ノウハウ
ノウハウ

リノコのリフォームノウハウ

リフォームに関するノウハウが満載!

ノウハウ

リフォーム職人へのお茶出しは必要?気になるその疑問にお答えします!

2014.11.26

職人へのお茶出しは必要?気になるその疑問にお答えします!

リフォームをお願いした施主様の多くが不安に感じるのは、職人さんへの対応ではないでしょうか。
例えば、工事の休憩中に簡単なお菓子やお茶を出すべきかどうかなど、どのように振る舞うべきかを知っておけば、職人さんとのコミュニケーションが円滑に進みます。
また、工事中の職人さんとのトラブルを回避するためにも、コミュニケーションはとても大切です。
気持よく工事を進めるために、今回は職人さんへの適切な対応やコミュニケーション方法などをご紹介しましょう。

お茶出しは必要か?

お茶出しは必要か?

工事中の職人さんは大体の場合、昼食以外で10時と15時に休憩を取ることが多いようです。
この時間帯、施主様としてはお茶を出したり、お菓子を出したりするべきなのかどうか悩む所だと思います。
かつては、施主様が職人さんの休憩中にお茶出しをするのは当たり前のことでした。しかし、最近ではお茶出しやジュースを出さないでくださいとしている業者も多く、お茶やジュース、お菓子を用意している方が減っているようです。そのため、施主様はお茶出しやジュースで心配する必要はありません。
しかし、お茶出しやジュース出しが絶対に禁止というわけではないので、たまにはお茶出しを行うとよいでしょう。特に夏場などの暑い時期は、冷えたお茶やジュースは喜ばれるので、出来る範囲で用意するといいかもしれません。
毎日のように用意すると、職人さん側の負担になってしまうことも考えられるので、たまに行うぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。

職人さんに質問されたら?

職人さんに質問されたら?

工事現場には、必ず工事責任者という人がいます。
工事の計画や段取りはこの工事責任者が管理していて、まさにその現場の責任者です。しかし、現場責任者とはいっても、様々な理由から現場にいないこともあります。そのようなときに何か問題が発生したとき、職人さんが施主様に質問することもあります。こういった質問には、答えていいものなのでしょうか。
この場合、極力その場で答えないようにしましょう。工事の内容や段取りについては工事責任者が全て管理しているため、施主様が勝手に判断しては今後の進行に支障がでるかもしれません。中には施主様が確認しなければならないものや、どうしてもその場での判断が必要なものなどがありますが、そういったものでなければ必ず工事責任者に確認をとってもらうようにしましょう。

気になることは伝えるべき?

気になることは伝えるべき?

リフォームは、施主様と業者が最終的な決定を合意した上で工事が始まりますが、工事が始まってから「もっとこうすればよかった」「駐車場はどうするのだろう」というアイデアや疑問点が浮かんでくるかと思います。
そんな時はすぐに、担当のスタッフなどに伝えるとよいでしょう。すぐに変更可能な場合は、職人さんが柔軟に対応してくれますし、別途予算が必要な場合は見積もりを作ってくれます。 工事が終了してから伝えると、対応できない場合もあるので、早めに伝えることをオススメします。
その他、施工に関しての不満や改善してほしい点があれば、なるべく早めに伝えるべきです。
何かしらの不満を抱きながらリフォームを進めてしまうと、後々のトラブルに繋がってしまう可能性もあるので、その都度不満点は解消するのがベターだといえます。また改善点や疑問点に関しては、書類で提出してもらうなど、具体例を示してもらうようにしましょう。

まとめ

リフォームは多額の費用が必要なため、何か問題が発生したときに大きなトラブルに発展してしまいます。トラブルを回避するためには、職人さんや業者との円滑なコミュニケーションが大切です。
リフォームを行うときには、今回ご紹介したことに注意して、スムーズにリフォームが進むようにしましょう。

2分でカンタン見積りシミュレーション 専門知識は不要!好きな商品やお部屋の広さを選ぶだけ!

ノウハウの他の記事はこちらコラムトップに戻る

他のリフォーム記事はこちら

  • クロス(壁紙)
  • 床
  • キッチン
  • お風呂・浴室
  • トイレ
  • 洗面台
  • 建具
  • 窓・カーテン
  • ノウハウ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。