無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

無料見積はこちら
商品代に工事費込
全国対応
リフォームサイトNo.1

カウンターキッチンにリフォームする人が増えているワケ!実例と費用相場はこちら!

モデルルームでもよく見る人気のカウンターキッチン。選ぶ人が増えているワケをリフォームの実例を参考にしながら見ていきましょう。

56views | 2021年09月14日更新

CONTENTS
  1. カウンターキッチンにリフォームする人が増えているワケ
  2. カウンターキッチンのリフォーム事例
  3. カウンターキッチンにリフォームの費用相場
  4. 家族構成・自宅のレイアウトに合うカウンターキッチンとは?
  5. カウンターキッチンにリフォームのまとめ

カウンターキッチンにリフォームする人が増えているワケ

カウンターキッチンとは?

カウンターキッチンとは、キッチンとダイニングルームの間に横長の台(カウンター)があるキッチンです。調理する側から、受け取る側への台として利用したり、インテリア小物を置いたりします。リビング・ダイニングとの間に仕切りやカウンターがまったくないフルオープンタイプと一部仕切られているセミオープンタイプがあります。

関連ページ:オープンキッチンとは?リフォームの費用は?キッチン種類の基本から学ぼう!

カウンターキッチンにリフォームする人が増えているワケ

リフォームする人が増えているワケをカウンターキッチンのメリットから考えてみましょう。

カウンターキッチンのメリット


カウンターキッチンには下記3つのメリットがあります。

 1.  部屋の様子が見渡せるので安心
 2.  配膳・後片付けがラク
 3.  リビング全体のデザイン性がアップ

1.  部屋の様子が見渡せるので安心
キッチンに立った時、正面にリビングを見渡せる設計は子どもや目が離せない家族がいる場合に部屋の様子を確認できるので安心です。カウンターキッチンの一番のメリットとして、選ぶ人が増えています。

2.  配膳・後片付けがラク
二つ目のメリットは、リビングにいる家族も準備や片付けに参加しやすい設計です。キッチン内に人が増えると狭くて動きにくいですが、カウンターを使ってリビング・ダイニング側から配膳・後片付けに参加できます。

3.  リビング全体のデザイン性がアップ
リビングと一体化したキッチンの設計は、リビング全体のイメージにも大きく関係します。カウンターのデザインを変えるだけでリビング全体のイメージも変わります。汚れが目立ちにくいカウンターのデザイン、水や油が飛び散っても気にならない材質を選ぶ楽しさも増しています。

カウンターキッチンのデメリット

人気のカウンターキッチンですが、デメリットも知っておきたいですね。

 1.  ニオイや煙が広がりやすい
 2.  余裕を持った間取りが必要
 3.  収納スペースが少ない

1.  ニオイや煙が広がりやすい
カウンターキッチンの調理中のニオイや煙の問題は、レンジフード(換気扇)で解消しましょう。以前は、調理中に発生するニオイや煙を外に出す換気扇だけの機能でしたが、レンジフードという大きなカバーがついたことで機能だけでなく、デザインのバリエーションも増えました。最新のレンジフード(換気扇)は、お手入れが簡単なものばかりです。また、ニオイが残りにくい壁紙にリフォームするのもおすすめです。

関連ページ:キッチンのレンジフード(換気扇)の購入や交換。選ぶときのポイントは?

キッチンの壁紙・クロス張り替え

2. 余裕を持ったスペースが必要
カウンターキッチンを設計する際、リビング・ダイニング全体にどのように配置するかがポイントです。それには余裕を持ったスペースが必要です。「気に入ったカウンターキッチンを置いたのに、リビングが狭くなった」なんて、後悔はしたくないですよね。家族がそろうリビングだからこそ、動きやすい通路を確保できるカウンターキッチンを選びましょう。

キッチンを探す

3. 収納スペースが少ない
壁などの仕切りがまったくないフルオープンのカウンターキッチンには吊り棚がありません。そのため、背面にキャビネットを置く、カウンターキッチン下に収納を付けるなどの収納機能を増やすレイアウトを考えましょう。キッチンをL型にすれば、キッチン下のスペースを収納として増やせます。フルオープンではなく、一部を壁で仕切ったカウンターキッチンなら、壁部分を収納として使えます。

カウンターキッチンのリフォーム事例

キッチンからのニオイ対策のため、レンジフード(換気扇)・壁紙を選んでリフォームした事例


 好みに合わせてアレンジできるリクシルのシエラに交換|東京都八王子市のお客様

リフォーム感想/抜粋:よごれんフードは、煙の中の油分を分離し、油だけを集めるオイルスマッシャー機構を採用。フード内部に油がほとんど浸入しないので、面倒だったファンやフードの内部のお手入れがいりません。

詳しくはこちら

家族の動きやすさを考えたカウンターキッチンリフォームの事例


 お祖母様が使っていたキッチンを、最新の対面式キッチンにリフォーム|大阪府藤井寺市のお客様

リフォーム感想/抜粋:憧れの対面キッチンと一目惚れしたウォルナットの扉カラーにリフォームしました。対面式ですので、ご家族とお話しながら調理することができます。広々したシンクと手をかざすと水が流れる水栓で、家族全員の洗いものもラクラク。

詳しくはこちら

収納を重視したカウンターキッチンリフォームの事例


 収納たっぷりのナチュラルウッドで優しい雰囲気のキッチン|埼玉県久喜市のお客様

リフォーム感想/抜粋:L型キッチンのため広々なワークトップ空間ができました。足元にもけこみ収納があるのでたっぷりとした収納で物があふれにくくなりました。

詳しくはこちら

 明るく使いやすく収納たっぷりの白い木目調のキッチンラクエラ|愛媛県宇和島市のお客様

リフォーム感想/抜粋:収納はすべてスライド式になり、食器の出し入れがしやすくなりました。下までたっぷりと収納できるのは嬉しいポイントですね。

詳しくはこちら

カウンターキッチンにリフォームの費用相場

キッチンリフォームの費用には、キッチンの本体価格、設置費用、周辺工事費用などが必要です。カウンターキッチンへのリフォーム費用は実際にいくらかかるのかみていきましょう。

キッチン本体のみをリフォームする場合

キッチン本体のみをリフォームする場合でも、費用はキッチンの本体価格、設置費用、周辺工事費用などが必要です。リノコでは3割のお客様が50~70万円の価格帯でのリフォームを選ばれています。

関連ページ:キッチンリフォームの費用相場をチェック!価格帯別リフォーム事例をご紹介

レンジフード(換気扇)、収納、床材、壁紙などキッチン周辺もリフォームする場合

カウンターキッチンのデメリットを解消するため、ニオイ対策、収納対策をリフォームに加えた場合の費用も考えておきましょう。単純に上乗せされるわけではなく、ご家庭により取り付けが必要なもの、不必要なものを選ぶことで費用が抑えられる場合もあります。

関連ページ:キッチンのレンジフード(換気扇)の購入や交換。選ぶときのポイントは?

キッチンの壁紙・クロス張り替え

壁掛けキッチンからカウンターキッチンへリフォームする場合

壁掛けキッチンから対面型キッチンへリフォームする場合、キッチン本体価格に加え、間取りや配管の変更など改装費用が必要なため、費用が20~30万円程度上乗せされると考えましょう。

家族構成・自宅のレイアウトに合うカウンターキッチンとは?

カウンターキッチンを最大限に活かすポイントは、リビングでの家族の動線を考えることです。お子様中心の動きやすいスペース、夫婦ふたりのコンパクトな設計、親子二世代が過ごしやすいレイアウトなど、さまざまに変化する家族の形を見据えながら、ぴったりのカウンターキッチンとリビング・ダイニングをイメージしましょう。

リビングの縦幅が狭くても大丈夫!コンパクトなダイニングテーブルをカウンター横に置く

リビングの縦幅が狭いときは、コンパクトサイズのテーブルを選びましょう。ダイニングテーブルをカウンターの下に付ければ、準備・後片付けもより簡単になります。2~3人のご家族におすすめです。

リビングの横幅が狭くても大丈夫!L型カウンターキッチンを設置する

リビングの横幅が狭いときは、L型のカウンターキッチンを検討してみましょう。リビングの様子がわかる設計も取り入れつつ、壁を向いたキッチンの上に収納を付ければ、カウンターキッチンのデメリットである収納不足も解消できます。

カウンターキッチンでも収納はたっぷり欲しい!同じ材質の吊り下げ収納と背面収納でまとまりのあるリビングに

リビング・ダイニングとの仕切りがまったくないフルオープンのカウンターキッチンでも収納は作ることができます。天井からの吊り下げ収納とダイニングの背面を利用した収納です。キッチン・ダイニングテーブル・収納にすべて同じ材質を使えば、まとまった印象で圧迫感がありません。

家族が集まれるリビングに!時間帯に合わせて動かせるカウンターテーブルが使いやすい

お母さんの料理中に小さなお子様は床でボードゲーム、お父さんは仕事の下調べ。家族が集まるリビングといっても、やっていることはバラバラ。よくある光景ですね。そんなご家族には、動かせるカウンターテーブルをおすすめします。

カウンターテーブルとは、キッチンとリビング・ダイニングとの間における細長いテーブルです。

ダイニングテーブルよりも動かしやすくコンパクトなため、リビングのどこに置いても邪魔になりません。食事スペースとして使わない場合は、リビングの端に移動させておけば、リビングを広く使えます。世代の違う家族4人以上におすすめです。

カウンターキッチンにリフォームのまとめ

カウンターキッチンにリフォームする人が増えているワケ

カウンターキッチンのデメリットもキッチン周辺の設備の選び方次第で解消できることがわかりました。リビング・ダイニングが見渡せる設計、準備・後片付けがラク、リビング全体のデザイン性のメリットを重視して選ぶ人が増えている理由ですね。

費用

キッチン本体のみのリフォームであれば、50万円~70万円を約3割のリノコユーザーが選んでいます。壁掛けキッチンからカウンターキッチンへのリフォームは、基本価格から20万円~30万円が上乗せされます。加えて、床材・壁紙・収納などキッチン周辺のリフォームまで加えると費用は増えますが、サイズ・機能など必要かどうかしっかり吟味し、選ぶことで費用軽減できます。

レイアウトのポイント

カウンターキッチンのレイアウトのポイントは、ダイニングテーブルです。家族の人数、構成によりダイニングテーブルの大きさ・場所をどのように配置するかで、ムダのないレイアウトを作ることができます。動かしやすいテーブルとして、カウンターテーブルもおすすめです。

まとめ

カウンターキッチンのデメリットは周辺設備やレイアウトにより解消できることがわかりました。つまり、カウンターキッチンはどんなリビング・ダイニングにも合わせられる優秀なキッチンですね。人気のワケはそこにありました。ぜひ、ご家庭のリビングを家族が集まる心地よいスペースに作り変えてみてください。カウンターキッチンリフォームのご相談は、お気軽にリノコまで。

見積依頼・ご相談フォーム リノコなら最大5社の見積りを簡単比較
関連ページ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。