キッチン
キッチン

リノコのキッチンリフォームコラム

キッチンリフォームに関する豆知識が満載!

キッチン

今人気を集める対面型キッチンの魅力に迫る!

2014.11.28

今人気を集める対面型キッチンの魅力に迫る!

キッチンのデザインは、10年程度前にはクローズドキッチンと呼ばれるI型、L型のキッチン主流でしたが、最近になってより開放感のある対面型やオープン型のキッチンが人気を集めるようになりました。とはいえ、まだまだ対面型、オープン型のキッチンは浸透しておらず、どのようなメリットがあるのかわからないという方が多くいるようです。
今回は「対面型、オープン型」のキッチンに興味があるけれど、詳細がわからないので手が出せないという方のために、対面型、オープン型について詳しくご紹介させていただきます。

キッチンの種類

まずは、基本的なキッチンの特徴について、簡単にご説明させていただきます。

I型キッチン

S.S(クリナップ)

■ I型キッチン
I型のキッチンは、日本で一番浸透しているキッチンデザインでもっともスタンダードなタイプです
。調理時の動線が短くて済むので、比較的短時間で料理を仕上げることができます。一般的には冷蔵庫、シンクコンロの3つの移動距離が3メートル程度なら使いにくさを感じることなく調理を進めることができるといわれています。
しかし、2人で調理を行う場合には、動線が重なってしまうので、動きづらいというデメリットがあります。
L型キッチン

S.S(クリナップ)

■ L型キッチン
I型に次いで多いデザインで、ガスレンジの部分が直角に折れているタイプが多いです。
体を回転させるだけで、コンロとシンク周辺を移動できるので、効率的に調理を進めることができます。
しかし、 レイアウトの自由度が低く、個性的なデザインのキッチンを求める方には、向いていないかもしれません。
対面型キッチン

S.S(クリナップ)

■ 対面型キッチン
対面型は、キッチンからダイニングが見えるように設計されたキッチンで、家族とのコミュニケーションを楽しみながら調理を進めることができます。ガスコンロや調理台は壁に面しています。
アイランド(オープン型)キッチン

S.S(クリナップ)

■ アイランド(オープン型)キッチン
アイランド型のキッチンは、シンクや調理台などが壁から孤立しており、対面型に比べてより開放感のあるデザインです。リビングとダイニングの垣根が曖昧になり、オープンな雰囲気の部屋にすることができます。

対面型の魅力

それぞれのキッチンデザインの特徴を簡単に説明させていただきましたが、ここからは対面型のキッチンのメリットや魅力について、より詳しく説明させていただきます。

■ リビングの様子が把握できる
対面型のキッチンの最大の魅力はなんといっても、リビングの様子を把握することができるということでしょう。小さな子供がいる家庭は特に、子供から目を離さずに調理が出来るのは大きなメリットとなります。
■ コミュニケーションがとりやすい
既存のI型やL型のキッチンでは、調理時は完全に孤立してしまい、家族とのコミュニケーションが取れません。しかし、対面型の場合はリビングとキッチンが繋がっているので家族と容易にコミュニケーションを取ることができます。
■ 後片付けが楽々
食事の後、リビングから直接お皿や調味料などをキッチンに渡すことができるので、後片付けが楽々です。

開放感溢れるアイランド(オープン)型キッチン

対面型のキッチンは、リビングとキッチンの垣根を取り払うことによって、空間を広く見せることができるというデザイン面での特徴もありますが、アイランド(オープン)型はさらに部屋を広く見せて、開放感溢れる空間を演出するデザインです。オシャレで個性的なキッチンを求めている方にはピッタリなデザインです。

まとめ

対面型のキッチンには、後片付けが楽でリビングの状態を把握することができるという実用的なメリットと、空間を広く見せて家族のコミュニケーションを円滑にするというデザイン的なメリットがあります。様々なタイプのキッチンがある中でも、実用性とデザイン性を両立しているのは対面型キッチンだといえるでしょう。

キッチンの見積りをシミュレーションする!専門知識は不要!好きなキッチンを選ぶだけのカンタン操作!

キッチンの他の記事はこちらコラムトップに戻る

他のリフォーム記事はこちら

  • クロス(壁紙)
  • 床
  • キッチン
  • お風呂・浴室
  • トイレ
  • 洗面台
  • 建具
  • 窓・カーテン
  • ノウハウ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。