MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応

横架材とは

建物を建てるには、さまざまな部材が必要となります。在来工法の木造住宅では山から切り出した丸太を製材し、そこで得られる縦長で細い材木を組み合わせて用います。ここではそのような部材のひとつである「横架材」の意味と種類、さらに横架材間距離と階高の違いついて解説します。

意味:横架材とは

横架材のイメージ

横架材(おうかざい)とは、主に軸組構法に用いられる水平方向に架け渡される部材のことです。軸組構法で用いられる部材は、垂直材と水平材に大きく分けられます。

横架材は水平材の一種ですが、特に垂直材の上に直角に架け渡される状態で用いられるものを指します。構造部材としての横架材では、中央部付近の下側には耐力上支障が出るような欠込みをしないように建築基準法施行令によって定められています。その理由は、曲げを負担する部材の中央部に欠損があると、そこで破断してしまう可能性があるためです。

横架材の種類は?

建築基準法では、建築物の構造上重要な役割を果たしている部分が「主要構造部」と定義され、そこに使われる材料は「主要構造材」と呼ばれています。

梁(はり)は主要構造材としての横架材です。その他の主な横架材は、桁(けた)、棟木(むなぎ)、母屋(もや)、胴差(どうさし)などです。布基礎の上などに置かれる土台(どだい)は、水平材ですが架け渡されていないので横架材にはいれません。

横架材間距離と階高との違い

在来木造2階建ての場合、垂直方向の材料配置は次のようになります。

まず、地盤面に「基礎」が立ち上がります。その基礎の上に水平な「土台」が乗り、垂直な「柱」が立ちます。隅角部では「通し柱」が「軒桁」まで伸びますが、それ以外の柱は通し柱をつなぐ「胴差」で止まります。胴差は2階部分の土台ともいえる横架材です。胴差の上に2階部分の柱が立ち、軒桁で止まります。

軒桁の上には「小屋組」が乗って、さらにその上に屋根が葺かれます。「横架材間の垂直距離」とは柱の太さの算定に用いる寸法のことで、建築確認申請の際に要求されます。上記の例で言えば、1階の横架材間の垂直距離は「土台上端から胴差下端」まで、2階は「胴差上端から軒桁下端」までとなります。

「階高」というのは、上下階のフロアー間の垂直距離のことです。上記の例で言えば、1階の階高は「1階の床面から2階の床面まで」の距離、2階の階高は「2階の床面から軒桁上端まで」の距離となります。この場合、「床面」を構造床と仕上床のどちらにするかは仕様によりますが、図面上で統一する必要があります。

関連リフォーム用語

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

ぴったリフォーム オリジナル壁紙・クロス リンナイ乾太くん リノバス誕生 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter