介護しやすい環境に!バリアフリーリフォームの方法まとめ

介護が必要な家族がいる場合や、自分自身も足腰に不安をかかえている場合は、バリアフリーリフォーム(介護リフォーム)について検討する必要があるでしょう。暮らしやすい住宅にしておくと、イザというときに安心して自宅で生活を続けることが可能になるからです。バリアフリーリフォームとはどのようなもので、どんな施工内容なのか紹介します。

31views | 2018年12月12日更新

CONTENTS
  1. バリアフリーリフォームとは?
  2. どんなリフォームがある?
  3. リフォームにかかる費用
  4. 介護保険制度の補助金が出る
  5. バリアフリーリフォームの注意点
  6. 相談しながらリフォームしよう!

バリアフリーリフォームとは?

「バリアフリーリフォーム」は「介護リフォーム」とも呼ばれ、介護を必要とする人が家で生活するときに感じる不都合や不便を解消していくためのリフォームのことです。

バリアフリーリフォームによって介護される人が暮らしやすくなるだけでなく、介護する人の負担も軽くなります。介護を必要としている家族のために、その障害や状態に合わせたリフォームを行うことが一般的です。

今後、自分や配偶者が高齢になったり介護が必要になったりしたときのために、元気なうちに将来を見越してリフォームをしておくという人もいます。

もしもの時のためにもしもの時のために

一般的なリフォームをする場合は

・「移動しやすい」
・「排泄や入浴が楽になる」
・「転倒を防止できる」

という視点で、リフォーム箇所を検討することが望ましいでしょう。 介護を必要とする人は移動が困難になることが多いので、家の中を動きやすくするための工夫が大切です。移動しなくなると体力や気力が衰えてしまいがちですから、もしも、自力で動く能力が残っているのであれば無理なく安全に家庭内を移動できるような方法を考えましょう。

「玄関や床、通路などの段差をなくすこと」
玄関の上がり口に大きな段差がある場合は、手すりやベンチなどを設置しましょう。床の段差は、たとえ少しでも脚力の衰えてきた高齢者がつまずく原因になり車いすを利用する際の妨げにもなりますので、できる限り解消して平らにしましょう。

玄関のリフォーム

「手すりの設置」
玄関や廊下、階段などに取り付けることで、上り下りや移動が楽になります。手すりは形状、素材、太さなどの種類が豊富ですので、どこにどのようなタイプのものを設置すると一番便利かを考えましょう。設置場所の状況によっては、壁の補強工事が発生することもあります。

階段のリフォーム

「廊下幅の拡張」
車いすを利用するときなどに必要になることがあります。ただし、この場合は、大がかりな家の改築が必要になることもあるので、慎重に検討すべきでしょう。

廊下のリフォーム

「扉・ドアの取り替え」
ドアが狭い場合や、引き戸を引くのに力が必要である場合に意味があります。軽い力でスライドする引き戸にすれば、介護する人も便利になるでしょう。

建具のリフォーム

開け締めしやすいのは引き戸開け締めしやすいのは引き戸

「床材の取り替え」
廊下・玄関・脱衣所などにある滑りやすい床を滑りにくいコルク材などの床にすることで転倒を予防できます。

床のリフォーム

「浴室・トイレのリフォーム」
生活の質を改善するために大変重要です。浴室は事故が起きやすいため、安全に配慮された浴槽や床材に取り替えることが必要です。大がかりなリフォームができないときは、手すりを取り付けたり、滑り止めマットを設置したりするだけでも効果があります。

安全に配慮されているのにオシャレなTOTO シンラ安全に配慮されているのにオシャレなTOTO シンラ

お風呂のリフォーム

洗練された雰囲気のPanasonic アラウーノ洗練された雰囲気のPanasonic アラウーノ

トイレは用を足しやすいことが大切ですが、それには、出入りがしやすいこと、トイレ内で動きやすいことが必要でしょう。便器の取り替え、手すりの設置や床の段差の解消などが考えられます。

トイレのリフォーム

どんなリフォームがある?

バリアフリーリフォームには、介護される人の現在の状況に合わせた具体的なリフォームと、将来の介護が必要になったときを想定して行う一般的なリフォームの2種類があります。

家族の誰かがすでに介護が必要になっている場合は、その人の個別の事情に配慮したリフォームを検討しなくてはなりません。たとえば、手すりをつけるにしても、その人が握りやすい太さ、位置を考えて設置する必要があります。もしも、車いすに乗るようになったのであれば、車いすが通りやすいようにドアの幅を広げたりトイレを広くしたりする必要が生まれます。

リフォームにかかる費用

リフォームにどのくらいの費用がかかるのか、一般的な例で見ていきましょう。

「玄関の段差を解消するスロープの取り付け」
玄関に段差があると、デイサービスや通院などのために外出することまでもおっくうになりがちです。スロープや踏み台、ベンチの設置によって、楽に出入りしやすくなります。

・費用は12~20万円程度

「室内ドアのリフォーム」
前後に引くドアを引き戸に取り替えれば開いたままにすることもでき、移動時の動作が楽になります。

・費用は約10~15万円

「階段の手すり取り付け」
階段を登るときの手助けになる握りやすい手すりをつけます。

・費用は5~15万円程度

「浴室暖房乾燥機の取り付け」
浴室暖房乾燥機を取り付けると、浴室内を温めたり乾燥したりできます。急激な温度変化が原因で血圧が大きく変化して、心臓や血管に負担がかかる「ヒートショック」を予防するためには、浴室を温めておくことが有効です。介護が必要な人は衣服の着脱に時間がかかって体を冷やしやすいので、風邪の予防としても役立ちます。

・10~20万円程度が必要

「和式から様式トイレへのリフォーム」
しゃがむ和式トイレから身体に負担のかからない洋式トイレへのリフォームは、立ったり座ったりすることが困難になった人には必要です。トイレのリフォームは、車いすを使用するか、介助の必要性はあるかなど、工事の程度によって費用にも

・22~57万円程度

と幅が出ます。

介護保険制度の補助金が出る

介護保険制度の補助金が出ることを知っておきましょう介護保険制度の補助金が出ることを知っておきましょう

バリアフリーリフォームを行うときには、条件を満たせば公的な介護保険制度から補助金が支給されます。

補助金を受給できるのは介護保険の「要支援」「要介護」の認定を受けており、在宅で生活するために住宅改修が必要とされる人です。20万円までの改修費用の1割負担で行うことができます。ただし、収入によっては2割負担、3割負担になります。

たとえば、バリアフリーリフォームのために20万円がかかった場合でも、介護保険の適用を受ければ1割負担の人ならば18万円(2割負担の人は16万円、3割負担の人は14万円)が介護保険から補填されるわけです。

この制度を利用するためには

工事の内容を明らかにして工事前に申請しておかなくてはいけません

また、介護保険制度以外に、各地方自治体で介護のためのリフォームに独自の補助金を設けているところもありますので自治体に尋ねてみるとよいでしょう。

バリアフリーリフォームの注意点

介護保険の適用を受けるための注意介護保険の適用を受けるための注意

バリアフリーリフォームで介護保険の適用を受けたい場合は

ケアマネージャーに相談して、申請について指導を受ける必要があります

介護保険制度を利用しない場合、「このような工事を行えば、楽に暮らせるようになるのではないか」という思い込みでリフォームを業者に依頼してしまう人もいます。しかし、よりよいリフォームにするためには、主治医をはじめ、ケアマネージャーや介護福祉士などの意見を取り入れるようにしましょう。

介護を受ける人の身体の状況や残っている力などを判断し、今後の変化も考慮しつつ工事内容を決めなくてはいけないからです。たとえば、手すりひとつとっても、どの高さに、どのような形状の手すりをつけると動きやすくなるのか、慎重に考える必要があります。

トイレや浴槽などについても、どのようなリフォームが望ましいか自分だけではわからないことも多いのです。介護の専門家の助言を仰ぎつつ、プランを練りましょう。

相談しながらリフォームしよう!

バリアフリーリフォームは、経験が豊富な施工業者に相談することが重要です。多くの実例を見てきた施工業者は、依頼者が見落としがちなポイントを知っているからです。

一例を挙げると、どのようなリフォームが介護保険の適用を受けられるか、多くの工事を行ってきた施工業者ならば詳しいでしょう。たとえば、安全に配慮した浴槽に取り替える工事に介護保険は適用されても、浴室暖房乾燥機の取り付けには適用されないなどの細かな注意点があります。

また、ケアマネージャーと十分に話し合って必要なリフォームを選択していくことも忘れてはなりません。介護のプロでなければわからないことも多いからです。ケアマネージャーは介護を受ける人の状況をよく理解していますから、本当に必要な工事と不要な工事を見分けてくれるでしょう。介護を受ける人の今後の変化についても専門家ならではのアドバイスをしてくれるかもしれません。

いろいろな専門家に相談しながら、リフォームの計画を立てましょう。

リフォーム業者を探す

無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブルトルネード

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。