お掃除が手軽になる今どきのユニットバスにリフォームしよう!

お風呂は毎日の心身の汚れを落としてくれ、疲れを癒してくれる空間です。 しかし、水分・石けんカスなどが飛び散り、細菌が繁殖しやすい適度な湿度・温度も持ち合わせているため、家の中で最も汚れやすい場所とも言われています。 そのため、お掃除が大きな負担となっている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、お風呂汚れの原因、対策から、お掃除が手軽になる今どきのユニットバス設備までご紹介させていただきたいと思います。

909views | 2016年11月28日更新

CONTENTS
  1. まずはお風呂4大汚れの原因・特徴を知ろう
  2. 汚れがつきにくいお風呂をつくる3つの対策
  3. 今どきのユニットバスにリフォームしてお掃除を手軽に
  4. まとめ

まずはお風呂4大汚れの原因・特徴を知ろう

お風呂の主な汚れは、水アカ、湯アカ、ピンク汚れ、カビです。
まずはそれぞれの汚れの、発生原因、特徴をご紹介したいと思います。

水滴跡のような白い水アカ

蛇口や鏡につきやすい水アカは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが蒸発した時に発生するカルシウムが、白く固形化したものです。 汚れのつき始めは落としやすいですが、長期間放置しておくと落ちにくい頑固な汚れとなってしまいます。

浴槽のザラザラは湯アカが原因

入浴時の新陳代謝によって剥がれやすくなった人間の角質が、湯アカの原因となります。そのため浴槽内の湯面の高さに汚れがつきやすいのが特徴です。湯アカが溜まってくると、浴槽の表面がぬるぬるとしてくるため、入浴感も大変悪くなってしまいます。

お風呂で一番目につきやすいピンク汚れ

床や排水口、シャワーラックなどいたるところに発生するにヌメヌメとしたピンク汚れ。このピンク汚れは微生物の集合体で、菌が増殖することによってぬめりが発生します。またこのピンク汚れは、カビなどに比べて増殖スピードが早いという特徴があり、お風呂場のお掃除を怠ると、すぐに発生します。

お風呂の頑固な汚れ代表カビ

温度・湿度が高く、栄養となる人のアカや、石鹸カスなどが豊富なお風呂は、カビが発生しやすい条件を備えた空間と言えます。 天井に潜む見えないカビが胞子をばらまき、増殖を繰り返しているため、目に見えるカビを掃除しても根絶しにくいのが特徴です。

汚れがつきにくいお風呂をつくる3つの対策

汚れがつきやすいお風呂ですが、事前に対策を行っておくことで、日々のお掃除が手軽になります。ここでは簡単にできるお風呂の汚れ対策を3つご紹介します。

お風呂から出る前は熱湯をかけて換気しよう!

お風呂から出る前に、浴室全体にシャワーで45℃度以上の熱湯をかけることでカビを死滅させることができます。そのあと換気扇を回し湿度を下げることで、カビの繁殖を抑えることができます。 また、熱湯をかけることで、お風呂の床に付いたシャンプーや石けん、皮脂なども洗い流されるので、床の汚れ防止にもつながります。

鏡についた水滴、石けんカスは拭き取る習慣を!

鏡の水滴を放置したままにしてしまうと、水分が蒸発し乾燥して輪染みの原因となり、曇ってしまいます。 また、石けんカスも乾燥するとこびりついて、汚れを取るのに強い洗剤や労力が必要になってきますので、毎回お風呂から出る前は、鏡を拭き取る習慣をつけましょう。

浴槽のお湯を抜いたらすぐに洗おう!

浴槽のお湯を抜いた後の汚れが乾いてしまうと、落としにくい頑固な汚れとなってしまいます。体から出た汚れはお湯の表面に浮いていますので、お湯を抜いた直後に水面のラインに洗剤をかけ、やわらかいスポンジで軽くなでるようにこすり汚れを落としましょう。

お風呂の汚れ対策には以上の3つの対策が効果的ですが、毎回の手間がかかってしまうため負担と感じる方も多いことでしょう。 そこで次項では、キレイを簡単に保つことができる、今どきのユニットバス設備をご紹介したいと思います。

今どきのユニットバスにリフォームしてお掃除を手軽に

近年各メーカーより、カビの発生を抑制する換気暖房乾燥機や、汚れがつきにくく曇りにくい鏡、汚れがつきにくいコーティングが施された床など、毎回のお掃除の手間が手軽になる今どきのユニットバス設備が、次々と登場していますので、その一部をご紹介しましょう。

パッキンを無くしたスッキリデザインで汚れにくい「キレイドア」

キレイドア(キレイユ/リクシル) キレイドア(キレイユ/リクシル)

キレイドアは、ホコリが溜まりやすかったドア下の換気口をなくし、ドアとドア枠の間に空気の通り道を作りました。さらに、カビの発生を抑えるために浴室側のパッキンもなくしてあり、お手入れが簡単なドアです。

くもりにくく、汚れもつきにくい 「うつくしミラー」

うつくしミラー(ビュート/トクラス) うつくしミラー(ビュート/トクラス)

うつくしミラーは、親水性の特殊コーティングを施してあるため、シャワーをかけるだけで、湯気によるくもりが取れてすっきりキレイ。さらに、水アカが付きにくく、鏡面に付着した、目には見えにくい皮脂汚れも、簡単に落とすことができます。

排水口のお掃除を簡単に美しく清潔に保つ「ささっとキレイ排水口」

ささっとキレイ排水口 (ココチーノNEW Lクラス/パナソニック) ささっとキレイ排水口 (ココチーノNEW Lクラス/パナソニック)

ささっとキレイ排水口は髪の毛が集まりやすく、捨てやすい形状のステンレス製ヘアキャッチャー。 表面のフッ素系特殊コーティングが汚れを防ぎ、約10年間効果が持続します。

汚れがつきにくくお手入れ簡単な人工大理石の「しっとりからり壁」

しっとりからり壁 (ビュート/トクラス) しっとりからり壁 (ビュート/トクラス)

人造大理石の「しっとりからり壁」は、表面が水をはじかず、水がなじみやすい素材のため、水がかかると薄く広がった状態で流れ、汚れがつきにくい壁です。また、水滴にならず薄く広がるため、乾きが早く水垢がつきにくいのも特徴です。 普段のお掃除はシャワーでサッと流すだけ。お掃除の手間を大幅に省きます。

「スゴく汚れにくい!」が長持ちする 「スゴピカ浴槽」

スゴピカ浴槽 (ココチーノNEW Lクラス/パナソニック) スゴピカ浴槽 (ココチーノNEW Lクラス/パナソニック)

すごピカ浴槽は、今までのFRP浴槽(ガラス繊維で強化したプラスチック浴槽)に比べ、表面の凹凸を約1/3に抑え、「はっ水・はつ油成分」を素材に練り込んでいるため、水や汚れをはじく高い防汚性能を備えています。また汚れがついた場合でも、軽い力でこするだけで汚れが落ちるため、お掃除もラクラクです。

カビの発生を抑制する「プラズマクラスター換気暖房乾燥機」

プラズマクラスター換気暖房乾燥機 (ビュート/トクラス) プラズマクラスター換気暖房乾燥機 (ビュート/トクラス)

プラズマクラスター換気暖房乾燥機は、浴室内に浮遊するしつこい汚れのもと「浮遊カビ菌」を、乾燥運転時にプラズマクラスターイオンを放出して分解・除去します。また、室内干しのイヤなニオイも分解し、浴室や衣類を清潔に乾燥させる機能もそなえています。

特殊な表面処理で汚れが落としやすい 「キレイサーモフロア」

キレイサーモフロア (キレイユ/リクシル) キレイサーモフロア (キレイユ/リクシル)

キレイサーモフロアは、撥油+親水機能を持った特殊な表面処理が施されているため、身体から出る皮脂汚れが固着しにくく、水を流すことで汚れが取れやすくなっています。また、従来の床に比べ、溝が広がり深さも浅いため、スポンジでこするだけで、溝の奥までキレイになります。

まとめ

お風呂の汚れ防止には汚れの原因を知り、日々の対策を行うことが重要です。しかし掃除では汚れが落ちないお風呂にお悩みの方や、毎回のお掃除が負担と感じられる方は、是非、お掃除が手軽になる今どきのユニットバスに、リフォームされることをご検討されてみてはいかがでしょうか。

リフォームに関するご相談はお気軽にご連絡ください(入力簡単)無料の見積依頼・ご相談フォーム
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブルトルネード 348,000円(税込)

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。