安心して飲めてコスパもいい「浄水器」って?

自宅でもおいしい水が飲みたい。 そう思っている人は多いようで、ウォーターサーバーが人気を集めています。ウォーターサーバーはレンタルで使うことができ、水自体も通信販売で購入できるので手軽に利用することができます。 また、日本全国や世界の名水が飲めることも大きなメリットと言えます。 しかし、おいしい水を飲む方法は何もウォーターサーバーだけではありません。新築あるいは住宅リフォーム時に「キッチン浄水器」の設置を検討する人々が急増しているのです。しかしながら、キッチン浄水器の構造やその仕組み、そしてメリットなど本質を突いたポイントを理解している人は意外に少ないのも事実。 そこでここでは、今話題のキッチン浄水器の全体像を詳しく紹介してみましょう。

1176views | 2016年12月29日更新

CONTENTS
  1. 家族全員が「安心して飲める水」を!
  2. 浄水器の仕組み
  3. キッチン浄水器のメリット
  4. 浄水器の注意点
  5. 浄水器の種類
  6. まとめ

家族全員が「安心して飲める水」を!

安心して飲める水とは 安心して飲める水とは

日本では1990年代後半くらいから「食の安全」が急速に叫ばれるようになりました。世間を震撼させた「O157中毒事件」や「ノロウイルスの蔓延」、そして相次ぐ「食品偽装事件」など、食品に関する話題がニュースにならない年はないというほどに実にさまざまな事件が起きています。特に赤ちゃんや小さな子供さんのいる家庭においては、もっとも気を配るのが「安心して飲める水」なのではないでしょうか?

このような時代背景によって、ペットボトルのミネラルウォーターが爆発的に売れ、さらに当初は企業用だった設置式のウォーターサーバータイプの交換用宅配ミネラルウォーターも一般家庭においてかなり普及してきています。土壌汚染や新型毒性ウィルスによって都市部では水道水を直接飲む家庭が極端に減少したことも大きな要因でしょう。

ただ、形式はどうであれ市販のミネラルウォーターを定期的に購入することに抵抗がある家庭では、住宅リフォームの機会にキッチン浄水器を取り付けることを強くおススメします。

浄水器の仕組み

不純物を取り除いてきれいな水に 不純物を取り除いてきれいな水に

キッチンの水道に設置するだけでいい浄水器。そもそも浄水器とは、どのような仕組みになっているのでしょうか? 水をおいしく、清潔にするという浄水器ですが、その目的は消毒に使われている次亜塩素酸やトリハロメタンなどの化合物を除去することです。

これによって、水はおいしくより清潔になります。 この化合物の除去には、一般的にフィルターと活性炭、逆浸透膜が使われています。


最初に水道から浄水器に水が流れてくると、フィルターによっておおまかなゴミが取り除かれます。フィルターの後には活性炭があります。活性炭の表面には微細な孔があって、そこで次亜塩素酸などを吸着します。

最後に水分子以外を通さない逆浸透膜に通すことで、細かなゴミなども全て取り除きます。 これが、浄水器によって水がおいしく清潔になる主な仕組みです。

キッチン浄水器のメリット

そんなキッチン浄水器の最大のメリットは、水道の蛇口をひねるだけできれいな水がそのまま飲めるという便利さにつきるでしょう。いちいちミネラルウォーターを購入する必要もないし、重い宅配ボトルを取り替える手間も不要です。その他メリットと言われるのは次のとおりです。

① ランニングコスト

浄水器とウォーターサーバーのコストを比べたとき、浄水器にはランニングコストが安いというメリットがあります。 浄水器の費用は、蛇口取付型の1万円程度から、ビルトインタイプの10万円程度まで様々です。

しかし、設置してしまえばランニングコストは3カ月~1年の定期的なカートリッジ交換だけで済むため、年間3万円程度です。 ウォーターサーバーの場合はメーカーによっても異なりますが、電気代と水の購入費だけでも年間6万円程度かかることになります。

そのため、長期的な利用なら浄水器のほうが費用を抑えることができます。

②設置スペース

設置スペースを比較すると、浄水器のほうが断然省スペースです。 浄水器には様々な種類がありますが、キッチンの蛇口に取り付けるタイプはスペースを全く取りませんし、ビルトインタイプも元々も浄水器込みでキッチンが設計されています。
据え置きタイプはある程度キッチン上にスペースが必要ですが、邪魔になるほどではありません。

ウォーターサーバーはどこにでも置けるのはメリットではありますが、その分設置スペースをとりますし、水を保管するためのスペースも必要です。

浄水器の注意点

前述のように、浄水器にはいくつかのメリットもありますが、逆に気をつけなければいけないこともあります。浄水器を通した水は、様々な化合物を取り除きます。カルキ臭の原因となる次亜塩素酸もその中のひとつです。

hogeのalt

しかし、この次亜塩素酸は雑菌の繁殖を抑える効果があるため、浄水器を通した水は保存性が悪くなってしまいます。汲み置きには十分注意しましょう。
また、定期的なカートリッジ交換を怠ると、不純物が浄水器内にたまって水質を悪化させてしまうことになります。 おいしく清潔な水を飲むためにも、カートリッジ交換は忘れないようにしましょう。

浄水器の種類

キッチンで使う浄水器には、ビルトインタイプの他にも「蛇口直轄型」があり、1990年台はこのタイプが家電量販店でよく売れていました。設置が簡単なので業者に頼む必要もなく、価格も1万円を切った製品から高くても2万円台と安価なのが特徴です。

しかしながら、カートリッジの寿命が短く頻繁に交換しなければならないのが大きなデメリットで、安価な製品は水道水のろ過性能に疑問符が付くものも少なくありません。

浄水器にはどのような種類があるのか見てみましょう。

■ 蛇口取付型

蛇口取付型は、蛇口の先に取り付けるだけのタイプです。 最も安価であり、後付も簡単なのでお手軽なタイプといえます。キッチン以外の場所でも取り付けやすいでしょう。

■ 据え置きタイプ

据え置きタイプは、キッチンの上に設置するタイプの浄水器です。 後付可能な浄水器ですが、蛇口取付型のように簡単に取り付けることはできず、費用も高いです。しかし、その分浄水効果は高いものです。

■ ビルトインタイプ

ビルトインタイプは、設計段階から組み込まれている浄水器です。 大型になることもありますが、シンク下に設置されるので邪魔になりませんし、設計段階で組み込まれているのでスペースの心配もありません。浄水効果も高いですが、設置費用は最も高くなります。

まとめ

キッチンの水をおいしく清潔にしてくれる浄水器。ウォーターサーバーとどちらを選ぶかは、その家の状況や好みによっても変わります。

ビルトイン式浄水器は専門業者による配管工事が必要となるため、工事費用のことを考えると、よほどのことでもない限り、リフォーム以外で単独購入する家庭は少ないだけに、リフォームを決断したまさにその時が設置する最大のチャンスといえるわけです。

幼い子供さんや高齢の家族のためだけでなく、敏感肌やアレルギー体質に悩む人がいる家庭には家族の健康のためにも設置がぜひとも必要といえるのではないでしょうか?

関連ページ
リフォームに関するご相談はお気軽にご連絡ください(入力簡単)無料の見積依頼・ご相談フォーム
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブルトルネード 348,000円(税込)

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。