工事の流れ

工事前の説明

お客様と施工箇所や収納ユニットの確認をいたします。
※既存家具の移動・撤去等については原則お施主様にお願いしております。職人での移動や撤去をご希望される場合には現地調査時にお申し付けください。(別費用となります。)

工事前の説明

養生作業をおこないます

施工中に起こる傷や汚れから、床面・お部屋を保護する為に養生作業をおこないます。
まずは、クッション性・遮音効果がある養生パネル(プラスチック製の段ボール)をお部屋に敷き、その上に耐久性・耐水性に優れた養生シートを玄関まで敷き詰め、糊の跡が付きにくい養生テープでしっかり固定します。
二重にすることで、重いものを置いた時に床の負担を軽減でき、階下への騒音を軽減する事ができます。

養生

収納ユニット組み立て

ユニットをメーカー指定の手順に組み立て、壁の指定の位置に穴を空け、固定できるようにします。
壁の下地調整が必要な場合には、組立ての前に壁の補強工事を行います。
併せて、壁の隙間にホコリや水が入らないように、マスキングテープを張り、コーキング処理を行います。

組み立て

収納ユニット組み立て完了

ユニットをメーカー指定の手順に組み立て、壁の指定の位置に穴を空け、固定できるようにします。
壁の下地調整が必要な場合には、組立ての前に壁の補強工事を行います。
併せて、壁の隙間にホコリや水が入らないように、マスキングテープを張り、コーキング処理を行います。

組み立て完了

片付け、お部屋の確認とサインをして施工完了!

後片付け

施工完了後の片付けもしっかりとさせて頂きます。家具等も、元の位置に戻して終了です。新築に近い状態でお引渡しさせていただきます。

お部屋の確認とサイン

現場責任者、施工スタッフが、工事完了の綿密な検査を行います。お客様とご一緒に最終確認をしていただき、書類にサインをしてもらうと、お引渡し完了です。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。