カーペットについて

遮音性に優れ、足ざわりが良いカーペット

カーペットは断熱効果が高く経済的、防音性にも優れている床材です。
ウール・アクリル・ナイロンなどの繊維素材でできていますので、足触りが柔らかく、
色彩のバリエーションの多さから、暮らしの演出には重要なポイントを占める大切なインテリアです。
大きく、「素材」「テクスチャー」「製造方法」などによって分類することができます。
素材と繊維の種類にカーペット選びのポイントが隠されていますので、
それぞれの特徴をしっかり確認して、ライフスタイルに合ったカーペットをお選びください。

カーペットのメリット
  • 歩行時でも音は静か、階下への音漏れが他の床材に比べて少ない
  • 足が温かく、直接寝転ぶこともできる
  • 柔らかいので衝撃が直接足に響かない
  • お部屋の雰囲気が豪華になり、高級感がある
カーペットのデメリット
  • メンテナンスに手間がかかる(掃除が大変)
  • 他の床材に比べ、ダニが発生しやすい
  • 車いすやキャスターが付いたものは不向き
  • 高温多湿の環境では臭いが発生することも
〈東リ〉カーペット セグエ

カーペットが最適なお部屋

カーペットのメリットを活かして、こんなお部屋の床をカーペットにしてみてはいかがでしょうか。※写真はすべてカーペットで張り替えたイメージです。

  • 寝室・プライベートルーム
    素足でも快適に過ごせます。
  • 子供部屋
    柔らかさと温かさが最適です!
  • 書斎
    高級感が漂うお部屋になります!
  • リビング・応接間
    落ち着いた印象になります。
  • 和モダンなお部屋・店舗
    上品でシックな赤が合います。
  • オフィス、教室、店舗など
    歩行量が多いお部屋にもおすすめ!

カーペット張替え工事の流れ

床の張替え工事には、大きく分けて以下の2つの方法があります。

カーペット張替え工事の流れ

※お選びいただく床材や、現在の床材・下地の状態によっては「重ね張り」施工も対応可能です。
(現在の状態によっては"新規張り"施工のご提案をする場合があります)

※下地の損傷が激しいなどの場合は下地補修料金が発生します。
例:下地の経年劣化、カビが生えており大工工事が必要、根太の修繕、隣り合う部屋や「敷居」との高さ調整が必要な場合

床材の素材

色・柄・素材がたくさんある「床材」

床材は、フローリングと言われる木質系床材、カーペットやカーペットタイルなどの
繊維系床材、クッションフロアやフロアタイルなどの塩ビ系床材があります。
色・柄・素材も豊富にありますので、それぞれの特徴をよくふまえた床材選びが大切です。

木質系床材 フローリング 無垢(単層)フローリング
複合フローリング
コルク
その他天然系素材  石・タイル
繊維系床材 カーペットタイルカーペット
サイザル麻、ココヤシなど
合成樹脂系床材 クッションフロアフロアタイル
その他 その他のプラスチック床材
ゴム(天然ゴム、合成ゴム)、リノリウム、竹・籐など

床の張替え

  • 居室まるごとリフォーム クロス張替えと床の張替え 詳しくはこちら
  • シロアリ予防・駆除 詳しくはこちら
2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!お部屋の広さを選ぶだけ

床リフォームの基礎知識まとめ

一覧を見る

床の張替えとあわせてリフォームしたい

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。