リフォーム会社・業者の種類とその選び方・比較ポイント

リフォーム業者選びは結果に直結するだけに、リフォームのすべての工程において最も大事なポイントといっても過言ではありません。しかし、リフォームは一生のうちにそう何度も行わない大きな買い物。美容院やクリニックのように何軒か行ってみて決めるというわけにもいきません。そんな中、安心して任せられる業者を見つけるにはどうすればよいのでしょうか。今回は、そのポイントを紹介していきます。

243views | 2016年09月08日更新

CONTENTS
  1. リフォームを手がける会社はいろいろ
  2. 目的に合わせて業者を選定
  3. 工事内容はもちろん保証・メンテナンスにも注目を
  4. 業者の特長を理解して、求めるものに合わせて選ぶ

リフォームを手がける会社はいろいろ

外装作業が得意な業者、水回りが得意な業者など 外装作業が得意な業者、水回りが得意な業者など

一口に「リフォーム業者」といっても、戸建住宅から店舗、マンションまで手広く請け負う総合リフォーム会社もあれば、電気・水道・ガスなど一分野だけを担う工事店、デザイン性の高いマンションを専門に扱う建築事務所などさまざまあり、それぞれ得意分野や請け負えるリフォームの規模が違います。大まかな傾向としてはたとえば次のようなものがあります。

住宅メーカーや大手建設業者など

住宅メーカーは自社が供給した物件のメンテナンスを行っているところがほとんどです。会社の一部門であるか、独立したリフォーム会社を作っているかは企業によります。住宅全体を取り扱っているので、間取りを変更するような大規模なリフォームにも対応してくれます。

ホームセンターやスーパーマーケット系

価格は低めで動きが早いので、物置の設置や水道の修理などちょっとしたリフォームに向いています。

住宅の部品メーカーなどが母体のリフォーム会社

主にその会社の製品を使ったリフォームを手がけます。規模はまちまちで、大きなリフォームに対応できる所もあります。

電気・ガス・水道・屋根・塗装などの工事店

設備工事+関連する分野のリフォームに限って請け負っているスタイルです。水回りのみ、外壁のみなど限定された部分のリフォームに向いています。

目的に合わせて業者を選定

hogeのalt

このようにリフォーム業者といってもさまざまなので、最初にやるべきことはリフォームの目的をはっきりさせることです。たとえば「老後の生活に備えて1階を全面的にバリアフリー化したい」「浴室と給湯器だけ交換したい」「リビングのクロスを張り替えたい」などの目的が定まれば、おのずとリフォームの規模も決まり、何を得意分野とする業者に依頼すればいいのかも決まってきます。

リフォームの規模と目的が決まったら、次は情報を集めて業者をいくつかピックアップしてみる段階です。業者を比較するには次のようなポイントが参考になるでしょう。

一戸建てかマンションか

マンション専門、一戸建て専門の業者もいます。

取り扱っているアイテムの数

住宅の部品メーカーが母体の会社などでは特定のメーカーの部品しか取り扱っていない場合があります。 使いたいアイテムがあるかどうかは重要なポイントです。

リフォームの経験や実績

過去にどれほどの件数を手がけているのか、どんな事例を手がけているのかは参考にしたい資料です。ホームページやカタログで確認できる場合もあるので、積極的に情報を集めてみましょう。

家からの距離

工事を担当する会社は、何かあったらすぐに来てもらえる場所にあることが重要です。将来のメンテナンスや修理の際にも役立ちます。

価格

もちろん価格も重要です。業者によっては総額料金と書かれていても保証は別だったりするので、商品や保証の代金もすべて含んだものであるのかは必ず確認しましょう。多くのリフォームを手がけている会社の中には、卸商社から直接住宅の部品を仕入れることで商品代を安く抑えるなどの工夫で、工費が割安なところもあります。

工事内容はもちろん保証・メンテナンスにも注目を

リフォーム後のアフターケアも確認しておきましょう リフォーム後のアフターケアも確認しておきましょう

リフォーム業者を3社ほどピックアップできたら、担当者にリフォームの希望を伝えて見積もりを出してもらうのが一般的です。インターネットでは簡単査定などのサービスもあるので、まずはこちらを利用してみるのもいいでしょう。

見積もりの確認はついつい価格にばかり目がいきがちですが、きちんと希望を叶えてくれる工事内容になっているかは何より大事なところです。

希望をすべて盛り込むと予算オーバーになることが多いですが、どうやって価格を抑えながら理想に近づけていくかの提案は各社それぞれなので、見積もりと業者からの提案を見比べながら比較検討していきましょう。

ここで忘れてはいけないのは「リフォーム後」の問題です。住宅は一度リフォームしたら終わりという性質のものではなく、その後のメンテナンスも欠かせません。また万が一トラブルになった時のためにも保証やアフターケアについて確認しておくのは重要なことです。

工事代金に含まれる一般的な保証のほかに、オプションでより手厚い保証が用意されている場合もあるので、業者の担当者に確認してみるとよいでしょう。

業者の特長を理解して、求めるものに合わせて選ぶ

業者によって得意な分野は様々 業者によって得意な分野は様々

たとえば同じように一戸建てを得意とし、クロスの張り替えから大きな工事まで請け負うリフォーム業者でも、取り扱いアイテムや同じ予算内でできること、保証内容などは少しずつ違います。その会社が過去に手がけたリフォーム内容は業者の得意分野や傾向を知る大きな手がかりとなります。

価格が妥当かどうかの検討材料にもなるのでできればチェックするのがおすすめです。自分に合った業者を選ぶ参考にしてください。

関連ページ
無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブルトルネード

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。