クロス(壁紙)
クロス(壁紙)

リノコのクロス(壁紙)リフォームコラム

クロス(壁紙)リフォームに関する豆知識が満載!

クロス
(壁紙)

室内のペット臭の原因はクロスにもあった!

2014.11.24

室内のペット臭の原因はクロスにもあった!

犬や猫などのペットは、日常生活をより豊かにするために必要不可欠な存在です。 ペットの愛らしい仕草や佇まいは、私達の心を和ませ、リラックスさせてくれます。
しかし、ペットを飼うことによって、様々な問題を引き起こしてしまうこともあるのも事実です。中でもペットの臭いは厄介な問題だといえるでしょう。 ペットの体から発せられる独特の臭いは、人間にとって不快な臭いでもあります。かつては外で飼うものという考えが一般的でしたが、最近では小型犬などの小さなペットの普及もあり、室内でペットを飼うご家庭も増えています。そのため、ペットを飼う場合は消臭に関してしっかりと対策を考える必要があるのです。

なぜ臭いが溜まるのか?

なぜ臭いが溜まるのか?

室内でペットを飼うと、臭いがどんどんと溜まってしまいます。
定期的に換気を行えば臭いを除去することができますが、長年ペットを飼っていると、換気しても室内の臭いが取れないという問題が発生します。ペットの臭いのもとは、室内の様々なものに染み込み、一度染み込んだ臭いは簡単には取れません。そのため、ペットを室内で飼うと、いつまでもペット臭が残ったままになるのです。賃貸で家を借りている方は、これが原因でペットを飼うのを諦めている方が大勢います。

クロスに染み付くペットの臭い

ペットの臭いは室内のクロスや壁、フローリングなど、様々なものに染みこんでいきます。
クロスやフローリングなどの場所は、室内で一番大きな面積を占めているので、これらの場所に臭いが染み付いてしまうと、全面リフォームしなければ、臭いを除去することはできないのです。そのため、賃貸マンションなどの室内でペットを飼いたいと検討中の方は、どのようにクロスに染み付く臭いを消臭するのかということを考えなければなりません。

臭いの成分は?

ペットの臭いを除去する方法を考える前に、ペットの臭いの発生源や成分は何なのかを把握しておきましょう。臭いの成分が何なのかを理解しておくことで、それに合わせて解決法や対策を練ることができます。
ペットの臭いの発生源となっているのは、ペットの汗やオシッコに含まれるアンモニアです。
そのほか、酢酸、ホルムアルデヒド、トリメチルアミンなどを臭いの成分としてあげることができます。室内のペット臭を効果的に除去するには、これらの成分を分解する消臭対策が必要です。すべて水洗いできれば、臭いの元を洗い流すことができますが、クロスやフローリングを丸々水洗いすることはできません。そのため、臭いの成分を分解する消臭剤を使うのが一番適切です。

臭いの原因を分解する、消臭剤

臭いの原因を分解する、消臭剤

ペットの臭いの原因となっているアンモニアや酢酸、ホルムアルデヒド、トリメチルアミンを分解するには、クエン酸や強酸性水などが含まれている消臭剤を使うとよいでしょう。また、消臭効果の高い緑茶エキスなどが含まれているものも効果的です。 臭いの原因を水蒸気にかえる、オゾン消臭効果のある消臭剤を使うのもいいでしょう。消臭剤のタイプとしては、手軽に使えて、様々なものに吹きかけることができるスプレータイプがオススメです。部屋全体に消臭スプレーをすることで、ペットの臭いがクロスなどに染み付く前に分解することができます。
一方で消臭スプレーを選ぶときは、成分の刺激が強いものは避けるべきだといえます。
犬や猫などのペットは、室内の様々なものを舐めたり口入れたりするので、ペットの体内に入っても健康被害を及ぼさないものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

ペットを飼う上で、クロスやフローリングなど室内に染み付く臭い対策は絶対に考えなければならないことです。特に、賃貸住宅でペットの購入をお考えの方は、万全の消臭対策でペットとの快適な生活を実現させましょう。

クロスの見積りをシミュレーションする!専門知識は不要!お部屋の広さを選ぶだけのカンタン操作!

クロス(壁紙)の他の記事はこちらコラムトップに戻る

他のリフォーム記事はこちら

  • クロス(壁紙)
  • 床
  • キッチン
  • お風呂・浴室
  • トイレ
  • 洗面台
  • 建具
  • 窓・カーテン
  • ノウハウ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。