施工実績 累計15,000件超

床張替えリフォームのビフォーアフター事例集

【CASE6】賃貸アパート(築30年) クッションフロアからフロアタイルに張替え

兵庫県宝塚市の賃貸アパートオーナーのM.S様より、退去者に伴うリフォームとして、ワンルーム6帖のお部屋と廊下のクッションフロアを木目調のフロアタイルへ張替えをご依頼いただきました。
M.S様がクッションフロアより耐久性が高く、リーズナブルな床材をご希望でしたので、耐久性に優れ、本物と見間違うくらいの質感を持ちながら、リーズナブルなフロアタイルをお選びいただきました。

現状とご希望のリフォーム
フローリングからクッションフロア

施工中の様子

既存のクッションフロアを剥がし、下地を補修する

まずは今までのクッションフロアを剥がします。
塗膜(古いクッションフロアの接着剤の跡)を除去し、清掃・凹みが見られた箇所には凹凸をならす下地補修を施しました。
この工程をおろそかにすると完成時の凸凹につながってしまうため、丁寧に行います。

接着剤を塗り、新しいフロアタイルを張る

下地の補修が完成したら、下地に接着剤を塗ります。
スプレダーという櫛目のついたハケで床全体に均一に塗っていきます。
接着剤の塗布が完了したら、いよいよ新しいフロアタイルを張ります。
経験豊富な職人の技が光る、凸凹・浮きのない美しい床面が現れました。

施工後の様子

白い木目が美しいさわやかなお部屋になりました。

フローリングと見間違うほどの質感を持つフロアタイルが張られ、白を基調とした爽やかなお部屋になりました。

リフォーム内容

リフォームデータ
工事種別 床の張替え
場所 ワンルーム6帖
施工時期・期間 2014年2月/施工期間:1日(他の工事も含む)
施工エリア 兵庫県
住宅種別 賃貸アパート
施工費 工事総額 54,800円(内訳:フロアタイル張替え)
(※施工当時の料金です。現在と異なる場合があります。)
選んだ床材・クロス
サンゲツ タイルカーペットフロアタイル〈サンゲツ〉
ロッキーオーク WD50
2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!お部屋の広さを選ぶだけ

床リフォームの基礎知識まとめ

一覧を見る

床の張替えとあわせてリフォームしたい

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。