MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

無料見積はこちら
商品代に工事費込
全国対応
リフォームサイトNo.1

床下とは

家のリフォームをするにあたり、注目される場所として「床下」があります。床下のリフォームをすることでどのようなメリットがあるのか、床下の意味やリフォームのポイントをご紹介します。↵

意味:床下とは

床下とは、地面と建築物の床との間の空間を指します。地面からの冷気や熱気が直接あたる空間である他、湿気もこもりやすい場所であるため、建築物の中でも特にデリケートな場所だといえます。

このような性質から結露やシロアリ、カビが発生することがあり、その影響で基礎や床材が劣化・腐食し、きしみや破損につながる可能性も。

メンテナンスや定期的な換気が重要な部分です。建築物の外側や、床下点検口などから、自分で内部を確認することも可能なため、一度チェックしてみると良いでしょう。

床下リフォームをするとこんな良いことがある!

床下のリフォームで行われるのは、主に湿気の防止・断熱です。湿気を防止するためには、床下に防湿シートを敷いたり、風窓に湿気防止の加工をしたりすることが一般的です。

また断熱のためには、マット状や棒状の断熱材を敷いたり、断熱材を吹き付け加工したりします。

こうすることで、屋外や地面からの熱や冷気が屋内に届くことを防ぎ、夏は涼しく冬は暖かい屋内環境を保つことができるのです。

このような湿気防止、断熱は、湿度や温度に関わるだけではありません。湿度がなくなることで害虫が減るという好影響があり、さらにシロアリ防止の防湿・断熱シートを用いることで効果は一層増します。

さらに基礎や床材の劣化も食い止められるため、長持ちする住宅へと変えることが可能です。また保温・保冷効果があることから、暖房代や冷房代も少なくてすみ、省エネにもつながります。

床材を剥がさずに断熱リフォームをすることがある

床下リフォームと聞くと大規模な工事を想像しがちですが、床材を剥がさずとも簡単に断熱リフォームをすることが可能です。

断熱リフォームにあたっては、床上から実施する方法と、床下から実施する方法の2種類があります。このうち床下から実施する場合は、作業員が床下にもぐりこみ工事を行うため、床材には何の影響も出ないのです。

作業員は住宅の内側から吹き付け硬質ウレタンフォームなどの断熱材を吹き付けますが、吹付け断熱材には高い気密性という特徴もあるため、床下に使われている木材の劣化スピードが緩やかになるというメリットもあります。

床材を剥がさない断熱リフォームも、検討してみてはいかがでしょうか。

関連リフォーム用語

関連ページ

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

ぴったリフォーム オリジナル壁紙・クロス リンナイ乾太くん リノバス誕生 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter