MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応

養生とは

建築や塗装の現場では、養生という言葉が使われます。養生といえば、一般的には健康に関することしかイメージできないため、おかしく感じる人もいるかもしれません。しかし養生は、建築や塗装にとって欠かせない大事な作業です。業者の信用度とも関係のある養生という言葉の意味を知っておきましょう。

意味:養生とは

養生のイメージ

養生(ようじょう)とは、建築や塗装の現場においては、建材や塗装する場所の保護の意味で使われる建築用語です。

一般に使用される「養生」という言葉は、健康になるように体調を守ることです。その意味が転じて、まだ完成しきっていない建材を守ったり、塗装で余計なところに塗料が付かないように、あらかじめ対策を施したりすることも養生と呼ぶようになりました。大事なものが傷付かないようにし、本来のあるべき姿にさせるという意味では、同じことを指しているのです。

また建築現場においては、有害物質が飛散しないようにすることで、周りの環境を保護するための対処も養生と呼んでいます。

塗装における養生とは

塗装する時の養生は、マスキングという言葉に言い換えたほうがわかりやすいでしょう。壁を塗り替える場合に、窓やサッシなどをシートやテープで覆いますが、あれが養生です。車がすぐそばに停めてある、植木があるといった場合には、車や植木にも養生します。

養生は保護だけでなく、仕上がりにも影響します。テープを貼ったところが塗料の境界線になるために、それが歪んでいると雑に見えるのです。テープをはがした後に塗り直すこともできなくはありませんが、それだけ手間とコストが余計に掛かります。

信頼できる業者は実際に塗り始める前に、養生をしっかり行います。窓などのわかりやすい部分だけではなく、床や地面なども保護するのです。業者の信頼度を見極めたいなら、養生の仕方に注目してみるのもひとつの方法です。

建築における養生とは

建築現場での養生には、大まかに分けて2つの意味があります。ひとつは塗装の場合のように、建材を保護することです。

家を作る時にはすべての部分が一度にできあがるわけではありません。そこで、できあがった部分にはシートを敷いたりくるんだりして、何かがぶつかって傷が付くようなことを未然に防いでいるのです。重機を使用する時には硬質のカバーを使うなど、養生の理由によっていろいろな素材が使われます。

もうひとつの意味は、コンクリートや建材用の接着剤などが必要な硬さになるまで、調整しながら時間を置くことです。コンクリートが固まるには適度な水分量や温度が大切なので、一定の質を保つために季節や天候によって対処がいります。そのためコンクリートをシートで覆う、乾燥させるといった作業も養生と呼ぶのです。

関連リフォーム用語

関連ページ

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

オリジナル壁紙 ミラブル購入で20000円引き リノバス誕生 便座交換 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter