トイレ
トイレ

リノコのトイレリフォームコラム

トイレリフォームに関する豆知識が満載!

トイレ

めざせスッキリトイレ!お手軽トイレ収納術

2014.11.21

めざせスッキリトイレ!お手軽トイレ収納術

トイレは清潔感が大切な場所ではありますが、そのお掃除は手間がかかり面倒と感じている方も多いことでしょう。また、ごちゃごちゃとモノが置かれていること、雑然とした印象になってしまいます。
そんなトイレでは、落ち着いて用を足すこともできないですよね?
しかし、ちょっとしたポイントを押さえることで、トイレの環境は大きく変わります。
トイレを嫌な場所にしないためにも、収納術のポイントや収納グッズについてご紹介しましょう。

トイレに収納するもの

トイレに収納するもの

トイレ収納術について話をする前に、まずは何をトイレに収納するべきかを確認しておきましょう。
まず必要なのは、トイレットペーパーの替えです。
場合によってはロールを2つくらいセットできることもありますが、それでも予備を含めて収納する必要があります。
トイレの掃除用具も、トイレ内に収納しておくべきものです。
ブラシや洗剤、除菌シートなどがあります。これらは本格的なトイレ掃除以外でも、気になったときにさっと使えるようにしておく必要があります。
また、女性であれば生理用品なども収納しておくと便利です。ひと目につく場所に置いておくのは気が引ける、だけど取り出しやすい場所がいいというものなので、まさにトイレがうってつけです。
トイレでの収納を考えるときは、これらを収納することを前提にしましょう。

トイレ収納のポイント

トイレ収納をすっきり行うためには、3つのポイントに注目しましょう。

① 小物をまとめて収納する
トイレで使う小物は、掃除用洗剤のボトルや詰替えの予備、芳香剤など意外に多いです。
これらをバラバラに置いていては、雑然とした印象は強くなります。
すっきり感を出すためには、これらをひとまとめにしておくというのは大切なことです。
② モノを床に置かない
掃除用具やトイレットペーパーの替えなど、ついつい床に直接置いてしまいがちなものはいくつかあります。
これらを床に置いてしまうと、足元がごちゃごちゃとしてキレイな収納とはいえません。
モノを床に置かないだけでも、印象は大きく変わるのです。
③ 使用頻度を考えた収納
まとめて収納、床に置かない、ということは大切ですが、何もかもをしまい込めばいいというわけではありません。
使用頻度が高いものを取り出しにくい場所にしまうと、いちいち手間がかかってしまいます。
そのため、まとめて収納と床に直接置かないことを意識しながらも、使用頻度別に取り出しやすい収納を考えることが大切です。

便利な収納グッズ

トイレ収納では、前項でご紹介したポイントが大切です。
これを実現するために便利なグッズがいくつかあるので、ここでご紹介しましょう。

■ つっぱり棒
もともと収納棚がついていないトイレでは、床以外にモノを置く場所がありません。
そんなときには、壁につっぱり棒をつけることで棚の代わりにすることができます。
つっぱり棒は長さを自由に変えられるため、トイレの広さに左右されることが少ないです。
しかし、あまり重いものを載せられないことには気をつけましょう。
■ カゴ
カゴは中にトイレットペーパーなどを入れて置いておくだけでもいいですが、麻ひもなどで吊るすとインテリア的にもおしゃれな感じがします。
前述のつっぱり棒に吊るすと、スペースをうまく使うことができます。
■ スリムストッカー(棚)
便座の左右のスペースは狭いため、デッドスペースになりがちです。
しかし、この狭いスペースに入るスリムな棚であれば、これまで活かせなかったスペースを有効活用することができます。また座ったまま引き出せるので、手軽に使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?もちろん今回ご紹介したものが全てではなく、トイレ収納に役立つようなアイデアやグッズはたくさんあります。
トイレの広さや雰囲気に合わせて様々な方法があると思いますので、是非一度トイレ収納について考えてみてください。

トイレの見積りをシミュレーションする!専門知識は不要!好きなトイレを選ぶだけのカンタン操作!

トイレの他の記事はこちらコラムトップに戻る

他のリフォーム記事はこちら

  • クロス(壁紙)
  • 床
  • キッチン
  • お風呂・浴室
  • トイレ
  • 洗面台
  • 建具
  • 窓・カーテン
  • ノウハウ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。