無料通話 ・全国対応
電話0120-600-806
受付時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)

スマホ決済
スマホ決済対応

新築マンションのメリット・デメリット

新築マンションと中古マンションそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

1454views | 2019年03月01日更新

CONTENTS
  1. 新築マンションのメリット・デメリット
  2. 中古マンションのメリット・デメリット
  3. 新築でも中古より性能が落ちることもある
  4. 新築だけにこだわらず視野を広げよう

新築マンションのメリット・デメリット

新築マンションのメリット・デメリット 新築マンションのメリット・デメリット

新築マンションのメリット

自分たち以前に誰も住んだことがなく、全てが新しさに包まれていることがまず挙げられるでしょう。最新の設備と最新のデザインが施された部屋に住むことに喜びを感じる方に、新築マンションはうってつけです。

その他にも、住環境に対してあまり興味がなかったり、部屋を自分なりに変える時間的余裕がなかったりする人にも、全てが揃っている新築マンションは買って損はないでしょう。

デメリット

まずは新築価格とも言える値段です。当然のことですが中古マンションよりは費用がかかります。逆に中古マンションは、築年数が新築より少し古いだけで同じような立地や間取りでも価格をはるかに抑えられることがあります。

また、価格が高い新築を購入すると、部屋の間取りや使い勝手がイマイチだった時にリフォーム代まで捻出できない可能性があります。使いづらい部屋をこれから何十年も我慢して使い続けなければいけないことはストレスになるでしょう。

住宅ローンの返済が終わっても今度はリフォームローンを組むかもしれない未来を考えると、新築は経済的余裕がないと100%楽しめないかもしれません。

中古マンションのメリット・デメリット

一方、中古マンションを買ってリフォームをする時に発生するメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット

価格が新築よりもだいぶ低いこと、すでに地震に耐えてきた実績のある構造に住める安心感、リフォームをすることによって全く新しく生まれ変わった部屋に住めることでしょう。

リフォームをすれば前の住人の痕跡がほとんどなくなるので、内装だけを見たら新築と変わりはありません。また、部屋の価格自体が低いので、リフォームに多少お金をかけたとしても、新築マンションを買うよりは安いケースがあります。リフォームをすることで自分の好きなように部屋の雰囲気も変えられるので、新築よりも結構お得感があるかもしれません。

築年数や中古という肩書きにこだわりがなければ、中古マンションとリフォームというコンビネーションはかなり強いと言えるでしょう。

中古マンションのメリット・デメリット 中古マンションのメリット・デメリット

デメリット

購入後も工事完了まで住むことができないことでしょう。

新築マンションは購入後すぐに住み始められますが、中古の場合はその間どこかに部屋を借りて済まなければならず、工期が長くなれば長くなるほど無駄な家賃を支払う形になってしまいます。

ただでさえ住宅ローンやリフォームローンの支払いもあるのに、プラスアルファで家賃まで取られては家計に大きな影響を与えてしまうでしょう。住みながらリフォームをするなど、少し不便だけれど我慢しなければならない羽目になるかもしれません。

新築でも中古より性能が落ちることもある

新築でもご用心!新築でもご用心!

新築マンションと中古マンションのメリットとデメリットを知った上で、もう一つ重要なポイントがあるので押さえておきましょう。それは、新築だからといって中古よりも必ず高性能とは限らないということです。

例えば、新築ほやほやの分譲マンションがあったとして、その一室が売れずに11ヶ月経過してしまえば、新築にもかかわらず築年数がおよそ1年増えたも同然になってしまいます。およそ1年も経てば、内装のデザインやテクノロジーの発達によって設備に遅れが少しずつ目立つようになり、新築の看板があるにもかかわらず厳密には新築とは言えない状態になってしまうのです。

また、新築でも構造欠陥があればそのマンションの価値は大きく下がってしまいます。新築マンションは、表面上はとてもキレイで魅力的なのですが、中身が絶対に安全かと問われれば誰も明確な回答を出せない現実があります。耐震偽装という悪質な行為も少なからずあるため、新築の名前に踊らされて後で痛い目を見ることのないよう、気をつけなければなりません。

まずマンションに求めるものはしっかりとした構造です。設備や間取りなどはリフォームでいつでも最新のものに取り替えることができるので、新築にこだわり過ぎる必要はないのかもしれません。

新築だけにこだわらず視野を広げよう

マンションも色々! マンションも色々!

新築マンションと、中古+リフォームの違いを詳しく見ていくことで、それぞれに違う魅力があることが分かりましたね。

自分や家族の好み、資産状況によって今買うのに最も適したマンションを探してみましょう。リフォームは新築マンションでも行えるので、資金に余裕がある人は新築の部屋を自分色に染め直してみるのもいいかもしれません。一度リフォーム業者に相談して費用を把握しておくと良いでしょう。

マンションといえどもスイートホームには変わりはないので、納得できる部屋作りをしたいものですね。

見積シミュレーション
関連ページ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。