オープンキッチンとは

キッチンは、一日の中で使用頻度の高い場所です。いろいろなタイプがあるので、リフォームする際に迷ってしまうことも多いでしょう。ここでは、オープンキッチンについてのメリットやデメリットを解説します。

意味:オープンキッチンとは

オープンキッチンとは、壁や吊戸棚による仕切りがなく、ダイニングやリビングと空間が一体になっているキッチンです。それに対して壁で仕切ったタイプは、クローズドキッチンと呼ばれます。

オープンキッチンの種類には、I型キッチン、対面式キッチン、アイランドキッチンなどがあります。

I型キッチンは、壁にそって配置するため壁側に向かって調理をします。

一方、対面式キッチンはリビングの方向に向けて配置されています。

アイランドキッチンは、壁から離れた位置に島(アイランド)のように配置されたキッチンです。レストランの厨房によく使われているタイプです。インテリア性も高く、最もオープン度が高い見せるキッチンの代表といえるでしょう。

オープンキッチンのメリット・デメリットは?

オープンキッチンのメリットは、何といっても広々とした解放感があることです。調理をする人がキッチンにこもって孤立してしまうこともありません。家族やお客様と同じ空間で会話を楽しみながら調理できます。小さい子供がいる場合は、調理をしながら様子を伺えるのも便利な点です。

一方デメリットは、お客様にキッチンが丸見えになってしまうことでしょう。雑然としがちなキッチンを常にきれいに保っておく必要があります。

また、リビングとの仕切りがないために、調理中の煙やニオイが部屋に充満しやすくなります。はねた油や水が床を汚してしまうといったデメリットもあります。

失敗しないオープンキッチンリフォームのコツ

吊戸棚がないオープンキッチンは、どうしても物があふれがちです。対面式であれば、リビングからの死角になる足元の収納を充実させましょう。扉をつけずにオープンにすれば、通気性が良くなるのでまな板や洗剤、ゴミ箱もそのまま収納できます。

壁付けのI型キッチンは、戸棚を開けると中身がお客様から丸見えになってしまうので、引き出し式にしておくと中が見えません。油はねや水はねは、シンクの向こう側に袖壁や立ち上がりを設けることで解決できます。20cm以上の立ち上がりがあれば、鍋などの台所用品や手元を隠すことが可能です。

煙やニオイに関しては、換気扇を強力なものにするなどして対策を講じましょう。

無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブルトルネード

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。