無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

無料見積はこちら
商品代に工事費込
全国対応
リフォームサイトNo.1

節水できるトイレにリフォーム!水道代はどれだけ安くなる?徹底検証!

トイレで水道代が節約できる!?おうち時間が増えた今、リフォームの需要が伸びているトイレリフォーム。その理由とメリット・デメリットをご紹介します。リフォームのプロであるリノコが失敗しないトイレリフォームを教えます。

2021年11月16日更新

CONTENTS
  1. 節水トイレのリフォームが増えている理由
  2. 節水トイレのリフォーム事例
  3. リノコがおすすめする節水トイレ
  4. 節水トイレの特徴とメリット・デメリット
  5. まとめ

節水トイレのリフォームが増えている理由

在宅ワークの増加などで家族が自宅で過ごす時間増えたという方も多いのではないでしょうか。そのため、家計の水道代も増えています。トイレのリフォームを検討する人の多くは、「水道代を抑えたい」と言います。この記事では、水道代を節約できる「節水トイレ」をご紹介します。

実際に節水トイレを選んだリノコユーザー事例から、なぜ選んだのか、メリットの考え方やデメリットをどのように解消したのか見ていきましょう。

トイレリフォームで水道代は、年間約14,000円安くなる

従来のトイレでは、1回あたり約13Lの水が流れていました。節水トイレは約4~6Lほどしか流れません。

たとえば、TOTOピュアレストEXという節水トイレは、30年前の同社製品よりも年間約14,200円の節水、20年前の製品よりも年間約4,200円の節水効果があります(TOTO公式サイト参照)仮に30年前のトイレから最新のトイレにリフォームすると10年間で約142,000円の節約効果となります。

掃除をラクにしたい

節水トイレは少ない水流でしっかり流せるように設計されています。そのため、便器に汚れがつきにくく、掃除もしやすい効果があります。掃除の回数が減れば、掃除に使っていた水道代も抑えられますね。最新型のトイレは、掃除がラクになる機能が他にもついていますので、一緒に確認しておくと良いでしょう。

トイレのリフォームについてはこちらをご覧ください。

節水トイレのリフォーム事例

リノコのユーザーが実際に行ったリフォーム事例をみていきましょう。
※リフォーム費用は施工当時の価格です。現在とは異なる場合があります。

case.1


 高い節水性の快適トイレTOTOピュアレストQRに交換|東京都大田区のお客様

事例1

リフォーム内容 トイレ交換
トイレのクロス張り替え/床材張り替え
メーカー:商品 TOTO:ピュアレストQR
サンゲツ:SP-2839/サンゲツ:HM-15104
リフォーム費用 総額279,000円(税込)

詳しくはこちら

case.2


 節水しながらキレイにできるトイレ、NewアラウーノVに交換|東京都練馬区のお客様

事例2

リフォーム内容 トイレ交換
メーカー:商品 パナソニック:New アラウーノV
リフォーム費用 総額175,000円(税込)

詳しくはこちらトイレのリフォーム事例

リノコがおすすめする節水トイレ

リフォーム件数100万件突破のリノコがおすすめする節水トイレをご紹介します。

【TOTO】ピュアレストQR

ピュアレストQR

■ 進化した節水技術

1回あたり13L必要だった15年前の便器と比べて、大幅な節水を実現しました。毎日普通に使っているだけで、いつの間にか大きな節約効果があります。

■ トルネード洗浄

渦を巻くようなトルネード水流が、少ない水を有効に使って、しつこい汚れも効率よく洗浄。便器ボウル面をまんべんなく、しっかり洗います。

【TOTO】ピュアレストQRの口コミを見る

【リクシル】アメージュZ(フチレス)

アメージュZ(フチレス)

■ 強力洗浄の超節水トイレ

INAX独自の節水技術で、高い洗浄性能を維持しながら、超節水トイレを実現。ECO5では大8L便器に比べ約49%の節水、ECO6では約34%の節水を実現。普段通りに使うだけで簡単に節水できます。(LIXIL公式サイト参照)

■ 新品の白さが100年つづく

落ちにくい汚物汚れも、水を流すだけでツルンっと落ちます。リンク状の黒ずみや便器のくすみの原因となる水アカがこびりつかないから、いつも清潔、お掃除した後の輝きが違います。

【リクシル】アメージュZ(フチレス)の口コミを見る

【パナソニック】New アラウーノV

New アラウーノV

■ 3Dツイスター水流だから、少ない水でキレイに流せます

アラウーノVは<>少ない水でキレイに流せる3Dツイスター水流により、使用頻度の多い小洗浄をわずか約3.0リットルに抑えます。大洗浄でも4.6リットルを実現しています。約20秒の時間をかけてまんべんなく洗い、流れの方向を変えて一気に排水します。有機ガラス系を使ったスゴピカ素材ならではの形状が生み出した、お掃除がとても簡単な便器です。

■ フチ裏がない形状なので、奥まで指が届き、サッとひとふきできます

汚れがたまりやすかった便器のフチ裏をなくしました。水をはじく有機ガラス系のスゴピカ素材なので、汚れがつきにくく、ひとふきでキレイにできます。

【パナソニック】New アラウーノVの口コミを見る

節水トイレの特徴とメリット・デメリット

節水トイレには、節水効果以外にも期待できる効果があります。

節水トイレのメリット

節電できる

節水トイレには、節電機能も備えられています。特に冬場は暖房便座を常に付けているため電気代が気になりますが、便座の保温時間を設定できるボタンや温水シャワーの温度を下げる機能があれば、年間約4千円~7千円の節電効果が見込めます。節水、節電を合わせると、トイレにかかる費用を年間で約2万円前後節約することができます。

掃除しやすい

節水トイレの便器の形や素材は、少ない水でしっかり流せるように設計されています。水が流れやすいシンプルな形や、ツルっとした素材には、汚れが付きにくく、掃除もラクになったという声が多いです。

節水トイレのデメリット

詰まりやすい

節水トイレは、水流が少ないため詰まりやすいと言われています。他にも詰まってしまう場合は、配管・排水を把握せずにリフォームしてしまったケースです。節水トイレにリフォームするときは、自宅トイレの配管・排水の種類を事前にリフォーム会社と確認しましょう。

まとめ

節水トイレのリフォームが増えているワケ

おうち時間の増加により、家族のトイレ使用頻度が増えました。そのため、水道代の増加、掃除の手間が気になるご家庭からのトイレリフォームの需要は伸びています。年間あたりの水道代は、約14,000円ほどですが10年スパンで考えれば、約14万円と大きな金額になりますね。

トイレリフォームの注意点

トイレの配管・排水の種類により設置できるトイレが異なります。また節水トイレは水流が少ないため、詰まりやすいと言われています。詰まりやすいトイレにならないように事前にリフォーム会社との確認が必要です。

トイレリフォームのメリット

水道代だけでなく、掃除もラクになれば一石二鳥。トイレを気持ちよく使うためにも一度検討してみてはいかがでしょうか?

見積依頼・ご相談フォーム リノコなら最大5社の見積りを簡単比較
関連ページ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。

×