お風呂リフォームの費用相場を事例別に紹介

リフォーム、特に水回りのリフォームはかかる費用が高額な上に具体的な金額も事前にイメージすることが難しいです。
そのためなんとなく「リフォームしたいなぁ」と考えているのになかなか決断できない人も少なくありません。
このページではそんな人に向けてお風呂リフォームにかかる費用を実際の施工事例と共に紹介しています。

お風呂リフォームの費用相場分布

お風呂リフォームの費用相場分布

お風呂リフォームの費用区分は60万円以下が全体の3割、60~120万円が6割強、120万円以上が全体の1割弱といった結果になりました。

このことから古くなったお風呂を新しくするといったリフォームなら60~90万円、ある程度機能、デザイン性を重視したお風呂にするなら90~120万円、最新機能を盛り込んだり完全に自分好みのお風呂を作りたいなら120万円~程度の費用がかかると予測することが出来ます。
また、住宅のタイプによってもリフォーム費用に異なる傾向があります。

一戸建て住宅のお風呂リフォーム費用相場

一戸建て住宅でお風呂のリフォームを行うのに必要な費用は100~120万円が相場です。
一戸建て住宅では浴室が広くとられているため、浴槽サイズもそれに比例して大きくなります。 また、マンションに比べてリフォームの自由度が高いので様々な大規模な工事を行って様々なオプション機能を付けることが出来ます。
こういった理由から一戸建て住宅のリフォーム費用は高くなりがちですが、安価に抑えることももちろん可能なのでご安心ください。
一戸建て用のユニットバスの商品一覧はこちらでご探していただけます。

マンション住宅のお風呂リフォーム費用相場

マンションでお風呂のリフォームを行うのに必要な費用は80~100万円が相場です。
一戸建て住宅と比べてお風呂スペースが狭いことが多く、浴槽サイズも小さくなることから費用も抑えめです。
また、大規模な工事を伴うリフォームが難しいこともありますがマンションでも導入できる高機能なユニットバスが各社から発売されているため高級志向の方も安心してください。
マンション用のユニットバスの商品一覧はこちらで探していただけます。

リフォームの内容別に見る費用相場

お風呂のリフォームの費用は様々な要因によって決まります。
ここでは浴槽の大きさや素材といったそれぞれの要因からおおよその費用相場を解説します。
「私の家はこのぐらいのサイズでこの機能が欲しいから〇〇円ぐらいかな」
「〇〇円ぐらいを予算として考えているからサイズは今のままで素材と機能性にこだわろう」
といった判断を下す参考になればと思います。

浴槽の素材によって変わる費用

FRP

FRPは一般的によく使われる安価で良質な素材です。防水性に優れているため浴室を始めとした水場には最適です。
使用していて洗い落とせない汚れがついてしまった場合でも塗装をし直すことが可能なのでお手入れ費用を抑えることが出来ます。一般的な素材だけあって各メーカーから様々な製品が出ているのでお気に入りのものを見つけやすいのもメリットでしょう。
一方であまりにも広く使われすぎているため高級感あふれる浴室を作りたい人には不向きです。 浴槽本体価格は10万円台~30万円が一般的です。

人工大理石

FRPと同様に水回りに使われる素材です。
アクリルやポリエステルを使って大理石の高級感ある見た目を再現したもので、大理石よりも耐水性やカラーバリエーションに優れています。
比較的安価ですが、それを感じさせない高級感があるため人気の素材です。
デメリットとしては安価とはいってもFRPに比べれば数万円ほど高価になってしまうため、出来るだけ費用を抑えて機能を追求したい!という方には魅力的ではないかもしれません。

ホーロー

金属の表面にガラスをコーティングしたホーローは汚れや菌に強いので清掃がしやすいです。 ガラス特有の光沢があるため、人造大理石とは一味違った高級感を感じることが出来ます。
保温性が高くお湯が冷めにくいため浴槽には最適な素材です。
金属を使っているためサビが出たり、重量ゆえ2階への設置が不向きといったデメリットもあります。価格も人工大理石やFRPに比べると高額になります。
関連ページ:ホーローとは

檜(ひのき)

浴槽の素材としては最高級品の一つである檜。なんと言っても一番の特徴はその香りでしょう。
檜の香りにはリラックス効果があるため1日の疲れを癒やすバスルームには最適です。 お手入れが大変なイメージがありますが近年はコーティング技術が進化しており入浴後に軽く水洗いしてしっかりと換気を行えばカビや黒ずみも発生しにくいです。
かかる費用ですがやはり他の素材に比べると高く、数十万円~数百万円の物まで様々です。

浴室のサイズとグレートで変わる費用

浴室のサイズ

浴室のサイズが大きくなればなるほどかかる費用も大きくなります。
たとえばリノコで一番人気のTOTOサザナの場合ですと

浴室サイズ 費用
1216(0.75坪) 588,000円
1317(0.75坪) 653,000円
1616(1坪) 688,000円

ユニットバスのサイズの測り方については「ユニットバスとは?おすすめサイズや寸法の選び方」を
ユニットバスのサイズについてより詳しくは「ユニットバスの大きさは?」をご覧ください。

浴室のグレード

ユニットバスには大きく分けて3つのグレードが存在します。
呼び名は様々ですが、リノコでは順に
・シンプル
・スタンダート
・ハイグレード
としています。Panasonicの製品を例にそれぞれのグレードを紹介すると

グレード シンプル
商品名 FZ
1216サイズの価格 603,000円
特徴 浴槽やシャワーなどの基本的な機能のみ備え付けられており、オプションで様々な機能を付けることが可能。
グレード スタンダート
商品名 オフローラ
1216サイズの価格 668,000円
特徴 お掃除が簡単な素材で作られたスゴピカ浴槽であるなどシンプルモデルより使いやすく設計されています。
オプションによる機能の追加も可能です。
グレード ハイグレード
商品名 Lクラス バスルーム
1216サイズの価格 1,288,000円
特徴 スタンダードモデルの機能に加えてオプションとして床断熱、ミクロの泡風呂といった機能を付けることが出来ます。

在来工法とユニットバス

お風呂には大きく分けて2つの種類があります。
一つは在来工法(在来浴室)と呼ばれるものでいわゆるオーダーメイドの浴室です。浴槽を始めとしてシャワーや窓の位置、床の素材や壁のデザインに至るまですべて自分好みに注文して作り上げます。
檜風呂を使ったガラス張りの浴室を作りたい!などこだわりある人に向いていますがその分かかる費用も高額になる傾向があります。

もう一つがユニットバスです。
ユニットバスの特徴は工場で生産されたパーツを現場で組み立てるため工事が短く、費用も安価で済む点です。
そのため「自分だけのデザインでお風呂を作りたい」ということは難しいですが細かいパーツやオプション機能でカスタマイズすることが出来ます。

ユニットバスへのリフォーム

在来浴室からでもユニットバスからでもユニットバスへのリフォームは比較的に安価に行なえます。
とはいえ、素材や機能にこだわればこだわるほど費用はかかるため内容によっては在来浴室の方がやすくなることもあります。
特に浴槽サイズを現状より大きくしようとすると壁を壊すなど工事が大掛かりになるのでその分工期も費用もかかります。

在来浴室へのリフォーム

在来浴室へのリフォームは比較的高価になる傾向があります。
先程も説明したように在来工法では一つ一つのパーツをオーダーメイドで注文するためその分手間がかかり、工賃や費用がかさみます。
また、一度在来浴室へとリフォームすると再度ユニットバスへ戻したくなったときなどに高額な費用がかかってしまいます。

オプション機能を付けるのにかかる費用

お風呂のリフォームを行う際にはオプション機能をつけることでより快適で便利な空間にすることが出来ます。
各メーカごとに様々なオプションが有るため一概には言えませんがおおよその目安は以下のようになります。

オプション機能 費用相場
浴室テレビ 10~15万円
浴室暖房乾燥 10~20万円
浴室床暖房 10~15万円
給湯器の取り替え 10~30万円
マイクロバブルトルネード 298,000円
ジェットバス機能の追加 要相談

紹介した金額はあくまで目安なので実際にオプション機能として組み込む場合は事前に相談し、費用を確認させてもらいましょう。

お風呂リフォームの工期について

お風呂をリフォームするのにかかる工期はどれくらいか

お風呂のリフォームにかかる工期は
・テレビの取り付けや扉の交換などの部分的なリフォーム・・・1日
・ユニットバスからユニットバスへのリフォーム・・・3~4日
・お風呂場を広げるなどの大規模なリフォーム・・・5日~
が一つの目安です。
同じ工事でも施工店や季節によって変わってくるので実際にリフォームを行う際には事前に工程表を確認させてもらいましょう。
工程表を確認させてもらうことで工事が予定通りに進んでいるか、遅れているとしたら何日ぐらい余計に掛かりそうかを知ることが出来ます。

お風呂に入れない期間の対策

お風呂のリフォームを行っている間は当然ながら家のお風呂を利用することは出来ません。その間の対策ですが工期によっても変わってきます。2、3日で済むのであればタオルで体を拭いたり、キッチンなどの場所を洗面台替わりに使い我慢できなくなったら銭湯を利用するなどで過ごせます。
しかし、工期が一週間以上かかるような大規模な工事で銭湯が近くに無いような場合は施工業者に頼んで簡易のシャワーを用意してもらう必要があります。
業者にもよりますが簡易シャワーのリースには数万円必要なのでその費用も予算に組み込んでおきましょう。

費用帯別のリフォーム事例

60万円未満でのリフォーム事例

古くなったお風呂をシンプルなユニットバスへリフォーム
リフォーム費用 598,900円
かかった工期 2日
住宅の種類 マンション
築年数 30年

TOTOのマンションタイプユニットバスWHシリーズへの交換です。
シンプルな機能のユニットバスですが汚れのつきにくい壁や乾きやすい床など使いやすさは抜群です。

詳しくはこちら
両親へお風呂リフォームのプレゼント
リフォーム費用 568,000円
かかった工期 4日
住宅の種類 戸建て
築年数 40年

40年間使い続けている実家のお風呂をリフォームしたいというご依頼です。
高齢になるご両親様のためにお手入れのしやすさはもちろん滑りにくい床など安全面に配慮したリフォームをさせていただきました。

詳しくはこちら
暖房付きの暖かいお風呂へリフォーム
リフォーム費用 568,000円
かかった工期 9日
住宅の種類 戸建て
築年数 20年

冬のお風呂が寒く、入浴が億劫なのでどうにかして欲しいというご依頼です。
在来浴室からユニットバスへリフォームへのリフォームだったので同時に浴室暖房乾燥機、手すりなどをオプションで追加しました。
寒い日でも暖かく、ご両親も安全に入って頂けるお風呂になりました。

詳しくはこちら

予算60万円~120万円のリフォーム事例と工期の目安

最後まで暖かいお風呂にリフォーム
リフォーム費用 769,000円
かかった工期 12日
住宅の種類 戸建て

保温効果のある浴槽と冷たくならない床で家族みんなが暖かく入れるお風呂へとリフォームしました。
また、水流に空気を含ませるレインO2シャワーを採用することで節水効果も期待できます。

詳しくはこちら
ナチュラルな雰囲気のお風呂へリフォーム
リフォーム費用 930,000円
かかった工期 2日
住宅の種類 戸建て

在来浴室からユニットバスへのリフォームです。
壁の一面のみにグリーンの柄を置くことでよいアクセントになっていますね。
また床も木目調にすることで浴室全体がナチュラルな雰囲気に包まれています。

詳しくはこちら
ゆったりした広いお風呂へとリフォーム
リフォーム費用 948,000円
かかった工期 27日
住宅の種類 戸建て
築年数 20年

とても広い浴室だったのですがスペースが余ってしまっているように見受けられました。
そこで浴槽のサイズを大きくし、思い切り手足を伸ばせるようにして壁一面に窓を付けることで開放感ある浴室へとリフォームいたしました。

詳しくはこちら

メーカー別お風呂の特徴と口コミ

実際にリノコでお風呂のリフォームされたお客様の口コミをメーカー別に紹介します。
メーカーごとの口コミ一覧は「ユニットバスの口コミ・評判」からご覧いただけます。

LIXIL

LIXILのユニットバスの特徴は浴室が汚れにくいことです。
渦を巻くような水の流れでゴミをまとめ、片手で捨てられるように設計されたくるりんポイ排水口。
汚れの元になる油分を弾くようにコーティングされたキレイサーモフロア、汚れにくい鏡などとにかくお手入れしやすい浴室となっています。
お風呂のお掃除にかかる手間で悩んでおられる方はLIXILのユニットバスへのリフォームを考えてはいかがでしょうか。

LIXIL アライズ
価格 558,000円~
主人の帰りが仕事でいつも遅いため、どうしたらあたたかいお風呂を用意してあげられるのか、ということについて考えていました。
追い焚きするにも、毎日するようでは費用もばかにならない…。そこで保温効果のある浴槽にリフォームすることを思いつきました。
4時間後でも2.5度しかお湯の温度が下がらないサーモバスS機能のついているアライズなら、追い焚きせずとも主人を暖かいお風呂に入れたあげられると思い、リフォームをしました。
値段も他の商品と比べてワンランクお手ごろでした。壁のカラーもアースカラーのものが多く、落ち着いた気分で入浴できそうです。
このお風呂の口コミをもっと見る
LIXIL スパージュ
価格 920,000円~
一流の高級ホテルのような浴室を目指してリフォームすることにしました。
以前宿泊した高級ホテルの設備にあった天井から降ってくるシャワーのようなものをつけたいと思っていたので、オーバーヘッドシャワーのついているスパージュに決めました。
出入り口の低い段差、つかみやすい浴槽のフチ、腰掛けられる保温フタ、座って髪を洗えるカウンター…といった具合に、使い勝手に関しての導線がしっかり計算してあるのに驚きでした。
このお風呂の口コミをもっと見る

Panasonic

Panasonicのユニットバスの特徴は機能が豊富なことです。
小さな泡で体を効率よく温める「酸素美泡湯」やキズがつきにくい「スゴピカ浴槽」などです。
床暖房機能を標準装備しているモデルもあるので機能的なお風呂でリフレッシュしたい方にオススメです。

Panasonic FZ
価格 603,000円~
嫁がエスライン浴槽に変わってから毎日半身浴を嗜んでいるようです。これまでは浴槽のお湯の量をわざわざ減らしたりするなどしていたのですが、浴槽内ベンチのおかげでそんなことをする必要がなくなったそうです。
「リフォームしてからは気兼ねなく半身浴ができて嬉しい。欲を言えば壁柄のグレーランダムライン柄が横じまではなくて縦じまだったら半身タイガースなのにね」、と言っていましたがちょっとよくわかりませんでした。追い焚きが減って光熱費削減できて旦那は満足です。
このお風呂の口コミをもっと見る
Panasonic オフローラ
価格 668,000円~
オフローラにリフォームしました。当初は羽根を外して水洗いできる換気扇、「ファンタッチ」が一番のお目当てだったのですが、オフローラには使って初めて実感する、気の利いた機能が揃っていることに気づきました。

今の一番のお気に入りは、「新W節水シャワー」。ワンタッチで吐水を一時停止もできるボタンが、非常に便利。いままでのように「いったんとめて、またもとの位置に戻す」という面倒な作業がなくなりました。
また、「スミピカフロア」は表面の小さなざらつきで水溜りができず、従来のタイルより早く乾きます。痒いところに手が届く機能が揃ってます。
このお風呂の口コミをもっと見る
Panasonic Lクラスバスルーム
価格 1,288,000円~
リフォームにあたり、水周りは女性にと妻に任せたらこちらのお風呂が気に入ったとのこと。でも、私は普通に温かいお風呂に入れればそれでいいと思っていたのですが妻に任せると言った手前口出しできずこちらのバスルームに決まりました。

あの時、口出ししなくてよかったと思っています。遅く帰ってもお湯炊きせずすぐに温かいお湯に浸かれるのは有り難いですし、妻が気に入っている酸素美泡湯もこっそり使ったりして、楽しんでいます。
妻は夜中冷えて目が覚める質だったのですがそれがなくなったと喜んでいます。お風呂掃除は私の担当なのですが、少しサボっても汚れがつきにくく、掃除もしやすいです。
このお風呂の口コミをもっと見る

TOTO

TOTOのユニットバスは床の内側に断熱クッションを入れた「ほっカラリ床」が人気の機能です。
従来の製品に比べ最大48%の節水効果がある「エアインシャワー」など省エネもばっちりです。

TOTO サザナ
価格 588,000円~
こんなにお安くていいのでしょうかね。予定していたよりもかなり金額が抑えられました。
落ち着きのあるクールな空間にしたかったのでこれになってからはたまに寝てしまうことも増えました(笑)それだけ安心して入っていられるということです。この曲線が美しいと思い、クレイドル浴槽にしました。人工大理石になったので掃除もしやすく、汚れを寄せ付けません。それに見た目も美しいのでこれを見た友人が私もこれにすると言っていました。
TOTOはトイレだけのイメージが強かったのですが、水回り全般が優秀なんですね!
このお風呂の口コミをもっと見る
TOTO シンラ
価格 998,000円~
このカタログに載っていた女性らしいお風呂というのに一目惚れしてしまい、そっくりそのまますべてこのプランどおりにしてもらいました。

光に反射した陰影の壁、プリーツホワイトが柔らかさと美しさを表現していて1番のお気にいりです。それに汚れが全然つかないんです。
水はけもいいし、これならカビも生えにくくて今後の手入れにも期待できます。グレード高い理由がわかります。特に女性は髪の毛が長い人が多いのでこの排水口に付いている髪を絡めとってくれるのはありがたいです。
このお風呂の口コミをもっと見る

お風呂をDIYでリフォームするには

お風呂をDIYでリフォーム出来たら費用を抑えることが出来るのでは?と考えている方もいらっしゃるかもしれません。
確かに業者へと依頼するより費用は安く済むかもしれませんが、水回りのリフォームを素人が行うと取り返しのつかない失敗につながることがあります。
そこで、DIYリフォームで出来る事と出来ない事を整理してご紹介します。

DIYで出来るリフォーム

お風呂DIYで出来るのは浴室の壁にシールを張ってイメージを変えたり、棚を自作して収納スペースを追加するなどです。要するに浴槽やシャワーに触らない範囲であればDIYでなんとか行うことが出来ます。
収納を棚や仕切りで区切れば使いやすくなり、お風呂の壁に自分好みのデザインシールを貼れば毎日のお風呂が楽しみになるでしょう。
しかし、お風呂が寒かったりシャワーの水圧が弱い、浴槽が壊れているといったトラブルはDIYではどうにも出来ません。

DIYで出来ないリフォーム

DIYで出来ない、というよりするべきではないお風呂リフォームは水道や電気周りを直接いじる必要があるようなものです。
例えば浴槽をまるごと交換したり、ジェットバス機能をつけたりといった内容です。これらの作業は水道管や電線を触る必要があるため少しミスをすればもとに戻せないような失敗につながるばかりか、怪我をする恐れさえあります。
なのでこれらの作業を考えているならば必ずプロの業者に依頼をしましょう。

    • 無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。