よくあるご質問

細かい亀裂がたくさんありますが、きれいに直せますか?

ご心配ありません。
下地の細かいひび割れを補修する材料としてフィラーがあります。フィラーは目止めという意味があり、本来の役割は躯体の細かいひび割れを埋めたり、表層を平滑にすることです。

壁をさわると白い粉がつきますが、何でしょうか?

これは、チョーキング現象(白亜化)です。
熱、紫外線、風、雨などのために塗膜が劣化し、塗装表面が次第に粉状に消耗していく現象をいいます。

外壁に長いひびが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

これは、塗膜の割れ(クラック)です。塗膜に裂け目ができる現象をいいます。
下塗り塗膜または素地に達している深いクラック、塗膜表面の浅い細かいひび割れをヘヤークラックといいます。

新築の時と屋根の色が随分違うように思うのですが...

これは、変退色です。
塗装した後、塗膜の劣化によって塗膜表面の色が減退したり何らかの原因で元の色と異なった色に変化する現象です。

塗膜は厚く塗るほど良いのでしょうか?

一回に塗る量や厚さは塗料の種類によって決められています。
一度に厚く塗るとだれ・つやが不均一だったり、乾燥不良など仕上がりが悪くなります。

なぜ、上塗り材、下塗り材などを重ね塗りするのでしょうか?

外壁を塗り替えるときに、下塗り材と上塗り材の2種類の塗料を使う施工方法があります。
この方法では、下塗り材は、現在塗ってある塗膜やコンクリート等の下地を補強する役割や上塗り材と下地をくっつける接着剤のような役割を担っています。
上塗り材は、下塗り材を含めた下地を紫外線、水、炭酸ガス等から守る役割や、もちろん色や模様などの意匠性を出す役割も担っています。
重ね塗りされた下塗り材と上塗り材は各々役割分担をしているのです。

水性塗料と溶剤型塗料の違いは?

「水性は塗ってもすぐダメになる」というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。
水性か溶剤型かというより、塗膜の骨格となる樹脂がどんな樹脂系の塗料か、ということが塗料の性能を判断する基準となります。
ですから、塗替えには、におい、人体への影響、環境への影響を考慮に入れると、むしろ水性塗料の方が適しているといえます。
現在では環境への配慮から、自動車などの工業製品でも水性塗料への切り替えが進んでいます。

上塗り塗料にはさまざな樹脂系があると聞きましたが、おおまかな性能の見分け方を教えてください

アクリル樹脂塗料:安価で幅広く使われていますが外部用としては長期耐久性に不安があります
ウレタン樹脂塗料:バランスのとれた性能でアクリルより耐久性が高い塗料です
シリコン樹脂塗料:耐候性、耐熱性に優れ、ウレタン樹脂塗料よりも更に高い耐久性があります
フッ素樹脂塗料:高耐久性が期待できる高級な塗料です

なぜ建物にカビが生えるのですか?

建物には雨水に溶け込んでいる成分やホコリの成分を栄養源にできる生物が繁殖します。
特にカビには、微量の栄養で繁殖でき、かつ乾燥に強い種類があり、栄養分が乏しく晴れの日にはカラカラに乾いてしまう建物の表面でも生き延び、繁殖し、目立つようになります。
光が当たる場所であれば藻やコケなども生えます。

  • 2分でかんたん!見積りシミュレーション 専門知識は不要!お家の広さを選ぶだけ

外壁塗装の基礎知識まとめ

一覧を見る

リノコの特長

リノコについてさらに詳しく

これからは「安心価格」「安心品質」のリフォームをもっと当たり前に。

  • 安心価格
    リフォーム・コンサルタントが、低価格で追加料金のかからない「定額リフォーム」をご提案いたします。
  • 安心品質
    全国の優良リフォーム職人のネットワークを構築。安心の品質をご提供いたします。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。