フェンス・塀のリフォームの費用・相場

屋外で雨風や日差しに晒されるフェンスや塀のリフォーム理由は、劣化の修繕や防犯強化のためなどが挙げられます。このページでは、リフォームの費用相場や、失敗しないためのポイント、フェンスや塀の種類別のメリット・デメリットなどについて詳しく説明しています。

49views | 2019年09月20日更新

CONTENTS
  1. 塗装リフォーム
  2. フェンス・塀のリフォームで失敗しないためのポイント
  3. 種類別のメリット・デメリット

フェンスや塀は、劣化を修繕するリフォームや防犯強化のためのリフォームなどが挙げられます。フェンスや塀は、屋外で雨風や日差しに晒されるため耐久性が重要です。

DIYでセルフリフォームに挑戦する人もいますが、耐久性の面を考えると、プロにお任せするのがベターです。修繕範囲や規模によって費用を抑えることも可能なので、一度相談してみましょう。

フェンス・塀のリフォームのリフォーム費用例

フェンス、ブロック塀、レンガ塀、塗り壁など、家の外周を囲う外構の種類はさまざまです。種類によって施工内容が異なるため、作業にかかる費用も異なってきます。 外構づくりには、下地工事が必要です。現在の状況によって、下地づくりの作り替えが必要になるケースがあるので、見積もり時には自宅の状況を伝えて、見積もり内容をしっかり確認しましょう。

▼ブロック塀の設置(1坪程度の場合)

参考価格:10万円程度~

内訳は、ブロック塀3万円程度、コンクリート基礎工事費2万円程度~、解体撤去費用5万円程度。

▼フェンスの新設(家の周囲全体)

参考価格:60万円~100万円程度

アルミ製は1万円~15万円程度、装飾性の高い鋳物は2万円~30万円程度、化粧ブロックは積み上げ数で金額が変動します。選ぶフェンスの種類やグレードによって価格は異なります。 また、作業費1パーツあたり5000円前後~。基礎工事等は2mあたり3万円~4万円程度。解体撤去費用5万円程度~。

塗装リフォーム

塗装は雨水や日光によって劣化するため、5年に1回もしくは10年に1回の定期的な塗り直しが必要です。塗装は色の美しさを保つだけでなく、フェンスやブロック塀などの劣化を保護する役割も果たします。

ブロック塀塗装 2000円程度/㎡~
フェンス塗装  4000円程度/㎡~

フェンス・塀のリフォームで失敗しないためのポイント

フェンスや塀の外構は、敷地の境界を表す役割を持つと同時に、外からの視線を遮り、プライベート空間をつくる役割を果たしています。選ぶ種類によってメリット・デメリットがあるので、それぞれの特徴を理解して検討してください。
特に、防犯面には気を付けたいものです。デザイン性だけでなく、周辺環境にあわせて防犯性を考慮したプランをアドバイスしてくれる業者を頼りたいものです。フェンスとブロックを組み合わせた外構など、知識と経験が豊富なプロならではの提案をおこなってもらえるのが魅力です。 費用面ではリフォーム時にかかる費用だけでなく、完成後のメンテナンスや劣化によって発生するコストも鑑みて検討することをおすすめします。

種類別のメリット・デメリット

フェンス

●メリット:開放的なメッシュ型のフェンスや目隠しフェンスなど種類が多様です。アルミ製であれば錆びにくい。

●デメリット:強風で倒れる危険性があるため注意が必要です。

ブロック塀

●メリット:目隠し効果が高く、比較的安価なのが特徴です。

●デメリット:圧迫感があり、通気性が悪い。経年劣化でひび割れ等が発生したり、コケやカビなどが生えることも。地震時に崩れる恐れもあります。

レンガ塀

●メリット:目隠し効果が高く、デザイン性が高い。ひび割れや色あせなどの経年劣化が味わいになることも。

●デメリット:費用が高額になりがちです。ほかの外構に比べて作業期間が長いです。ブロック同様に地震時に崩れる恐れも。

無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。