人造大理石とは

人造大理石は、大理石の高級な質感を持ちながらも、日常で使いやすく加工されている素材です。落ち着いた質の高さを感じさせる大理石は、古くから使用されている建材ですが、そのままでは扱いが難しいのです。人造大理石はどのようなものか、人工大理石との違いなどを説明します。

意味:人造大理石とは

人造大理石とは、砕いた大理石を樹脂などで固めて作った半人工素材の大理石のことです。大理石は、石灰岩が火山のマグマなどによって高熱を与えられて、その中に含まれる炭酸カルシウムが再結晶化したもので、その結晶によって独特の美しいマーブル模様が描き出されています。大理石は硬度が低くてやわらかい石のため加工しやすく、磨くとつやが出る見た目の良さもあいまって、建材として昔から使用されてきました。

しかし大理石には、吸水しやすいという特徴があり、水と一緒に汚れを吸い込んで落ちにくくなるというデメリットがあります。酸にも弱いので、使う場所を選びます。人造大理石は素材に使用する樹脂の種類や製作過程によって、このようなデメリットを小さくし、大理石よりも使い勝手をずっと良くしているのです。

人造大理石と人工大理石って何が違うの?

人造大理石とよく混同されるものに、人工大理石があります。人造大理石との違いは、原材料に天然素材が使われているかどうかです。

人工大理石には、天然の素材は一切使用されておらず、合成化学樹脂のみで製造されています。そのためデザインが豊富で加工も容易です。コストも安いのが特徴で、メンテナンスも簡単です。しかしまったく天然素材を使用していないので、見た目の高級感は天然のものに劣ります。人工大理石に使用される樹脂の種類は、大別するとアクリル系とポリエステル系があります。種類によってコストに差があり、安価な素材では傷がつきやすい・変色がしやすいといった傾向にあります。

人造大理石のメリット・デメリットとは?

人造大理石は天然素材と樹脂でできているので、見た目の美しさと扱いやすさの点で、大理石と人工大理石の良いところを併せ持ちます。そのため、大理石ではできないキッチンまわりやバスルームにも使用することができるようになっているのです。汚れも、付いてからすぐに拭き取れば跡が残らず、経年による変色や傷も、研磨することで元のきれいな状態に戻すことが可能です。

しかし、汚れたまま長時間放っておくと、さすがにこびりついた汚れを完全に落とすことは難しくなります。そのような跡や、研磨で対応できない大きな傷を直したい場合には補修が必要です。

また高熱に弱いので、キッチンのシンクに人造大理石を使用しているなら、熱いままのなべなどをじかに置くことはできません。自分のライフスタイルに合わせて使用する場所を選択すれば、デメリットを感じることは少ないでしょう。

無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブルトルネード

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。