断熱リフォームの流れ

断熱リフォーム工事の流れをご説明します。小屋裏・床リフォームなら、お住まいになりながら1日で完了します。

工事前の説明 養生 断熱材の吹き付け 削り作業 後片付け・施工確認

工事前の説明

工事前の説明

2t車またはワンボックスでお伺いし、工事に入る前に、一連の流れをご説明いたします。
丁寧に分かりやすく説明させていただきますが、ご不明な点がおありでしたら些細なことでもお尋ねください。
また、小さいお子さまがいらっしゃる場合など、大きな音を立てられない場合は、なるべく音を立てないよう静かに工事を行いますので、遠慮なくお申し付けください。

養生

養生

施工範囲、車両・機械設置スペース、進入口・作業ホース経路の確認をし、天井や床を断熱リフォームする際、侵入口のない場合は新設いたします。
また、侵入口に障害物のある場合や、床下・小屋裏内の不要物(床を支える構造材に絡んだ植物の根など)は、お客様に許可を頂いた後、撤去・移動させていただきます。

大切なお家をキズつけたり、汚したりしないよう、断熱材の入った機械を載せた車からお家の中の施工場所までの経路を、保護材で丁寧に養生します。

断熱材の吹き付け

断熱材の吹き付け

天井、壁、床、通気スペーサー、透湿防水シート、ユニット部基礎立上りなどへ断熱材を吹き付けていきます。

壁は、筋交い(柱の間などに斜めに交差させてとりつけた木材)の隙間、コンセントボックスの裏側、配管周りなど、通常断熱材が入りづらいすみずみまで丁寧に吹き付け。建具の金物で発生する結露や、伝わる熱を抑制するため、熱橋(ヒートブリッジ)などを貫通する金物にも断熱施工していきます。

床はすき間ができやすいところですが、基礎部分を断熱施工するとすき間がなくなり、しっかりと気密が取れます。

削り作業

削り作業

最後に、余分な箇所を削り取って平らにし、きれいに清掃します。

後片付け・施工確認

後片付け・施工確認

これで、断熱リフォームはすべて完了です。
この後お客様にご確認いただき、問題がなければお引き渡しとなります。
点検は入念に行っておりますが、万一工事後に不具合がございましたら、1年間は無償で対応いたしますのでご連絡ください。

断熱リフォームプラン一覧

一覧を見る
  • 2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!お家の広さを選ぶだけ

断熱リフォームとあわせてリフォームしたい

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。