騒音や家の音を静かにしたい

住宅の窓の防音はサッシとガラスの両方で考えることが重要です。室内側にもう一つの窓を設置することで、漏れる音をもう一回カットすることは防音対策として有効な対策です。

二重窓(内窓)を設置することで、騒音や音漏れを防止

防音対策

静かな住まいは45デシベル以下が理想

一般的に、5dB分の音が減ると防音効果を感じることができ、10dBの音が減ると、感覚的に騒音は半減します。また、昼間の場合、周囲の騒音レベルが45dB以下だと「静か」に感じ、およそ60dBを超えると「騒がしさ」を感じます。

静かな住まいは45デシベル以下が理想

二重窓は防音の切り札

住まいの防音対策としては、まず隙間が少なく高い気密性が確保されていること。空気音はまず隙間から出入りするのです。
今ある窓の内側に「まどまど」を取り付けると約40dBの音をカットすることができます。さらに断熱性能は1枚ガラスの約2~3倍で、冬の寒さも寄せつけません。

二重窓は防音の切り札

防音性能に優れた商品

2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!お住まいの条件を選ぶだけ

窓リフォームの基礎知識まとめ

一覧を見る

窓とあわせてリフォームしたい

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。