最近よく聞く人気のアイランドキッチンとは?

キッチンといえばI字型、L字型、対面型が3大定番ですが、最近人気上昇中なのが「アイランドキッチン」です。壁から完全に独立した存在感満点の姿はまるでキッチンスタジオのようで、とってもオシャレ。モデルルームで見て一目ぼれしたという人も珍しくありません。しかし、特長のあるキッチンだけに軽い気持ちで導入して後で困ったという例もあります。そこで今回は、アイランドキッチンの魅力と設置の際に気をつけたいポイントを紹介していきます。

1287views | 2017年01月05日更新

CONTENTS
  1. アイランドキッチンとは?
  2. アイランドキッチンの魅力
  3. アイランドキッチンのデメリット
  4. リフォーム業者ごとの特色
  5. アイランドキッチンへのリフォームにかかる費用
  6. まとめ:リビングとのコーディネートを楽しもう

アイランドキッチンとは?

クリナップ「S.S.」 クリナップ「S.S.」

アイランドキッチンとは、壁から離れたところに独立して設けられたキッチンのことです。それがまるで島(アイランド)のように見えることからこう呼ばれています。

部屋の真ん中にドンと据えることになるのでインパクトは抜群。リビングとキッチンが一体化したとても開放的な雰囲気を作ることができます。家族やゲストの顔を見ながら調理ができるので、ホームパーティーや来客をもてなすのに最適で、リビングで遊んでいる子どもの様子を見ながら料理をすることも可能です。

アイランドキッチンの魅力

開放感があってコミュニケーションが取りやすい

アイランドキッチンの最大の特徴はその開放感です。
壁に面していないため、リビング・ダイニングにいる家族とコミュニケーションを取りながら料理をする事が出来ます。
また、大型のキッチンであれば作業スペースも大きいため複数人で同時に調理を行うことが出来ます。
友人とのホームパーティを行うときにも共同で料理が出来ると楽しい時間を過ごすことが出来ますね。

自分好みのキッチンにすることが出来る

アイランドキッチンはたとえばタカラスタンダード社なら「レミュー」、クリナップ社なら「S.S」など各メーカーとも上級グレードに位置づけているので、水回りやオプションなどの設備はとても充実しています。
椅子をおいたり、テーブルを並べて設置することでキッチンの雰囲気をガラッと変えることが出来るため、オプションと合わせて自分好みのキッチンを作ることが出来ます。
おしゃれなデザインがそろっているのも見逃せないポイントといえるでしょう。

タカラスタンダード「レミュー」 タカラスタンダード「レミュー」

アイランドキッチンのデメリット

オープンでおしゃれなアイランドキッチンですが、オープンさゆえにすべてが丸見えになってしまう、匂いが広がりやすいなどのデメリットもあり、しっかりした対策が必要となります。アイランドキッチンで気をつけるべきポイントはおよそ次のようなものです。悩み解消に役立ちそうなアイテムやテクニックと一緒に紹介します。

設置にはスペースが必要

I型などから変更する場合は特に注意しましょう I型などから変更する場合は特に注意しましょう

壁から離して設置するものなので、当然通常のキッチンよりは広いスペースが必要となります。
そのためリフォームの際は配管工事などを伴う事が多く、その分費用も必要になります。

収納の確保

通常のキッチンではキッチン台の上部に収納棚を作るのが一般的ですが、アイランドキッチンでは設計上それができません。
そこで食器や調理器具などの収納スペースはキッチン台の下がメインとなります。
キッチン側だけでなくリビング側や両サイドにも収納を作ることができるので、この場所を上手に使って「見せる」ものと「隠す」ものにわけるのが上手い収納のポイントとなります。
たとえばリビングサイドに飾り棚を設け、食器類のコレクションをインテリア小物と一緒に並べれば実用性はしっかり確保しつつリビング全体のアクセントにもなります。
関連記事:アイランドキッチンの収納問題どう解決する?その方法と便利グッズをご紹介

リビングからの目線

昇降式道具収納ワゴン付キャビネット 昇降式道具収納ワゴン付キャビネット

フライパンやお鍋などの調理器具もおしゃれなものをそろえてインテリアの一部にしてしまうのもいいですが、毎日の生活で常に完璧な状態を保つのは難しいものです。
また、食器やお鍋を乾燥させたりする必要もあります。そんな時はキャスター付きのキッチンワゴンを利用してみるのがおすすめの方法です。
普段はキッチンの後ろにおいておけばリビングからも見えませんし、できた食事を運んだり、よく使う調味料を置いたりするのにも使えるので非常に便利です。
立ち上がりカウンターを設置すれば手元を隠すことが出来ますが、キッチンを囲んでの調理はやりにくくなってしまいます。

匂いが広がりやすい

開放的であるがゆえに湯気や匂いが広がりやすいです。
直接止めることはできませんが、性能の優れた換気扇を設置したり、窓の位置を工夫するなどしなければなりません。
リビング・ダイニング側でも、空気清浄機の設置や消臭機能のついた壁紙を張るなどの対策を行うことが出来ます。

油汚れも広がりやすい

周りに壁がないぶん油汚れもまた広がりやすいので、調理を終えたらすぐにキッチンペーパーでサッと一拭きする習慣をつけておくと良いでしょう。
ガスコンロよりはIHコンロの方が多少汚れを抑えられます。
関連記事:アイランドキッチンの油ハネを解決する方法は?

油汚れには一層気をつける必要があります 油汚れには一層気をつける必要があります

I字型やL字型より価格が高め

各メーカー共に上級グレードの位置づけなのでキッチン本体の価格は高めで、従来のキッチンより1.5~2倍ほど費用が必要になります。
「アイランドキッチンを買ったものの使いこなせない」という人に多いのはこのようなアイランドキッチンならではの特性を考える前にカッコいいから、オシャレだからと決めてしまうパターンです。
購入前に自分のライフスタイルや家族構成を見直して、実際に使っている姿をイメージしてみるのがおすすめです。

リフォーム業者ごとの特色

アイランドキッチンに限らず、リフォームは業者選びが重要です。
すべての業者に当てはまるわけではありませんが傾向をまとめておきます。

地元の工務店へ依頼

デザイン面にこだわらず、シンプルで費用を極力抑えたリフォームを望む場合に適しています。業者からの提案には期待できませんが低価格なのは魅力です。
ただし、品質については業者によってばらつきが大きい点はデメリットとして挙げられます。

中堅のリフォーム会社へ依頼

デザイン性の良いおしゃれなアイランドキッチンを提案してくれます。
機能面でも、使い勝手の良いものを提供してくれることが期待できます。
デザイン料が発生しますが、大手のリフォーム会社に比べるとリーズナブルです。

大手のリフォーム会社に依頼

予算面で余裕があって、会社の規模や知名度にも一定のこだわりを持つ場合には適しています。
信用度が高く、間違いが起きる可能性は少ない反面、広告宣伝費などが原価に上乗せしてかかる分費用面では最も高くなります。
リフォームを行う際に重要な項目の1つである業者選びは、自身の趣向をもう一度見直して費用面でも仕上がりの面でも納得のいくリフォームができるよう慎重に行いましょう。

アイランドキッチンへのリフォームにかかる費用

アイランドキッチンへリフォームを行う場合には配管工事などをせず、オプション機能をつけたりしなかったとしても100万円前後が必要になります。
一般的なI・L型キッチンからリフォームを行う場合は壁紙や床の張り替えを行ってリビング・ダイニングもキッチンに合わせたものに帰る必要があり、加えて配管工事などを行う必要があるためこれよりも費用は大きくなります。
関連記事:キッチン・台所交換リフォームの費用・相場

まとめ:リビングとのコーディネートを楽しもう

よくも悪くもオープンであることがアイランドキッチンの最大の特長です。

「いつもきれいにしておかないと」とプレッシャーに感じることもありますが、逆に「こんな見せ方はどうだろう?」と収納アイデアを考えて、リビングとのコーディネートを楽しむこともできます。開放感溢れるキッチンを上手に使って、イキイキとした毎日を送ってください

関連ページ
無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。