キッチンリフォームの費用相場を事例別に紹介

キッチンのリフォームを行う際に多くの方が気になるのは費用についてです。
実際調べてみてもキッチンのグレードや工事の内容によって値段に幅があって自分の希望を叶えるにはいくらぐらいかかるのかわかりにくいですよね。
このページでは実際の施工にかかった費用や工期をあわせて解説しています。
また、予算帯別にどのようなリフォームが出来るかも解説しているので参考にしてください。

キッチンリフォームの費用相場分布

弊社では「55万円~110万円」の間でキッチンのリフォームを行うお客様が最も多いです。
今あるキッチンを活かし、機能やデザインを好みのものにリフォームするとこの価格帯になります。
55万円以下でもシンプルなものであればキッチンまるごと取り替えることが出来ます。
110万円を超えるリフォームであればアイランドキッチンへ変更したり、最新式のコンロやシンクを導入することが出来ます。

価格帯別のリフォーム事例と工期

ここからは弊社が実際に施工したキッチンをかかった費用、工期と共にご紹介します。
各事例から詳細なリフォーム内容へ移動できますので気になったものがあればじっくりとご覧ください。

予算50万円以下のリフォーム事例と工期の目安

この価格帯で出来るリフォーム

予算50万円以下でリフォームを行うと既存のI型キッチンをそのまま取り替えるイメージです。
「現在のキッチンが古くて使いにくいから新しくしたい」 「もう少し広くて掃除のしやすいシンクにリフォームしたい」といった要望や、コンロだけシンクだけといった部分的なリフォームも可能です。
一方で、 「I型のキッチンをアイランドキッチンにしておしゃれにしたい」 「最新機能が満載で、デザインにもこだわったキッチンを作りたい」 などの要望に応えるのは難しいでしょう。
キッチンの形についてはこちらの「システムキッチンとは?」をご覧ください

古くなったキッチンをコスパ抜群のシステムキッチンへ
リフォーム費用 498,000円
かかった工期 2日
住宅の種類 戸建て
築年数 40年

こちらのお客様はコストを抑えめで長く使えるキッチンをお探しでした。
そこでコストパフォーマンスに優れたキッチンであるクリナップ製のラクエラへのリフォームを行わせていただきました。

詳しくはこちら
カラーリングにこだわった低価格リフォーム
リフォーム費用 498,000円
かかった工期 1日
住宅の種類 マンション

こちらのお客様はデザイン、特に色にこだわったリフォームを希望されていました。
そこでデザイン性と収納力に優れたキッチンへのリフォームを提案させていただきました。

詳しくはこちら

予算50万円~100万円のリフォーム事例と工期の目安

この価格帯で出来るリフォーム

50~100万円でのリフォームでは「~50万円」の価格帯と比較するとある程度自由にオプションをつけることが出来ます。
「間口を広く使ってゆったりと調理をしたい」
「コンロをガラストップにして、オシャレなキッチンにしたい」
などオーダーメイドキッチンと行かないまでも自分のこだわりを反映したリフォームが出来ることがこの価格帯の魅力です。

母との同居をきっかけにホワイトキッチンへとリフォーム
リフォーム費用 814,100円
かかった工期 9日
住宅の種類 戸建て
築年数 25年

母との同居をきっかけに自宅のキッチンをきれいに使いやすいものにしたいとの希望を受けて行ったリフォームです。
キッチンを取り替えるだけでなく痛んでいた床や、IHコンロ導入のための電源周りの工事を行いました。

詳しくはこちら
キッチンを家族のコミュニケーションの場へとリフォーム
リフォーム費用 698,000円
かかった工期 1日
住宅の種類 戸建て
築年数 27年

料理をしながら家族のコミュニケーションが出来るようにという思いで作られたキッチンです。
シンク、天板ともに料理が映え、耐久性に優れた人造大理石で作られたキッチンです。

詳しくはこちら
お手入れが簡単なキッチンへとリフォーム
リフォーム費用 558,000円
かかった工期 1日
住宅の種類 マンション
築年数 9年

コンロ周りにこだわったキッチンへとリフォームを行いました。
両面焼きが行えるガラストップコンロや、油汚れを簡単に落とすことが出来るとってもクリンフードなどのオプション機能を搭載しています。

詳しくはこちら

予算100万円~200万円のリフォーム事例と工期の目安

この価格帯で出来るリフォーム

予算が100万円を超えてくると各メーカのハイグレードモデルがリフォームの対象に入ってきます。
オプション機能やカラーリング、材質といったデザインをほとんど自由に決めることが出来るので自分好みのキッチンを作り上げることが出来ます。
また、I型キッチンからアイランドキッチンと言ったように配管工事を伴うリフォームも可能です。

プロ仕様の本格キッチンへリフォーム
リフォーム費用 1,024,000円
かかった工期 2日
住宅の種類 戸建て

家庭用コンロの中でも最大級の火力を誇るS-Blink+Doや、水音がほとんどしない美・サイレントシンクなど様々なオプションを搭載し、プロ使用のシステムキッチンへとリフォームさせていただきました。

詳しくはこちら
生活感の無い上品なキッチンへのリフォーム
リフォーム費用 1,238,000円
かかった工期 1日
住宅の種類 戸建て

洋館にあるような上品なキッチンへとリフォームしてほしいとの希望を「CUCINA:クリテリオ」で実現しました。
扉などのパーツを厳選することで高級感にあふれるキッチンに仕上がっています。

詳しくはこちら

予算200万円以上のリフォーム事例と工期の目安

この価格帯で出来るリフォーム

予算が200万円を超えるとキッチン周りの壁を取り払ったり、場所を大きく替えてアイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどの対面型キッチンへとリフォームすることが出来ます。
また、キッチン本体も各メーカーの最上級モデルを導入したり完全オーダーメイドで自分だけのキッチンを作ることが出来ます。

バーカウンターのようなキッチンへリフォーム
リフォーム費用 4,600,000円
かかった工期 33日
住宅の種類 戸建て
築年数 10年

キッチンのリフォームだけでなくダイニング付近の和室を洋室に変更するなど生活空間の大幅なリフォームを行った結果、デザイナーズマンションのような空間に生まれ変わりました。

詳しくはこちら

その他にもリノコではたくさんのキッチンリフォームを承ってきました。
こちらの「キッチン・台所のリフォーム事例集・口コミ」からご覧いただけます。

キッチンリフォームの費用を抑える方法

キッチンのリフォームは使われているパーツごとの素材や機能面でのオプション、現在のキッチンを活かしてリフォームするかなどの要素でかかる費用が大きく変わってきます。
機能面をシンプルに抑え、素材に拘ることで費用以上の高級感あるキッチンにしたり反対に、デザインはシンプルでも最新機能満載のキッチンにすることも出来ます。
この項では理想のキッチンを作りつつ費用を抑えるコツをご紹介します。

キッチン本体の費用を抑える

まず出来るのはキッチン本体を少しでも安く購入することです。
と言っても費用を抑えようとして自分好みのキッチンを諦めてしまっては本末転倒です。
そういった事態を避けるためにも自分がキッチンに求めるものは何か?をリフォーム前に明確にして優先順位をつけて次のような表にしておきましょう。

1位 大きな収納スペース
2位 部屋の雰囲気にマッチするデザイン
3位 掃除の手間が少ない換気扇
キッチンの扉を変更して費用を抑える

キッチン扉に使われる素材は次のようなものがあります。
・天然木
・ステンレス
・ホーロー
・UVやポリウレタンを使用した塗装材料
・化粧版
メーカーや販売店によって違いはあるものの、高級家具のような風合いがある天然木が最も高価で化粧板が安価な傾向にあります。
味わい深い天然木ですが、汚れが染み込みやすいデメリットもあるので機能性を求める人は化粧板のキッチン扉を選ぶことでリフォーム費用を抑えることが出来ます。
関連:後悔しないキッチン扉の選び方のコツ

ワークトップ(天板)・シンクの素材を変更して費用を抑える

キッチンでの作業を行うワークトップとシンクも素材によってかかる費用が変わってきます。
ワークトップ・シンクに使われる素材は主に
・天然石
・人工大理石
・ステンレス
・樹脂
などがあり、やはり大理石やクォーツストーンといった天然石が一番高価です。
ですが耐久性、機能性の面で言えばステンレスや人工大理石の方が高いことに加えて安価な樹脂製のものでも十分に使えるため費用を抑えたい場合でもそちらで問題ありません。
関連:キッチンカウンターをフル活用!選び方や使い方まとめ
  :素材・機能性で比べるキッチンシンクの失敗しない選び方

水栓、浄水器を変更して費用を抑える

水栓器具は一般的なタイプよりTOTOの水ほうき水栓のようなシャワー状の水を出せる方が高くなります。
加えて、浄水器を設置するとその分費用がかかります。
浄水器については必要がなければ設置しなくてよいのですが、水栓によっては設置費用がかかっても水道代がお得になる場合があるのでトータルの費用を見て検討しましょう。
関連:知っておきたい洗面台の水栓やシャワーホースの交換に関する知識

換気扇を交換して費用を抑える

ほとんどの換気扇には「レンジフード」と呼ばれる煙をキッチンから逃さないための部品が付いています。
また、換気扇そのものも高機能化が進んでおりお手入れの頻度を大幅に減らすことが出来る自動洗浄機能であったりセンサーで煙を感知して最適な強さで煙を排出することで電気代を節約したり出来ます。
比較的価格の安いプロペラタイプのファンに変える、レンジフードを小さいものにするなどの方法で換気扇にかかる費用を抑えることが出来ます。
換気扇を交換する時は消防法も考える必要があるので施工店ともしっかり相談しましょう。
関連:キッチン交換時にレンジフードを選ぶ4つのポイント

補助金・減税制度を活用する

キッチンに限らずリフォームを行うと、税金面で様々な優遇を受けることが出来ます。
例えば住宅ローンを利用して条件を満たしたリフォームを行えば所得税が安くなる住宅ローン減税が適用されます。
また、父母・祖父母といった親族からお金をもらうと通常であれば贈与税の対象となってしまいます。
しかし、リフォーム資金を援助してもらったのであれば一定額までは贈与税が免除されます。
減税制度が適用されるためには確定申告を行う必要があるのでお忘れなく。
関連: リフォームを考えるなら、知らないと損をする減税・補助金制度

リノコでキッチンのリフォームされた方の口コミ

実際にリノコでキッチンのリフォームを行われたお客様の口コミをご紹介します。

高価格帯キッチンの口コミ

LIXIL リシェルSI

滋賀県高島市 F.A様 (60代 女性)
30年間使ってきたキッチンを遂に交換しました。
あまりのひどさに独立していた子どもたちにリフォームをプレゼントしてもらいました。
しかもとても良いキッチンです。
使っていてスゴイと思うところはたくさんありますが、1番びっくりしたのがキッチンの正面の壁ですかね。
ツルンとはしているのですが、目地があるのに汚れてしまってもすぐに汚れが落とせるのがびっくりしました。
この目地汚れが前だと隙間という隙間にびっしりとついていたので長いこと我慢してキッチンを使っていて良かったなと思えます。

山梨県山梨市 U.A様 (40代 女)
キッチンの中にステンレスが使われているものを探していました。
ただ、ステンレスといえばクリナップというくらいに推されていましたので正直迷ったのですが、LIXILにもそういうものがあると知ってこのサンヴァリエにしました。
なんとプロの厨房でも使われているというステンレス素材だから耐久性も抜群だそうで確かに中々錆びそうにありません。
そんなに掃除が得意なほうでもないのでこの機能には助かりました。
扉カラーは他にはないようなカラーということでダークターコイズを選びました。
落ち着いたカラーなので浮くこともなくそれよりも華やかさが出て正解でした。

もっと見る
クリナップ ステディア

東京都狛江市 U.O様 (40代 女)
古い家をリフォームするにあたり、まずはキッチンからと。
カタログを見て、一目ぼれしてステディアに決めました。
本当に見た目が素敵!機能もいまのところ文句なし!なのですが、一つ言うことがあるとすれば、やはりお値段ですね。
まあ、物がいいので高いのは仕方ないとは思います。
あとは、よっぽどのことがない限り大丈夫だとはいえ、錆がでないように気をつけて大切に使用しようと思います。

愛知県高浜市 E.B様 (60代 女)
以前からステンレスのキッチンにしたくて、かねてよりキッチンリフォームを考えていました。
クリンレディにしようと決めていたのですが販売終了とのことで、その後を継いだステディアにしました。
デザイン性もあって素敵です。収納がたくさんあります。コンロをハイブリットコンロかガラストップにするかで迷いましたが、ガラストップコンロにしました。
シンクもステンレスにしましたが、手入れが本当に楽です。
やっぱりこのキッチンにして良かったと思います。

もっと見る

中価格帯キッチンの口コミ

トクラス Bb

徳島県美馬市 N.T様 (30代 女)
ショールームにいくと店員さんがシンクの耐久性がどれくらいのものなのか見せてくれました。
重たい缶を上から落としたり、汚れがどれくらい取れやすいのか実際に汚してみて手入れしたり、熱いフライパンなんかも置いてみたり…たくさん見せてくれましたが、全く傷も汚れも付着せず元通りになるので本当にスゴイと思いました。
こんなのを見せられたら買うしかないですよね(笑)シンクの形は丸みを帯びたものにしました。
それによってさらにキッチンに柔らかさがでて他とは違うキッチンになったと思います。
扉のカラー展開も豊富で迷いましたが、ホワイトグロッシーというほんのりベージュの物を選びました。
古い家をリフォームするにあたり、まずはキッチンからと。
カタログを見て、一目ぼれしてステディアに決めました。本当に見た目が素敵!機能もいまのところ文句なし!なのですが、一つ言うことがあるとすれば、やはりお値段ですね。
まあ、物がいいので高いのは仕方ないとは思います。
あとは、よっぽどのことがない限り大丈夫だとはいえ、錆がでないように気をつけて大切に使用しようと思います。

群馬県高崎市 M.J様 (60代 女)
キッチンは対面式にするというのは最初から決めていたのですが、フルオープンにするか、吊戸棚を付けるかで相当悩んで、収納力を重視して吊戸棚を付けてもらいました。
トクラスキッチンのBbならキャビネットが昇降するので、よく使うものはそこに入れておけば、一昔前のキッチンのように踏み台にのって上の荷物を下ろすのが大変ということはあまりないです。
扉のデザインを床材とダイニングテーブルに似た色合いのものを選んだので統一感が出て圧迫感はそこまで感じません。
対面式にしたおかげで料理をしながらテレビを見ることができるようになりました。

もっと見る
TOTO ミッテ

広島県呉市 T.J様 (30代 女)
どこのキッチンにしようかいくつかのメーカーで迷っていました。
でもこれにした理由。完全に見た目と水栓です。
まずTOTOにキッチンがあったことに驚きました。
どうしてもトイレのイメージが強かったので。
ただ、実際見て見ると他のメーカーに劣らずむしろ優っている部分もありました。
それがこの水ほうき水栓。
食器が多く出るわが家にとって洗いやすいが何より大切なことでした。
実際洗ってみて幅広なのでいつもより早い気がします。
収納も無駄なスペースがない感じで今のところあふれていた食器類がスッキリと収まっています。
思っていたよりも良かったので★4です。

京都府綾部市 O.K様 (40代 女)
そんなに金額に余裕が無い中このキッチンは目を見張るものがあり、思わずリフォームしてしまいました。
色んなキッチンがありましたが、シンプルなキッチンの中でもこれだけモダンな感じがしてデザインも大変好みでした。
あとレンジフードがお掃除しやすいのが見ていて決め手になりました。
フィルターの交換って面倒なんですよね。
毎日掃除するところではないだけに久しぶりに見ると掃除のしにくさにげんなり。
これなら4つのパーツしか外さずに手入れできるので楽で良かったです。
もうひとつ上のクラッソでも良かったのですが、まだそこまで便利な機能はいらないかなと思い、これにして正解でした。

もっと見る

低価格帯キッチンの口コミ

クリナップ ラクエラ

東京都武蔵野市 S.A様 (40代 女)
このキッチンが1番オススメだと言われてラクエラにしました。
ただ、ネットではあまりいいようには載っていないのもあったので決める前には実際目で見てみないとと思い、何度かショールームにいきました。
触って、見て感じたことですが、値段の割には良いと思います。
あくまでも私見ですが、ステンレスを売りにしてるだけあって錆びにくく劣化しにくいようにキャビネット内はステンレス製で、トップにステンレスはもちろん人工大理石も選択できる。
インテリアを考えてくれているなぁと感じました。
それに扉カラーがとても豊富なのは驚きました。
そのため迷ってとても時間がかかりました。
優柔不断だと思う方は事前に決めておくのが策かもしれません。

京都府京田辺市 E.K様 (30代 男)
LDKの改装に合わせて対面型キッチン、”クリナップ ラクエラ”にリフォームして頂きました。
私の家では私も妻も台所に立つ事が多いので、2人で料理などをしていても子供の顔を見る事ができる対面型を選びました。
デザインにもこだわっていて色々なメーカーの製品を比較していたのですが、クリナップのラクエラのデザインは目をひくものがありましたね。
機能もとても充実していて、収納部分はすべてスライド式で用途ごとに分類でき、ガラストップコンロ、最新式の換気扇、食器洗浄乾燥機・・・など子供の顔を見ながら二人で料理をする時間がさらに楽しくなりました。

もっと見る
Panasonic リビングステーション V-Style

長野県小諸市 U.M様 (30代 女)
トイレもお風呂も床も全てPanasonicさんにお世話になっているので一つだけ違っていたキッチンも遂にPanasonicさんのVStyleに統一しました。
予算を考えると抑えるしかありませんでしたが、これでも思っていた以上に素晴らしいキッチンだと思います。
知人に相談するともう少し上の物を選べば?と言われましたが、選んで後悔はありません。
本体を抑えたので他の機能に力を入れることができたからです。
水栓はもちろんもちろんセンサーでラクラク洗うことができるし、コンロは横並びになっているので広々使えて快適です。
それにもちろんシンクには隙間がないのでお掃除もかなり楽になっています。

鹿児島県鹿屋市 I.H様 (30代 女)
部屋のインテリアに合ったキッチンにしたいと昔から思っていましたが、そのタイミングが中々あわなくてずっと先延ばしになっていました。
それがこの前遂にリフォーム完了しました!扉カラーはどうしても華やかさが欲しかったので淡いピンクカラーを選だのでとても可愛らしい空間になって嬉しいです。
ただ、選びたいシンクがなくてちょっとショックです。最終的に決めたのは私なので仕方ないですが、もう少し過信せずに話しあえば良かったかなと。
でも全体的にはこれで良かったと思います。一番嬉しいのは水栓をセンサーで出せるようになったことですね~毎回手が汚れて蛇口を触るのがどうしても許せませんでした。
それにエコにもなっているようなのでここを主人に相談したら決まったので渋っている家庭があればぜひ推してみてください。

もっと見る

キッチンのリフォームはDIYで出来るのか

趣味で日曜大工をやっている方や、少しでも費用を抑えたい方はキッチンもDIYでリフォームしてしまおう!と考えるかも知れません。
結論から言うとキッチンの雰囲気を変える程度であればDIYすることが出来ますが、新しいシンクやコンロへの交換やキッチンの場所そのものを移すようなリフォームは素直に業者に依頼しましょう。

DIYで出来るリフォーム

キッチンDIYでは「見た目の印象を変える」が出来る範囲です。
具体的には100均やホームセンターなどに売っている様々な柄が印刷されたリメイクシートを張ったり、扉の取手をアンティーク調の物に替えたりです。
日頃からDIYを行っている方なら収納棚を新しく作ったり、キッチンの空きスペースに取り付けるのも良いでしょう。

DIYで出来ないリフォーム

逆にキッチンの機能を追加したり、キッチンの位置そのものを変えるようなリフォームはDIYで行うべきではありません。
具体的に言うとシンクを取り替えたり、コンロを新しいものに替えたり・・・です。
これらのリフォームを行うためには配管や電線をつなぎ直す必要があるので一歩間違えが大きな事故や、取り返しのつかない失敗につながる可能性があります。
そのためこれらのリフォームを考えておられる方は必ずリフォーム業者に依頼しましょう。

キッチンリフォームの前に読んでおきたい豆知識

キッチンのリフォームはそう何度も経験するものではないですよね。
だからこそ色々な製品を見比べて、自分にあったキッチンを選ぶべきです。
リノコの豊富な経験や知識をコンテンツとしてまとめたのでぜひご一読ください。
理想のキッチンが見つかったら一度無料お見積りを!

    • 無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。