トイレ・便器のリフォーム費用と相場

トイレ・便器の
リフォーム費用と相場

トイレ・便器をリフォームするときやっぱり気になるのが、費用と相場。
安くはないものですから、リフォームはもちろん、お値段も満足できるものにしたいですよね。
気になるトイレ・便器のリフォームの費用と相場を徹底解析!

かんたん!2分で見積り

トイレ・便器のリフォーム費用と相場

トイレ・便器のリフォーム費用・全体の件数に対する割合 ※リノコのリフォーム事例を元に集計 トイレ・便器のリフォーム費用・全体の件数に対する割合

15万円未満が全体の約4割、15~30万円が約5割、30万円以上を購入されたのが全体の約1割といった結果になりました。近年では空間を広々使えるタンクレストイレが主流となりつつあり、こちらが10万円台後半でお求めいただけるため、その人気を伺えるデータと言えるでしょう。
30万円を超えると、節水や節電と言った、「節約機能」に突出したハイグレードなトイレが目立ちます。毎日必ず使用するトイレですから、長いスパンで水道代、電気代を考えた結果、初期投資としてこの価格帯を選ばれた傾向が考えられます。

2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!好きなトイレを選ぶだけ

トイレ・便器のリフォーム費用と相場 予算別事例

予算30万円以上のトイレ・便器のリフォーム

こちらの費用区分で多くのお客様がお選びになった商品は、ダントツでTOTOの「ネオレストシリーズ」です。タンクレストイレで、こだわられた素材で汚れに強く、暖房機能や脱臭消臭機能など、快適に使うための機能が揃った商品です。
また、こちらの費用区分ならば、和式トイレを洋式トイレに交換するといった大掛かりなリフォームも対応可能です。

TOTOの最上位グレードトイレ「ネオレストAH」

参考価格:総額 317,000
(税込)

TOTOの最上位グレードトイレ「ネオレストAH」

トイレといえばやはりTOTOが馴染み深いので、TOTOの商品にするのは最初に決めていました。
そのTOTO商品の中でも、オート開閉や脱臭、洗浄、清掃機能に特化している「ネオレストAH」を選びました。なかなかノズル自体に洗浄機能がついていないが特に特化しているので気持ちよくトイレを使用していただけます。小さなノズルにも自動洗浄機能がついていますので、今後のお手入れがグッと楽になって、お掃除も簡単で、リフォームしてよかったと思いました。

もっとトイレ・便座のリフォーム事例を見る

予算15~30万円のトイレ・便器のリフォーム

節水、汚れにくさはもちろん、自動掃除機能やフチなし便器といった、安価な費用区分と比較してワンランク上のオプションが充実しているのが特徴です。中でも、一番の特徴は、「タンクレストイレ」の登場です。タンクレストイレとは、その名の通りタンクのついていないトイレ。タンクがない分空間を広く使うことができ、また、デザイン的にも秀でています。このタンクレストイレで代表的なものは、パナソニックの「アラウーノシリーズ」、TOTOの「ネオレストDH」などです。

汚れに強くコストーパフォーマンスの良いエコなトイレ「新型アラウーノ」

参考価格:総額 260,000
(税込)

汚れに強くコストーパフォーマンスの良いエコなトイレ「新型アラウーノ」

パナソニックの中では一番価格の高い商品ですが、その分節電と節水機能に特化されているので、長い目で見ればこちらのほうが安上がりかな、と思い決めました。実際使ってみた感想としては、全然汚れないな、というのが率直な感想です。今まで使ってきたトイレと材質が違うためか、汚れがつかず、ずっとキレイなのです。汚れがついてもすぐにキレイにしてくれますし。あとは、自動で便座を上げてくれるのが便利ですね。購入当初はオマケ程度の機能だと期待していなかったのですが、一度慣れてしまうともう戻れませんね。

収納性とスタイリッシュな見た目を両立させたトイレ「リフォレ」

参考価格:総額 214,000
(税込)

収納性とスタイリッシュな見た目を両立させたトイレ「リフォレ」

15年ほど使ってきたトイレをタンクレストイレに交換して見栄えの良いトイレにしようと思ったのですが、掃除用具などを入れるための収納棚などを置いたら結局見栄えのよさが半減するのでは…と思ったところで、リクシルの「リフォレ」を見つけました。トイレの後ろに収納棚がついているので、タンクレストイレの見た目をキープしたまま収納に困らない構造にとても満足しています。カラーリングはクリエラスクを選び、オプションとして手洗いをつけました。

もっとトイレ・便座のリフォーム事例を見る

予算15万円未満のトイレ・便器のリフォーム

機能性は上位グレードと比べると一歩及ばないものの、昨今の性能向上により、汚れに強い材質や、少ない水で流せるといったエコ性能を多くの商品が備えているため、十分な活躍を期待できます。また、凹凸や、つなぎ目を極力減らすことで拭き掃除をラクにするなど、掃除のしやすさも各メーカーによって工夫が凝らされています。

コストパフォーマンスの高い「ピュアレストQR」に交換

参考価格:総額 138,000
(税込)

コストパフォーマンスの高い「ピュアレストQR」に交換

トイレが故障してしまったので、トイレを交換することにしました。予算の都合上、今回はコストパフォーマンスの良いトイレにしたいと電話で伝えてみたところ、こちらのピュアレストQRを提案して貰えました。少ない水量で勢いよく流す「トルネード洗浄」による節水機能や、お掃除をラクにする「フチなし形状」など、トイレを快適に使うための機能が充実しているのが気に入り、交換をお願いすることにしました。
オプションは特につけませんでしたが、汚れてもすぐにキレイになりますし、節水機能も心強いですし、とても満足しています。ありがとうございました。

オプション付きでも予算内の安心価格トイレ「アメージュZ」

参考価格:総額 114,000
(税込)

オプション付きでも予算内の安心価格トイレ「アメージュZ」

中古住宅を購入したので、トイレも新しく買い換えることにしました。なるべく費用を抑えようと、求めやすいトイレを探し、最終的にLIXILの「アメージュZ」に決めました。オプションでタンクの手洗いと、自動洗浄ハンドルをつけましたが、それでも想定した値段より遥かに安くすんでホッとしています。汚れに強い上、銀イオンパワーで細菌の繁殖も抑えてくれるので、掃除の回数が減りました。

低水圧の高階層でも安心して設置できる「アラウーノV」

参考価格:総額 134,000
(税込)

低水圧の高階層でも安心して設置できる「アラウーノV」

知人の家で見たタンクレストイレが格好良かったので、ウチもタンクレスに交換しようと思ったのですが、私は高階層のマンションに住んでおり、水圧が低くなって、タンクレストイレは設置が難しいのだそうです。
何とかならないものかと電話で相談をしたところ、そこで勧められたのが低水圧の場所でも設置可能なパナソニックの「アラウーノV」でした。設置直後は不安でしたが、現在問題なく使えています。私のように水圧で設置に悩んでいる人にはお勧めのタンクレストイレです。
また、タンクレストイレにしては非常にお手ごろ価格なのも良かったです。

もっとトイレ・便座のリフォーム事例を見る

費用と相場から見る、トイレ・便器のリフォームポイント

将来のための投資か、消耗品と割り切ってのお手軽価格か

将来のための投資か、消耗品と割り切ってのお手軽価格か

年々進化するトイレ・便器。一昔前と比べると、至れり尽くせりの機能による満足度は飛躍的と言えるほどで、トイレがリラックスの場となるなど、トイレ・便器のイメージそのものが変わりつつあります。
予算に余裕のあるトイレ・便器のリフォームを見ると、やはり機能面で充実しているものが多いのですが、特筆すべきは手すりや腰を下ろす際の姿勢をサポートしてくれるトイレ・便器。将来、介護が必要になった場合に必須となる機能を備えたトイレにリフォームされる方が多いのです。
対照的に低価格帯のトイレ・便器のリフォームは、家全体の老朽化に伴うリフォームのついでに、ということが多いようです。低価格帯でも自動お掃除機能や節水など、機能性は年々向上しつづけていますから、トイレ・便器は消耗品と割り切り、一定のスパンでリフォームするつもりがあるのなら、一考に値する選択ではあります。

場所別リフォームの費用と相場

  • 2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!好きなトイレを選ぶだけ
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブル 先着30台のみ298,000円(税込)

トイレとあわせてリフォームしたい

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。