MENU

無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応

パイプシャフトとは

給排水管を設置する上で欠かすことのできない空間であるパイプシャフト。あまり聞きなれない方も多いと思いますが、リフォームを行う際などにはパイプシャフト周りの知識は知っておいたほうがいいでしょう。ここでは、パイプシャフトに関する基本的な知識をご紹介していきます。↵

意味:パイプシャフトとは

パイプシャフトとは、マンションなどの上下水道や排水管などの配管スペースのことをいいます。

マンションなどでは通常、玄関を出てすぐ横にある物置きなどのスペースに水道メーターなどが設置されていますが、この部分のことを指しています。

マンションが新築で建てられる場合、この部分は床がなく、最上階まで吹き抜けの構造になっています。

最後に配管を通してからパイプシャフト内の床を仕上げることが多く、お風呂やキッチンの排水管とトイレの排水管は別々に設置されるのが通常ですので、その場合には2か所パイプシャフトが存在することになります。

パイプシャフトの位置を変えるリフォームってできる?

冒頭でご紹介したように、リフォームの際にはこのパイプシャフトの存在が大きなカギを握ります。

基本的に、パイプシャフトはマンションなどの共用部分ですので、リフォームなどの勝手な理由により移設することはできません。

特に、間取り変更をする場合などには大掛かりな工事が必要ですし、この事実を知らないと希望の間取りを実現することができないということも考えられますので要注意です。

多くのマンションでは、部屋の角や玄関横、トイレの端などにパイプシャフトがありますが、稀に住戸の中央部分にあることもあります。

このように、パイプシャフトがどこにあるかでリフォームの自由度は大きく変わってきますので、あらかじめどこにあるのか場所を確認しておくようにしましょう。

パイプシャフトが原因でリフォームできないこともある

間取り変更などの大掛かりなものでなくても、キッチンなどの水回りを移動させるリフォームを行う場合には、このパイプシャフトが原因でリフォームができないということも起こりえます。

例えば、キッチン横の壁の内側にパイプシャフトがある場合、キッチン自体を移動させようと思うとパイプシャフトがある壁だけが残ってしまい、デザイン的にも間取り的にもとても不自然な形になってしまいます。

このような場合には、通常パイプシャフト部分を柱としてデザインし直すなどして対応しますが、このような変更は部屋全体のデザインに影響を及ぼすものですので注意が必要です。

関連リフォーム用語

関連ページ

リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問い合わせをご活用ください。
→リフォーム相談員

ご相談・お問い合わせをする

無料見積り依頼

無料見積り依頼

無料で訪問現地調査をした上で正式なお見積りをお出します。お気軽にご依頼ください。
→リフォームの流れ

無料見積り依頼をする

お電話でのご相談・見積り依頼はこちら 無料通話0120-600-806 年中無休 9:00 ~ 19:00

リフォームメニュー

お支払い方法

スマホ決済

私たちが承ります

経験豊富なリフォーム相談員があなたのリフォームをサポートします。

無料通話 ・全国対応
電話 0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

おすすめ情報

オリジナル壁紙 ミラブル購入で20000円引き リノバス誕生 便座交換 リノコのオリジナルキッチン

Follow Me

facebook instagram twitter