シロアリの駆除の流れ

シロアリの駆除の一連の流れについてご紹介します。

床下に入る場所の確保

キッチンに床下収納庫が有る場合は、そこから床下に入って作業を行います。同様に、洗面所などに床下点検口が有る場合もそこから入ります。

床下に入る場所の確保

1階に床下点検口・床下収納庫がない場合

点検口が無い場合は新たに作成します。1階に和室が有る場合は畳を1枚上げて、床板を電動丸のこでカットして、そこから入ります。
和室も無く、目立たないように床をカットすることもできない場合は、別日程で床下点検口を作成後、改めて調査にお伺いさせていただきます。
その場合の点検口作成費用はお客様にご負担いただきます。あらかじめご了承ください。

養生を行います

薬剤散布は作業車の薬剤タンクからホースを伸ばして行います。そのため、お客様のお住まいが汚れないように、玄関や勝手口等から侵入口まで養生シートで養生を行います。

養生を行います

床下の木材や土壌に薬剤を散布します

事前に、シロアリ被害箇所の木材にドリルで穿孔しておき、薬剤ホースをもって床下に潜り、散布を行います。
床下に使用されている木材(土台、床束、大引き、根太等)に薬剤を吹付け、必要に応じて注入します。
そして、床下の土壌表面に薬剤を散布します。床下がコンクリートの場合でも表面に散布します。
木材用の薬剤には防蟻成分に加えて防腐成分も含まれています。

床下の木材や土壌に薬剤を散布します

薬剤散布によるシロアリ駆除(バリア工法)の方法

最も一般的なシロアリ駆除工法は、バリア工法と呼ばれるものです。バリア工法では、まず家屋内に侵入してしまっているシロアリに対して、薬剤を散布・注入することで駆除します。 木材や壁の中にいるシロアリをドリルで穿孔した穴から薬剤を注入し、直接薬剤で殺します。

つぎに、新たなシロアリが侵入してこないように、あらかじめ薬剤を散布してバリアを作ります。この薬剤のバリアは5年間効力が持続しますので、その間は万が一再侵入されてしまった場合でも、保証させていただきます。

超低臭性で、安全性の高い薬剤を使用

シロアリ駆除に使用する薬剤は、有効成分がマイクロカプセルに包まれた薬剤「タケロック」を使用しています。タケロックの有効成分である「クロチアニジン」は、 シロアリの神経には強力に効果があるものの、 神経伝達部の構造が異なる人やペットなどの脊椎動物にはほとんど影響がありません。

また、環境に優しい天然成分の薬剤「天然ピレトリン」を使用したプランもご用意しております。天然で唯一の日本しろあり対策協会認防蟻剤で、天然除虫菊エキスをマイクロカプセル化することで、環境中の水分や太陽光線、土壌微生物から守ります。

完全に駆除できない場合は、室内作業を行います

床下での工事だけでは完全に防除出来ない場合が有ります。その場合は必要に応じて各部位に適切な処理を行います。

穿孔した箇所の補修について

室内・外壁等に穿孔・注入処理したあとは、出来る限り目立たないように補修いたします。

工事後完了後に、報告書と保証書のお届け

工事が終ったら作業漏れ、補修漏れ等が無いかチェックを行うと共に、清掃、後片づけを行います。お客様に工事完了のご報告を行いすべて完了です。
後日、施工完了報告書と保証書をご自宅まで郵送にてお届けいたします。

  • 2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!お住まいの条件を選ぶだけ

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。