MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応

間口とは

土地の価値は、主にその面積の大きさで決まります。しかし、縦と横の幅のバランスが悪い場合は、同じ面積であってもその価値は変わってきます。建物についても同様のことがいえます。リフォームをする場合は、リフォーム部分の間口にも注意を払う必要があります。そこで間口の意味や、リフォームにおける間口の確認の重要性などについて解説します。

意味:間口とは

間口とは、土地や建物の正面の幅のことをいいます。

土地の場合は、奥行きに対して間口が広すぎると建物の形に大きな制限がかかることになるため、同じ面積の土地であっても間口と奥行きのバランスによって価値が変わることがあります。

また、建物においても間口が狭すぎる場合などは使い勝手の面で不便が生じることもあります。

商売などにおいては、事業範囲を広げることを間口を広げるということがあり、専門家がその専門分野を広げることも間口を広げると表現することがありますが、リフォームの場合においては、キッチンの横幅などのことを間口と呼ぶこともあります。

間口が変わることによって、リフォーム内容が影響を受ける可能性がありますので、間口を重要な要素となります。

リフォームの前に間口を確認しよう

リフォームを行う場合、事前にリフォームを行う場所の間口を確認しておく必要があります。

例えば、キッチンのリフォームを行う場合は、その横幅である間口を確認することによって、新たに設置するキッチンの制約条件を決めることができます。

間口が狭ければ大きなものを設置することはできませんし、間口が広い場合は、間口よりも幅の小さいキッチンを設置し、残りのスペースを別の目的に転用することが可能になるなどのプランニングを行うこともできます。

また、対面キッチンに変更する場合は、通路の幅の確保など、生活動線にも配慮する必要が出てきます。

キッチンの場合に限らず、事前に間口を確認することは、最適なリフォームを実現できるプラン作成につながります。

間口を広げることはできる?

住宅全体に関わるリフォームをする場合、建物の間口を広げることも可能です。

建築基準法が許す範囲の増築によって正面に対する横幅を広げることができます。しかし、土地の形状によって制約を受ける場合は間口を広げる限界があります。

土地の間口を広げたい場合は、隣接する土地を購入することによって可能になりますが、既に隣接する土地に住宅がある住宅地などの場合は難しいケースが多いです。

キッチンやバスルームなどの間口を広げる水廻りのリフォームを行う場合は、壁の位置の変更などを併せて行うことで可能になります。

壁の位置を変更する場合は、その壁が耐震などの構造上変更できない部分ではないことを事前に確認しておくことが重要です。

関連リフォーム用語

関連ページ

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

オリジナル壁紙 ミラブル購入で20000円引き リノバス誕生 便座交換 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter