キッチン
キッチン

リノコのキッチンリフォームコラム

キッチンリフォームに関する豆知識が満載!

キッチン

システムキッチンって何?魅力・メリットや施工費用とは

2016.02.05

システムキッチンって何?魅力・メリットや施工費用とは

きれいで使い勝手がよく、見た目もオシャレなことから人気が高いシステムキッチン。家のリフォームを機に「キッチンも!」とは思いつつ、「具体的なメリットは?」「施工費用はどれぐらいかかるの?」などの疑問から迷っている人も多いのではないでしょうか。
今回は、この知っているようで知らないシステムキッチンのリフォームについて、従来のキッチンとの違いやそのメリット、施工費用など具体的な情報をまとめて紹介していきます。

使いやすい・汚れにくい・美しい

システムキッチンは、欧米の「ビルトインキッチン」を参考に、スペースが限られた日本の住宅事情の中で、最大限使いやすいキッチンをめざして開発されたものです。シンク・調理台・コンロ・収納などが継ぎ目なく一体化している形状で、昭和40年代後半~50年代前半に登場し、その後徐々に一般家庭に普及していきました。

従来のキッチンセットでは流し台や調理台、ガスキャビネットなどそれぞれの完成品を現場に持ち込んで組み立てがされていたのに対し、現場には部材の形で持ち込んでその場で組み合わせていくのがシステムキッチンの特長です。間口いっぱいに設置が可能なので収納スペースが最大限活かせる、調理台の甲板につなぎ目がないために水じまいが非常に良いなどのメリットがあります。

各メーカーによって、使い勝手がよく住宅に馴染むものをめざして開発が進められており、見た目もどんどんオシャレに進化しています。また掃除がしやすく、キッチンの衛生・美観を保ちやすいものになっており、多くの住宅で使われています。

リフォームの際にぜひ検討したいシステムキッチン

一般的に高額なイメージがあるシステムキッチンですが、さまざまなメーカーから数多くのシリーズが出されており、その価格は形状や大きさ、使う素材によって数十万円もの開きがあり、必ずしも高額というわけではありません。安いものでは四十数万円のものから、高いものでは100万円を超えるものまで、グレードやオプションも幅広く、さまざまな製品が揃っています。スペースや予算に合わせて比較・検討できるので、大幅なリフォームを考えているなら一度システムキッチンの導入を考えてみる価値は十分あります。

システムキッチンを選ぶポイントはおよそ次のようなもので、これらは価格にも関わってくる要素になります。

●キッチンの間口の広さ
間口が広いとシステムキッチンも大きくなり価格も高くなる半面、大きな収納が確保できたり、作業スペースが大きく取れたりなどのメリットがあります。キッチンスペースに応じた良い大きさのものを選びましょう。
●形状
システムキッチンにはベーシックなI型、より収納量が大きく広い作業スペースが確保できるL型、リビング・ダイニングとの一体感があり、見た目にもスタイリッシュな対面型など数種類のタイプがあります。現在のキッチンと同じ形にする必要はないので、使いやすい形を考えて選ぶようにしましょう。
●メーカー
ひとくくりに「システムキッチン」といっても、メーカーによってそれぞれ特長があります。
パナソニックの製品は、横に並んだ3口コンロ「トリプルワイド」やスタイリッシュなデザインが特長です。
タカラスタンダードの製品は、熱や湿気に強い高品位ホーローを使用しており掃除が簡単です。
TOTOの製品は独自のシンクや水栓が使われており、水周りの作業が楽にできます。
メーカーそれぞれに長所や一押しのポイントは異なるので、よく見比べて自分の使い方にあったものを探してみましょう。
●素材・オプション
同じメーカーでも使う素材が変われば価格や使い勝手も変わってきます。例えばステンレス製のシンクは熱や水に強いのが特長ですが、傷や汚れに強くインテリア性が高い人工大理石に変えることも可能です。またオプションで食器洗浄機をつけたりすることもできます。ここでも予算と使い方に合わせてカスタマイズが可能です。

スペース・使い方に合わせた製品選びを

システムキッチン選びでやってしまいがちな失敗は、雑誌やカタログで見たイメージのままに選んでしまい、スペースや動線に無理が出てしまったというものです。まず製品ありきで「このシステムキッチンしかない!」とほれ込んで製品を選ぶと、家の実情に合わない場合があるので注意が必要です。

またキッチンを利用する頻度や使い方は人それぞれです。使う人の身長が違えば最適なキッチンカウンターの高さや幅も変わってきますし、パンを焼くのが好きなら本格的なオーブンを取り入れ、忙しくて家事の時間を節約したいのなら食器洗浄機をというように、必要になる設備も違ってきます。見た目はもちろん重要ですが、自分が普段しているキッチンの使い方を思い起こして、すっきり無駄のない動線が確保できるものを選ぶことも、システムキッチン選びの重要なポイントだといえるでしょう。

まとめ:サイトを賢く利用して情報集め

各社のシステムキッチンから自宅にぴったりのものを探すには、まずカタログやショールームを見ることでイメージが浮かびやすくなります。イメージが浮かんだあとは、デザインと費用と折り合いを付けて選びましょう。

リノコのホームページのキッチン特集では、各社のそれぞれの製品の違いや価格帯を一覧表で比較することができます。実際のリフォーム事例も数多く紹介されて無料で見積もりができます。 一人ひとりにあった予算やスケジュールを組んで後悔のないリフォームにしましょう。

キッチンの見積りをシミュレーションする!専門知識は不要!好きなキッチンを選ぶだけのカンタン操作!

キッチンの他の記事はこちらコラムトップに戻る

他のリフォーム記事はこちら

  • クロス(壁紙)
  • 床
  • キッチン
  • お風呂・浴室
  • トイレ
  • 洗面台
  • 建具
  • 窓・カーテン
  • ノウハウ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。