壁紙・クロスのお手入れ方法

壁紙の素材にあわせたお手入れを

普段から気をつけているつもりでも、いつのまにか壁紙に汚れが、なんてこともありますよね。そんな風にもし汚れを見つけたら、早めにお手入れをしてください。
壁紙によってケアの方法が異なりますので、次の例を参考にしてそれぞれに応じたお手入れをしましょう。

ビニル壁紙のお手入れ法

壁紙の中でも、比較的お手入れしやすいのがビニル壁紙。一般的なビニル壁紙であれば食べ物や飲み物などが付いた場合でも、水を固く絞った雑巾で拭き取ればほとんどの汚れは取れるようになっています。もしそれでも落ちにくい場合は、家庭用中性洗剤を使うといいでしょう。
ただし、表面に残った洗剤はキレイに拭き取り、最後には乾拭きをします。 防汚機能付きビニル壁紙は表面にフィルムがラミネートされているので、油性マジックやクレヨンなども、乾いた雑巾で簡単に落とすことができます。

紙壁紙のお手入れ法

紙壁紙はビニル壁紙に比べると摩擦やキズに弱いうえ、水を吸い込みやすいという弱点があります。食べ物や飲み物などの汚れが付いてしまった時は、すぐにティッシュペーパーか乾いた布などでポンポンと軽くたたくように拭き取ってください。
また、小さな汚れや手垢などであれば、消しゴムで軽くこすれば落ちる場合もあります。

織物壁紙(布クロス)のお手入れ法

織物壁紙の表面は水拭きすることができません。そのためブラシを付けた掃除機やハタキで、ホコリを取るというのが主なお手入れ方法になります。
また、ジュースやケチャップなどの汚れが付いた時は、固く絞った布などで表面を軽くたたくようにして汚れを取ってください。

オレフィン壁紙のお手入れ法

オレフィン壁紙に食事中の汚れなどが付いた時は、固く絞ったスポンジや布で吸い取るように汚れを拭き取りましょう。
また、汚れ防止機能がついているものは抗菌性のフィルムがラミネートされているため、壁紙内部にまでは汚れが浸透せず、拭き取りやすくなっています。油性マジックやクレヨンなども落とすことが可能です。

壁紙のハガレ

部分的なハガレであれば、ほとんどは文具糊や木工用ボンドなどで貼りつけることができます。
補修はまず、ハガレている壁紙の裏面にブラシなどで糊をムラなく、しかもはみ出さない程度に多めに塗ります。それから10分程おき、下地に貼り付ければ完了です。ただ、ハガレた面積が広い場合や何度もハガレるときは、プロに相談したほうがよいでしょう。

ご依頼リフォームNo.1!お部屋が生まれ変わるクロス張替え!

  • 居室まるごとリフォーム クロス張替えと床の張替え 詳しくはこちら
  • シロアリ予防・駆除 詳しくはこちら
  • どの生地を選んでも1窓均一価格 オーダーカーテン
  • クロス張替えのビフォーアフター
2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!お部屋の広さを選ぶだけ

クロスリフォームの基礎知識まとめ

詳しくはこちら

クロスの張替えとあわせてリフォームしたい

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。