料金が
すぐわかる!
2分でかんたん!
見積りシミュレーション
ネットからの
お申し込みなら
2,000円割引
でお得です。

工事までの流れ

  • 見積りを申し込む
    見積りを申し込む

    リフォームプランが決まったら
    見積り作成をご依頼ください。

  • 現地調査(完全無料)
    下見(完全無料)

    全国750社から最適の職人(施工店)
    がお住まいの状況を確認いたします。

  • ご注文
    ご注文

    見積もり内容にご納得いただいたら
    ご注文手続きをお願いします。

  • リフォーム工事
    リフォーム工事

    お客様にご満足いただける高品質
    な工事(施工)をいたします。

  • ご注文をいただいた90%以上のお客様が下見を利用されました!

見積り1

リフォーム 総額0円
工事メニュー アイコンをクリックして追加!最大15件
  • 天井・壁・床セットプラン
  • クロスの張替え
  • オーダーカーテン
  • 床の張替え
  • 窓のリフォーム
  • 断熱リフォーム
  • キッチンの交換
  • コンロの交換
  • ユニットバスの交換
  • 給湯器の交換
  • マイクロバブル
  • トイレの交換
  • 洗面台の交換
  • 太陽光発電
  • 外壁・屋根塗装
  • シロアリ予防・駆除
  • その他のリフォーム
工事メニューを選ぶ 工事メニューのアイコンをクリックして選びます。

お支払いにはオリエントコーポレーションのWEBリフォームローン「オリコのリフォームローン」をご利用いただけます。
リフォームローンなら毎月々の固定で無理のないお支払いが可能で、ワンランクアップのリフォームや、まとめて一気にリフォームができます。
インターネットのでの手続きの後、最短2日でお客様に審査結果の連絡が届きます。

リフォームに関するご質問・ご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

ホームページからは24時間受付!

マンション、アパート、戸建て住宅他、オフィスや店舗、施設など幅広くリフォーム対応できます!

お電話でもご相談、ご依頼を承ります!

通話料無料!
携帯電話OK!
0120-600-806

営業時間/8:00~21:00(年中無休)

リフォーム豆知識

リフォームとは

リフォームとは、老朽化した家や建物を建てたばかりの状態に復元することです。リフォームは「改修」という言葉で表現されるように、壊れたものや古くなったものを元の状態に戻すという意味合いが強い言葉です。英語のreformを直訳すると「改心する、改修する」という意味になることからも、壊れたものを直すというニュアンスで使われていることが分かるでしょう。

リフォームの範囲に関してですが、クロスの張替えや壁の塗装の張替えなどの気軽にできる工事を指す場合もあれば、屋根全体の交換や大型設備の取り換えなどのような大掛かりなものを指すこともあり、工事の程度によっての線引きはあいまいです。リフォームの代表的なものとしては、雨漏りの修繕やキッチンや浴槽の取り替え、床総面積の増築などが挙げられます。一軒家の住宅だけでなく、賃貸マンションや賃貸アパートなどでもリフォームは行われ、退去時の修繕などをリフォームと呼ぶ場合もあります。

リフォームの特長は、住宅の資産価値は増やすことなく、あくまでも元の状態の資産価値を復元するというところです。取扱業者などによってもリフォームの範囲は異なりますので一概には言えませんが、概ねこのように捉えておけば問題ないでしょう。また、地震の多い日本においては、耐震強度の補強などもリフォーム案件として多く行われています。

リフォームのメリット

リフォームの最大のメリットは、住み慣れた家をそのままにすることができるということです。一軒家の場合、リフォームが必要になるほど老朽化しているのは、一般的に長い期間住み慣れた家であることがほとんどです。この場合、建て替えやリノベーションなどの大掛かりな工事をしてしまうと、今まで住み慣れていて愛着のある家の雰囲気はまったくといっていいほどなくなってしまいますので、出来る限り今までの家の雰囲気を残したいのであればリフォームをするのがおすすめです。

一部だけを新しくするため、家全体の住み心地は変わりませんし、愛着のある家の雰囲気もそのままにすることができるでしょう。また、工事期間が短く予算も安いため、早急にデザインや機能の改善をしたいという場合にも大きなメリットになります。例えば、お風呂のタイルが剥がれていたり、水はけが悪くてカビが生えてしまったりしている場合などは、そのまま放置しておくと、より老朽化のスピードを早めてしまいます。このような場合は一刻も早く改修をしたいので、工期が長くかかるリノベーションや建て替えではリフォームを選択するのがいいでしょう。これは工事期間が短いということにも関連しますが、リフォームは一部分を改修する工事がほとんどであるため、仮住まいを借りる必要がないという点もいいところです。

リフォームのポイント

現状と同機能を求める、あるいはたくさん機能をつけても使わない可能性が高ければ相場よりは安く、逆に、ここはお金をかけて納得のリフォームに!というのであれば、多めの予算を。
各メーカーの企業努力により、モノは年々進化しています。ひと昔前と比べて節電や節水能力も大幅に向上していますし、ランニングコストも考慮するなら、お手頃価格でも十分にリフォームの価値はあると言えるでしょう。
また、2箇所以上をリフォームするなら、同じ業者へ同時に依頼すると、安くなる場合があります。たとえば、外壁塗装と屋根の塗装は別々にするより、一緒にしてしまった方が足場代を節約できます。
リフォームは一瞬でも、その後の生活は長い年月。どういう家に住みたいかをイメージし、欲しい機能に優先順位をつけておくのが失敗しないコツです。

リノベーションとは

リフォーム対して、似た意味合いを持つ言葉に『リノベーション』というものがあります。リノベーションは、一般的に既存の建物をより使いやすくするための工事のことをいいます。リフォームが住宅の資産価値を維持するのが目的であるのに対して、リノベーションは資産価値を増やすことが目的です。そのため、行う工事の規模は大規模になることが多く、壁を壊して間取りそのものを変えてしまったり、屋根や壁の内側や外側に断熱材などを入れたりする工事がリノベーションにあたります。住宅の機能や性能を高めること以外にも、住宅のデザインを一新するという工事もリノベーションの範囲に含まれます。

例えば、和風の造りであった住宅を欧風の造りに変えたり、リビングの位置を端から家の中心に持ってきたりといったデザインの変更などが挙げられます。工事規模が大きいということからも分かるように、基本的にはリフォームよりも工事費用が多額になる傾向にあります。単純な工事規模の違いのほかにも、リノベーションを行う際には新たにデザインをする必要がありますので、それに伴うデザイン費用や解体と修復を行う高い技術力などが要求されることなども工事費用が高くつく理由です。

また、実際に工事をしてみないと分からないことも多くあり、予算の正確な算定が難しいこともリノベーションの特長のひとつです。工事を始めてみると予期せぬ部分に老朽化が見つかったり、間取りの変更の際には抜けない柱があったりするので、予算の算定が難しいのです。このような理由から、リノベーションは費用の面以外でもリフォームに比べて事前の打ち合わせ、工期ともに長い期間が必要になるのが通常です。

建て替えとは

リフォームやリノベーションと比較して、より大掛かりになるのが建て替えです。建て替えは、一度家を全て解体して、その上で新たな家を建て直すことをいいます。工事費用も新築を立てた時とほぼ同様の金額になりますし、築年数もリフォームやリノベーションが工事前と変わらないにも関わらず、新築扱いになります。

また、完全な新築とほぼ同様ですので、間取りやデザイン面を自由に変更できるというのも大きな特長です。リノベーションの場合には、間取りは変更できるといっても既存の家の構造の問題がありますので、どうしてもある程度の制約は受けてしまいます。しかし、完全に一からデザインをし直す建て替えの場合には、何も制約を受けるものがないため、理想の間取りやデザインになるかどうかは予算だけの問題となります。

リノベーションには一部だけをリノベーションするものと、住宅全体をリノベーションする、いわゆるフルリノベーションと呼ばれるものがあります。フルリノベーションではかかる費用は建て替えとほぼ変わらないのですが、得られる効果や自由度が建て替えとは比べ物にならないほどの制約を受けますので、この二択で迷った場合には、基本的には建て替えを選択する方が賢明でしょう。ただ、見積もりにおいて大きな価格差が出た場合には、売却目的等の築年数が大きく関わるような用途に使用するのでなければフルリノベーションを選ぶのもひとつの手です。

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。