MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

無料見積はこちら
商品代に工事費込
全国対応
リフォームサイトNo.1

サンルームとは

太陽の光を浴びるだけでなく雨風をしのげる場所として、サンルームの設置が注目されています。ここでは、サンルームの意味をはじめ、テラス囲いとの違い、サンルームのメリット・デメリットについてまとめました。

意味:サンルームとは

サンルームとは太陽の光を取り入れるガラス張りの部屋のことをいいます。サンルームは、住宅のリフォーム時などに掃き出し窓に面して設置することから、「増築」のイメージもあります。

洗濯物や布団が干せるほか、子どもやペットの遊び場にするなど、家族構成やライフスタイルに合わせて有効活用が可能です。太陽の光を好む植物を育てる場所としても人気があります。

サンルームを設置するときは、既存住宅とのバランスを考えて、不自然な形にならないものを選びましょう。いろいろなタイプがありますので、建物との一体感を意識しながら選ぶと良いです。

また、庭のスペースも必然的に狭くなりますので、設置後に不便さを感じないかも考慮する必要があります。

サンルームとテラス囲いの違い

サンルームを設置するときにテラス囲いと比較することも少なくありません。両者の違いについては諸説ありますが、「サンルーム=住宅の延長スペース」「テラス囲い=庭の延長スペース」と考えるとイメージしやすいでしょう。サンルームは建築物扱いになり、建築基準に合うようにコンクリート基礎をした上で設置します。

また、屋根も含め全面ガラス張りになります。住宅のサッシと同程度の機能を持つサッシを使うこともあり、機密性や水密性が高い点にも注目されています。一方、テラス囲いとは、テラス屋根にサッシなどで囲いをつけたものをいいます。

基礎はテラス屋根の柱と補助柱のみのほか、ポリカーボネート製の屋根にも特徴があります。機密性や水密性はサンルームよりは低めですが、工期が短く、比較的少ない予算で設置できる点でも注目されています。

なお、サンルームとテラス囲いの区分けについては、取り扱うメーカーによっても異なりますので、設置するときは商品の特徴を考慮した上で選ぶことをおすすめします。

サンルームのメリット・デメリット

サンルームを設置する大きなメリットは、ひとつの部屋として活用できることです。

室内からは掃き出し窓をつかって出入りしますが、サンルームで暖まった空気で隣接する部屋を暖めることができます。洗濯物が乾きやすい、布団干し場として活用できるなどでも重宝します。雨風をしのげるため、急な雨降りを心配することなく外出ができるメリットも大きいです。ただし、夏場は日射しを直接浴びてかなり暑くなるため、カーテンなどによる日光対策が必要です。

また、北側など日当たりが悪いところに設置した場合、冬場は寒さが厳しいことも知っておきましょう。

なお、サンルームは全面ガラス張りのため、こまめな掃除が必要になります。特に、屋根部分の掃除はどうするか事前に考えておきましょう。

関連リフォーム用語

関連ページ

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

ぴったリフォーム オリジナル壁紙・クロス リンナイ乾太くん リノバス誕生 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter