洗面台
洗面台

リノコの洗面台リフォームコラム

洗面台リフォームに関する豆知識が満載!

洗面台

メイクがしやすい洗面台のポイントはここだった

2014.11.25

メイクがしやすい洗面台のポイントはここだった

化粧やメイクをする場所でお悩みの方は、意外と多いのではないでしょうか?
毎日ストレスなく化粧やメイクをするためには、環境を整える必要があります。

メイクや化粧に最適な場所とは?

メイクや化粧に最適な場所とは?

メイクを行う場所として、多くの方が洗面台を使っています。
洗面台には大きな鏡や化粧道具を置くための収納箱があるため、メイクスペースとして最適なのです。
しかし、洗面台をメイクスペースとして使い続けると、小物や収納箱の整理がしにくかったり、鏡が少し遠かったり、メイクがしにくい部分があることに気がつきます 。
洗面台をよりメイクがしやすいスペースにするには、ちょっとした工夫や改良が必要です。

メイクや化粧に適した洗面台

洗面台をストレスなく、メイクがしやすい場所として使うには、いくつかのポイントに気をつける必要があります。

■ 鏡との距離感
洗面台は、自分と鏡の間に水栓やボウルがあるので、アイラインを引くなど、細かい作業を行うときには、顔を鏡に近づけるか、手鏡を使う方が多いのではないでしょうか? 顔を鏡に近づけると、無理な体勢で化粧を行うことになりますし、手鏡だと両手が自由に使えません。より綺麗な化粧やメイクを行うには、洗面台のリフォームが必要です。
最近の洗面台では、顔の近くまで引き出せるミラーキャビネットがあり、無理な体勢にならず、両手を自由に使ってメイクを行えます。
■ タッチフリー水栓
ファンデーションなどで手が汚れた場合、手を差し出せばすぐに水が出るタッチフリーの水栓にしておけば、すぐに手を水で洗うことができます。細かい違いですが、このような部分を改良していけば、メイクスペースとして使いやすくなるのです。
■ メイクに最適な収納術
洗面台には、化粧品、化粧道具、コンタクト用品など様々な小物を収納する必要があります。
大きな引き出しにぎっちりと様々な小物を収納してしまうと、物を取るときにも物を元に戻すときにも不便です。小物収納や薄型収納を増やすことで、この問題を解決することができます。
■ ティッシュ置き場とゴミ箱
洗面台でメイクを行う上で、必要不可欠なのがゴミ箱とティッシュです。
ゴミ箱は足元に綺麗に収まるスペースを確保して、ティッシュは埋込み型にするなど、場所を取らないように注意しましょう。
■ 自然光と照明のバランス
洗面所には、適度な明るさが必要不可欠です。
薄暗い場所で、メイクを行うと、どうしてもメイクが濃くなってしまいます。
そのため、洗面所が北向きで暗い場合は、天窓やランマ窓を取り付けたり、明るい照明を設置するなどリフォームを施しましょう。照明を設置する場合には、より自然に近い色の高演色タイプが最適です。顔にまんべんなく光が当たるようにすれば、化粧ムラを失くすことができます。

メイクのための洗面台 ウツクシーズ

メイクのための洗面台 ウツクシーズ

これまでの洗面台は、メイクのためのスペースとしてではなく、洗顔などを中心として便利に使えるスペースとして設計されたものが基本でした。しかし、多くの女性がメイクスペースとして、洗面所を使っているため、最近ではメイクがしやすいよう設計された洗面台が販売されています。
それがパナソニックの「ウツクシーズ」と呼ばれている洗面台です。
ウツクシーズは、ツインラインLED照明やタッチレス水栓、すっきり家電収納など、ここまで紹介してきた、化粧やメイクに必要不可欠な要素を詰め込んだ洗面台で「美をつくる場所」として高い機能を持ちあわせています。
メイクスペースとしても使える洗面台をお探しの方は、是非ともウツクシーズの購入を検討してみてください。

まとめ

洗面台をよりメイクに特化したスペースにするには、照明、収納、タッチレス、鏡の位置などに気をつける必要があります。
これらのポイントに注意して、美をつくる場として洗面台の機能を高めましょう。

洗面台の見積りをシミュレーションする!専門知識は不要!好きな洗面台を選ぶだけのカンタン操作!

洗面台の他の記事はこちらコラムトップに戻る

他のリフォーム記事はこちら

  • クロス(壁紙)
  • 床
  • キッチン
  • お風呂・浴室
  • トイレ
  • 洗面台
  • 建具
  • 窓・カーテン
  • ノウハウ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。