トイレの床のお悩み解決

リノコで一番よく「壁や床の傷みを改善したい」とご相談をいただくのがトイレのリフォームです。
他のお部屋よりも汚れや傷みがつきやすく、毎日使うので気になるということと、居室などと比べて狭い空間なので
気軽にリフォームの依頼が出来ることからと言えます。ここでは、そんなトイレの床材の選び方と、人気の床材、おすすめの床材をご紹介します。

現在のトイレこんなことありませんか

リフォームすればトイレのお悩み解決できます!!

トイレに使える床材

  • フローリングは他の部屋との統一感もあり、見た目に優れています。
    しかし、あまり耐水性がないため、便器の回りに水・アンモニア・洗剤などが染み込んでしまい、数年で取り付け部分周辺が黒ずんでくる場合がございますので、表面に硬質フィルムなどがコーティングされたタイプのフローリングがおすすめです。
  • クッションフロアとは印刷層と発泡層のあるビニール床シートのことで、木、石やタイルなどに似せた模様や色の種類が豊富です。
    耐水性が抜群で、防汚機能耐薬品性もあり、床材に継ぎ目がない為、お掃除がしやすいのが特徴で、低コスト施工が早いのも魅力です。

トイレの床材を選ぶポイントで比較

汚れやすいトイレの床を選ぶときの4つのポイントと、4つのポイントをもとにフローリングとクッションフロアをまとめました。

  • トイレの床材を選ぶポイント
    • 汚れ、水、洗剤に強い
    • 掃除のしやすさ
    • バリエーション(色・柄)
    • 耐用年数が高い
    • リフォーム費用
総合的に見て、クッションフロアの方が多くのお客様に選ばれています。

トイレ向けクッションフロア おすすめTOP3

  • 〈サンゲツ〉HM-4002
    チークのフローリング調。天然木のような厚みを感じる深い目地表現が特長です。明るくナチュラルな色目で、お部屋が明るくなります。
    【クッションフロア】ウッド/チーク

    どのお部屋にも合わせやすい色で、今一番人気のクッションフロアです。目地がくっきりしており、クッションフロアなのにフローリングに見えるほど。お掃除がしやすくトイレにもオススメな商品です。

  • 〈サンゲツ〉HM-4011
    オークのフローリング調。明るくナチュラルな色目で、お部屋が明るくなります。2016年まで継続して生産されるので、賃貸物件のオーナー様にオススメです。
    【クッションフロア】ウッド/オーク

    長く愛されているロングセラー商品です。オーク材のフローリング調で、お部屋に落ち着いた印象を与えます。2016年まで生産されますので、再度張替える際もトイレの印象を保ちます。

  • 〈サンゲツ〉HM-4068
    モザイクタイル調。明るいブルー系で、お部屋を明るく清潔な印象にします。トイレや洗面所などの水回りに最適です。
    【クッションフロア】ウッド/マホガニー

    よく水回りに使用されるタイル柄のクッションフロアです。明るいブルー色でクールで清潔感あふれるトイレ空間を作ることができます。この商品でトイレの印象が変わります。是非一度お試しを。

こちらのクッションフロアもトイレにおすすめです

クロスと床張替えのお得なセットプランやトイレ交換もございます!

  • トイレ交換
  • トイレのクロス+床張替え

床の張替え

  • 居室まるごとリフォーム クロス張替えと床の張替え 詳しくはこちら
  • シロアリ予防・駆除 詳しくはこちら
2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!お部屋の広さを選ぶだけ

床リフォームの基礎知識まとめ

一覧を見る

床の張替えとあわせてリフォームしたい

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。