MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応
  1. リノコトップ
  2. 山形県のリフォーム

山形県でリフォームするならリノコ

YAMAGATA リフォーム情報

リノコは山形県内で多数のリフォーム実績があります。
実際にリノコを利用された山形県のお客様のリフォーム施工事例や、リノコ独自の基準で厳選した山形県の施工店情報を掲載しておりますので、是非リフォームの参考としてご覧ください。

山形県のリフォーム施工事例

山形県でリフォームされたお客様の施工事例を実際のリフォーム金額・施工写真・コメントを交えてご紹介しています。

山形県主要エリアのリフォーム

山形県主要エリアのリフォーム

山形県全域でリフォームを承っております。

山形県のリフォーム事例

山形県におけるリノコのリフォーム費用・相場

安心コミコミ価格

リノコは「商品+工事+保証」をセットにした安心のコミコミ価格です!

山形県のリノコ加盟店

リノコが厳選した山形県の優良施工店やベテランの職人たちをご紹介しています。
リノコなら施工店探しの手間いらず!あなたの地元のリノコ加盟店がリフォーム工事を行います。

山形県のリフォームにリノコが選ばれる理由

安心コミコミ価格

安心コミコミ価格

徹底的にムダを省いてコスト削減し、不要な中間業者を排除することで低価格を実現しました。
さらに、商品代・工事代・交通費や廃材の処分費用などリフォーム工事にかかる諸経費を全て含めた「安心コミコミ価格」でリフォームをご提供しております。

安心の体制・しくみ

安心の体制・しくみ

リノコは年中無休のサポート体制。厳しい審査をパスした施工店のみが工事を行うなど、お客様に安心してリフォームしていただける体制・しくみを作り上げました。

スマホ・PCでらくらくリフォーム

らくらくリフォーム

リノコではリフォーム管理ツール「マイページ」をご用意しています。スマホ、パソコン、タブレットでいつでもどこでもリフォームの進捗が見られ、契約・支払い・連絡などもマイページから行えます。

リフォームサイトNo.1

リフォームサイトNo.1

第三者機関による調査で、リノコは5つのNo.1に選ばれました。
これからも皆様から選ばれるリフォームサイトを目指していきます。

山形県のショールーム予約を代行します!

ショールーム ショールーム

山形県のショールームから最適なショールームをリノコスタッフがお客様のご希望をヒアリングし、無料でご予約を代行いたします。
メーカーのショールームに行けば、商品を見たり触れたりすることで、リフォーム全体のイメージがしやすくなります。
リノコでは、ショールームに行く前、行った後の両方をしっかりサポートいたします。
※メーカーによってはショールームを持たない場合もあります。

山形県で受けられるリフォームの補助金・助成金

多くの人が利用できる、「住宅リフォーム総合支援事業」が人気の山形県

山形県では住宅リフォームに関するさまざまな支援制度が用意されています。まず山形県に限らず都道府県内全体で行われている補助制度として「耐震診断助成制度」と「耐震改修補助制度」があります。これは持ち家の地震に対する耐震評価がどの程度あるのかを調べ、危険度が高い家は改修補助制度を利用して家の耐震工事ができる仕組みとなっています。

そして山形県では耐震改修をはじめバリアフリー化や環境整備のサポートも行っています。例えば農村部の家ではまだくみ取り式のトイレを利用している家庭もあり、このサービスを利用すればトイレの水洗化の負担が少なくて済みます。また3世帯で住んでいる家や小さなお子さんがいる家庭の場合は補助率や補助金の上限額が引き上がることもあります。多くの人が利用できる制度なので人気が高く、早く予算の限度額に達してしまい予約が締め切られてしまうことのある制度です。

さらに山形県においては高齢化や都市部への人口流出の影響を受け、空き家問題にも直面しています。そのため自治体によっては積極的に空き家をリフォーして活用しようとする動きがあり、「空き家利活用支援事業」として注目されています。

山形県住宅リフォーム総合支援事業

・対象となるリフォーム
減災・部分補強、バリアフリー化、寒さ対策・断熱化(ヒートショック対策)、一定量以上の県産木材利用、克雪化(三世代同居世帯として申し込む場合は三世代同居リフォーム工事)のいずれかの内容の工事で、かつ県の定める基準点が10点(工事費が50万円未満の場合は5点)以上となる工事
※取扱いは市町村によって異なる

・対象となる住宅
山形県内の住宅、各自治体によって違いがあるが戸建住宅や集合住宅の他にも、住民登録してある空き家も対象になることが多い

・補助金額
補助率は20%、工事内容によって上限金額は30万円〜40万円に変動する

また以下のHPでも詳細を確認いただけます。
山形県住宅情報総合サイトタテッカーナ 山形県住宅リフォーム総合支援事業
https://www.pref.yamagata.jp/

必要な手続きについて・手続きの流れ

山形県で行われているリフォーム補助金制度は、各自治体が管轄していることが多いため住んでいる地域によって必要な手続きに少々違いがあります。ただほぼ全国的に行われている「木造住宅耐震診断」や「耐震改修補助金制度」については大まかな流れは一緒です。例えば天童市を例に木造住宅耐震診断の手続きを見てみましょう。

まずは申請者が天童市で行っている耐震診断事業に申し込みをします。その後は所有者立ち会いのもとで市が派遣した耐震診断士が現地調査を行い、耐震診断の結果に基づいた耐震補強計画や補強工事費の概算額を知ることができます。次に耐震改修を行いたい場合はこの資料に基づき上部構造評点が 1.0未満の場合、耐震改修工事の事前協議を天童市と相談することができます。

その後耐震診断士に耐震設計を依頼し、経費の算出や工事の方法などを相談します。工事内容に納得ができたら補助金交付申請を市に提出し、その後補助金交付決定通知がもらえたら耐震工事に着工です。工事中も中間確認などを経て耐震工事終了後に実績報告を行い、市は工事の最終検査や料金の確定を行います。その後補助金請求を行い、問題がなければ最終的に市が補助金の支払いを行います。

必要な書類について

「木造住宅耐震診断」や「耐震改修補助金制度」を例に必要な書類を見てみると、まず耐震診断に必要な書類として「木造住宅耐震診断士派遣申込書」があります。これは申し込みを行う各自治体によって多少形式が違うこともありますが、耐震診断を申し込む際に必要な書類であり、住宅の所在地や様式、床面積や建築着工時期などを明記して提出する必要があります。また診断を希望する「住宅の平面図」があれば耐震診断がスムーズに進むことが多いです。

そして「耐震改修補助金制度」を利用するには、補助金交付申請を耐震改修工事の前に行う必要があります。

これに必要な書類は「交付申請書」、「計画書(要綱様式第1号)」、「耐震改修工事設計図」、「耐震改修後の耐震診断書 」、「耐震改修工事費のわかるもの(工事費見積書の写しなど)」、「 設計費のわかるもの(設計費の見積書の写し)」、「 工事監理費のわかるもの(工事監理費の見積書の写し)」、「対象住宅の現況写真 」、「所得額証明書 」、「納税証明書 」、「対象住宅の登記簿謄本 」、「申請者の住民票謄本 」、「委任状」などが必要となります。これは天童市を例にあげた必要書類ですが、住宅の耐震改修補助金制度においては必要になることが多いので早めに準備をしておきましょう。

都道府県・地域別リフォーム情報

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

オリジナル壁紙 ミラブル購入で20000円引き リノバス誕生 便座交換 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter