MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応

親子ドアとは

玄関のドアには大きく分けて4つの種類があります。それらは片開き、観音開き、引き戸、そして親子ドアの4種類です。親子ドアとはどんな種類のものなのか、また、親子ドアならではのメリットとデメリットはどんな点かをみていきましょう。↵↵

意味:親子ドアとは

親子ドアとは片開きのドアの横に小さいドアがあり、大小サイズのドアが観音開きになる洋風ドアのことです。

ドアを閉めると大きいドアと小さいドアがまるで親子のように見えることからこの名称で呼ばれています。由来ははっきりしていませんが、親子扉には「フレンチドア」という別名もあります。また、大きいドアと小さいドアのそれぞれを親扉、子扉という呼び名で呼ぶこともあります。

親子ドアの普段の出入りの際には大きい方のドアだけを使います。その際、小さい方のドアは鍵をして開かないように固定しておきます。そして、必要な時には小さい方のドアの鍵をあけて開き、間口を大きく使うことができます。

以前は一戸建てでしか採用されない傾向にありましたが、最近では集合住宅にもこの親子ドアタイプが増えてきています。

親子ドアのメリットは?

親子ドアにすることの最大のメリットは、必要に応じて小さい方のドアを開けるとドアの閉口部を大きくすることができるという点です。また、ドアが大きく開くので引っ越しの際たんすや食器棚など、大きな荷物を搬入する時にとても便利です。

ドアを大きくするために1枚開きの大型ドアにすると蝶番にかかる負担が大きくなり、頑丈な金具や支柱が必要になりますが、親子ドアにすればその必要はありません。さらに、子扉の方に採光部を作って明かり取りにすると玄関の内部が明るい印象になります。

また、片開きドアと比較して親子扉は見栄えがします。片開きドアは安価なためアパートなどに取り付けられていることが多く、ごく一般的な印象ですが、親子ドアの方は幅広で凝った作りですから豪華な印象を与えます。

親子ドアのデメリットは?

親子ドアは召し合わせがあることから、強度や防音の面ではあまり優れているとはいえません。頻繁にドアを開閉する場合、故障の可能性が高くなってしまいます。費用の面でも、見た目が豪華に見えるぶん、片開きドアと比較するとぐっと値段が高くなります。

さらに、大型の荷物を搬入する際も玄関からよりもリビングの窓から搬入することが増えており、せっかくの親子ドアの特徴を生かせないというケースも見られます。

関連リフォーム用語

関連ページ

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

オリジナル壁紙 ミラブル購入で20000円引き リノバス誕生 便座交換 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter