癒しの空間を作る!寝室リフォームの費用やポイント

良質な睡眠は、人間が心身ともに健康的な生活を送るのに欠かせない要素です。ところが、ぐっすりと眠れず頭を悩ませている人もいます。その理由が、寝室にあるとしたらどうでしょうか。寝室のリフォームは、快適な睡眠をとるため、また、ストレスを溜めにくくするために行われるケースも少なくありません。ここでは、リフォームにかかる費用・リフォームの際に気を付けるべきポイントについて紹介します。

30views | 2018年12月12日更新

CONTENTS
  1. 寝室リフォームが必要なケース
  2. 寝室リフォームの内容とは
  3. 寝室リフォームにかかる費用
  4. 工事の流れはどうなっている?
  5. リフォーム依頼のポイント
  6. 快適な睡眠のために検討しよう

寝室リフォームが必要なケース

寝室リフォームを希望する人は数多くいますが、その理由はさまざまです。どのようなケースで寝室リフォームが必要だと考えられるのか考えていきましょう。

「ベッドや布団に横になっても、なかなか寝付けない」
この状態は、必然的に睡眠時間が短くなり、深い眠りを実感することなく朝を迎えてしまうこともあります。そのため、目覚めたときには「よく眠れなかった」という不快感が伴うことも少なくありません。

考えられる理由はたくさんありますが、寝室が適温でないことがよく眠れない原因であることもあります。特に、築年数が経っている建物ではこの傾向があるといえるでしょう。

眠れない人眠れない人

「外の騒音がうるさい」
市街地や幹線道路沿いの住宅であれば、考えられます。利便性や土地の資産価値という面から幹線道路沿いの住宅を希望する人も少なくありませんが、そこは常に車が行き交う場所です。特に、深夜から早朝にかけては大型トラックが多く走るため、なかなか寝付けないというケースも多いでしょう。

繁華街近くの住宅では、人の話し声が夜遅くまで響き渡ることも珍しくありません。音のみならず、まぶしいネオンも眠れない原因になることがあります。

このような外的な理由以外にも、寝室内の環境そのものに理由があることもあるでしょう。

「収納が少なく寝室が物置と化している場合」
布団さえあれば寝られるという人にとっては問題ないかもしれませんが、人によっては寝室にものが溢れている状態は想像以上にストレスとなります。寝室は、寝るとき以外使わないという認識から物置化してしまうことがあり、そうなれば掃除もままなりません。

住宅を建てた時点では問題なくても、月日の経過とともに家族の生活は変化していきます。家族の中に介護を必要とする人が出てくると、今までの寝室事情では対応できないことも増えてくるでしょう。もしこのような状況に悩んでいるのなら、寝室リフォームで事態が好転する可能性があります。

まずは一度「なぜよく眠れないのか」を考え、その問題を解決するためのリフォームプランを立てましょう。

寝室リフォームの内容とは

寝室リフォームは、具体的にどのようなことをするのでしょうか。リフォームといっても、その種類や規模はさまざまです。

寝室そのものを柱のみのスケルトン状態にして造り変える大規模なリフォームから、窓ガラスや床材だけを変えるといった部分的なリフォームまで、必要に応じてプランを立てていきましょう。

比較的、気軽にできるリフォームとしては

「二重窓への変更」
これは「夏は暑く冬は寒い」というような問題に有効です。外気温の影響を受けやすい理由のひとつに、窓ガラスの性能があります。ガラス1枚でできている窓では、十分な断熱効果が期待できません。窓ガラスを複層ガラスのものに変更することで、単層ガラスよりは高い断熱効果を実感できるでしょう。

この方法は、外の騒音がうるさいという問題にも効果があります。室温や騒音に悩んでいる場合は、窓ガラスの変更を検討してみましょう。

YKKAPの二重窓YKKAPの二重窓

少し大掛かりなリフォームが可能であれば、

「フローリングやクロスの張替え」

永大産業株式会社の無垢の床永大産業株式会社の無垢の床

フローリングを合板から無垢材に変えたり、今までとは異なる色調のクロスにしたりすることで、居心地がよくなることもあります。現在の寝室が、快適な睡眠をとるのに適した内装であるか見直してみましょう。

「和室を洋室に変更」
寝室を和室にするか洋室にするかは個人の好みが分かれるところではありますが、長い目で見ると洋室のほうが使い勝手がいいと感じることもあります。特に、在宅介護ではベッドが必要不可欠であり、掃除もしやすい洋室のほうが双方にとって負担が軽減されるかもしれません。

和室を寝室として使用しているのなら、洋室へ変更することも視野に入れましょう。



寝室リフォームの事例

寝室リフォームにかかる費用

寝室リフォームを検討する際に、重要になってくるのは費用の問題です。この費用にはかなりの幅があり、現在の寝室における問題点をしっかりと把握することが何よりも大切になります。

「設備交換や増設のみ」
窓ガラスやドア、収納の取り付けなど、設備交換や増設のみであれば、100万円以内に収まるケースが多いでしょう。もちろん、選ぶ設備によってはこの限りではありませんが、大規模なリフォームを避けたい事情がある場合は、安価で工期も短いというメリットがあります。

「寝室全体をリフォームする場合」
床材やクロスの張り替え、和室から洋室への変更など。

50~250万円程度が相場です。

リフォームの内容のみならず、寝室の広さなども金額に影響してくるため、予算の上限がある場合はそのことを明示したうえでプランを立てるといいでしょう。 これらの費用には、解体や廃材の撤去費・材料費・リフォーム工事費が含まれています。

見積もりを取るときは、これらの項目が費用に含まれているかをしっかりとチェックしましょう。



寝室リフォームの費用相場

工事の流れはどうなっている?

寝室リフォームは、以下の手順によって行われます。事前に把握しておき、疑問点を解決したうえでリフォームに臨みましょう。

リフォームの相談⇒見積もりを依頼(見積もりを作成するためには、業者が現場を確認する必要があるので、初めから自宅で相談することを打診してみてもいいでしょう。)⇒現場確認が済む⇒希望するリフォームの内容を盛り込んだ見積もりが提示される⇒見積もりを確認⇒納得したうえで契約

信頼できる業者がある場合は問題ありませんが、初めてのリフォームは複数の業者と相談してみるといいでしょう。もちろん、金額も大切ですが、アフターフォローや施工における技術など、金額以外の観点から判断することも重要です。末永いお付き合いになることを見越して判断しましょう。

契約後⇒施工(リフォームの規模にもよりますが、施工には1週間~1カ月程度はかかるものだと考えたほうがいいでしょう。)⇒完成後⇒最終チェックが行われる⇒新しい寝室になる

大まかな流れは以上の通りですが、業者によって異なる場合もあるため、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

リフォーム依頼のポイント

PanasonicPanasonic

寝室リフォームを依頼する際には、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

住宅に関する情報誌やモデルハウスなどでは、非常に美しく気分が高揚するような寝室も目に入ってくるでしょう。しかし、寝室をリフォームする目的はあくまでも安眠のためであることを忘れてはいけません。安眠と健康に配慮した空間にすることを第一としてプランを立てていきましょう。

「今ある家具をどうするかを検討する」
リフォームにあたっては、今ある家具をどうするかを検討する必要もあります。特に、リフォームによって収納スペースを新たに設ける場合は、今ある収納家具が必要でなくなる可能性あるでしょう。そのまま残す場合は、配置を考えることが重要になります。なるべく収納や家具にスペースを取られないよう、工夫が必要です。

「現在の寝室における問題点を明確にする」
具体的にどんな工事が必要なのかを考える際にとても役に立ちます。また、内装についても希望を明確にしておくことで、より現実味のある見積もりが提示されるでしょう。

「リフォームの工事中に寝る場所を確保」
忘れてはいけないのが、リフォームの工事中に寝る場所を確保しておくことです。1週間~1カ月程度は寝室を使うことができなくなります。短期間でも、眠れないということはストレスになるため、できるだけしっかりと眠れる場所を確保しておきましょう。

快適な睡眠のために検討しよう

防音性がないなど、寝室そのものの問題で毎日の睡眠にストレスを感じているなどの状況であれば、寝室リフォームがその問題を一挙に解決してくれる可能性があります。快適な睡眠ができるようにリフォームを検討してみましょう。



癒やしの寝室にリフォーム

無料 見積りシミュレーション 2分でかんたん!専門知識不要!料金がすぐわかる! 見積りをする
  • ショールームへ行こう!
  • マイクロバブルトルネード

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。