはそこまで苦労しませんが、白い色の壁紙を使うことで採り入れた明かりを最大限活かすことが出来ます。
一方で窓や照明によっては白い壁紙では明かりが強すぎて緊張感を感じる事があります。
そんな時はベージュなどの淡い暖色を選ぶことで明かりを穏やかにし、リラックス効果をもたせることが出来ます。

天井が白く壁が濃い色 天井が白いとぬけ感がでます

廊下に写真や絵を飾りたいという方もいらっしゃいますよね。
あまりに多く飾ってしまうとごちゃごちゃした印象になるので
・大きすぎる物は避ける
・サイズの小さな物を高すぎない位置に
・壁紙は一色に抑える
・天井には明るい色を使う
などを意識するとまとまりのある空間を作ることが出来ます。
どんな色使いをするにせよ、玄関から部屋へつながる空間であることを意識して色を選ぶと統一感があって良いでしょう。

子供やペットがいる場合は汚れなども対策しよう

玄関同様、家の中で手をつきやすい場所のひとつである廊下には、汚れに強い壁紙クロスの使用をおすすめします。小さな子どもがいるとつたい歩きを始めたり、汚れた手で触ったり、落書きをしたりするかもしれません。

小さい子のために汚れに強い壁紙を 汚れに強い壁紙を

そんな時、防汚加工がされた壁紙であれば少ない手間で汚れを落とすことが出来ます。
汚れに加えてキズも気になります。
廊下は玄関と同じく人や物が通る機会が多いためキズに強い機能もあるとよいでしょう。

ペットのニオイ対策 ペットの匂い対策

ペット、特に猫は壁に体をすりつけて匂いをつけようとする習性があります。
消臭剤や空気清浄機による対策はもちろんですが、ペット向けの消臭機能がついた壁紙を使用するとよいでしょう。
玄関と同じく、廊下も家の中で一番最初に目につく場所です。
統一感のある色使いはもちろんですが、清潔感も重視することで気持ちよく来客を迎える事ができます。

玄関・廊下の壁紙・クロスの張替えにかかる費用

玄関・廊下の壁紙張替えにかかる費用は張り替える壁の面積で変わります。
リノコでは以下の料金で張替えを行うことが出来ます。

帖数/張り面積
スタンダード(税込み) ハイグレード(税込み)
32㎡まで ¥39,800 ¥44,800

となります。
他の部屋の張替え料金は「壁紙・クロス張替え料金表」を御覧ください。
張替え前の壁に大きな穴が空いていたり、土壁などクロス張りでない場合は別途下地加工料金が必要になります。

玄関・廊下の壁紙リフォーム事例

緑と白で華やかな玄関へ

グリーンとリーフ柄 グリーンとリーフ柄

グリーンのワンカラーのクロスとリーフ柄がうまくマッチした玄関になりました。さらに花瓶との相性もよく、とても爽やかな空間になりました。
リーフを一面に使わずに少しにすることで圧迫感がなく、一体感が出ています。

詳しくはこちら

白ベースで温かい玄関へ

表面に独特な凹凸 表面に独特な凹凸

ライトにあたって温かみのある玄関になっています。使用したのはリリカラのLB-9339。準不燃機能がついて安全な商品です。

表面に独特な凹凸がありますので、光の当たり方、方向によって雰囲気の違った玄関となりました。

詳しくはこちら

木目の天井に合う石目のクロス

光の加減で花柄が 光の加減で花柄が

光の加減で花柄が見えるクロスになっています。真っ白ではありませんが、光がたくさん入る場所は色がついたクロスでも明るく感じますね。派手目の柄ではありませんので一面に使われても、圧迫感が感じられません。

【安心コミコミ価格】クロス張替えの料金表を見る

玄関・廊下の壁紙の選び方やかかる費用まとめ

壁紙の選び方まとめ

玄関・廊下の壁紙を選ぶ時は
・白やベージュなど光を反射する明るい色を選ぶ
・照明や窓からの明かりが強いなら落ち着いた色を選ぶ
・傷、汚れ、匂いに強い壁紙を選ぶ
を意識しましょう。

壁紙の張り替えにかかる費用や工期

玄関の壁紙張り替えにかかる費用や工期をまとめました。
玄関の広さ:~32㎡
費用:¥39,800~
工期:1~2日
部屋の広さや、使用する壁紙、既存の壁の状態によって費用・工期は変わります。
一度webでお見積りをしてみませんか?

関連ページ
無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。