建具
建具

リノコの建具リフォームコラム

建具リフォームに関する豆知識が満載!

建具

地味な和室を変身させる3つのポイント

2014.11.25

地味な和室を変身させる3つのポイント

部屋のタイプとしては、無難な和室ですが、いまいちパッとしないなと感じている方は意外と多いのではないでしょうか?
今回は、ちょっとした工夫で雰囲気を大きく変える、和室の活用術についていくつかご紹介させていただきます。

薄暗い印象の和室

和室は、障子で適度に光が遮断された空間で、柔らかい光が心を落ち着かせてくれます。
しかし、自然光が少ないと、薄暗く暗い部屋になってしまう可能性があります。
このような和室が抱える問題点を解決するには以下の方法が考えられます。

薄暗い印象の和室
■ ブラインドやスクリーンを活用
引き違いの障子は、開口しても半分は2本の障子が重なって光を遮断してしまいます。
これを防ぐためには、障子の一部を外して、ブラインドやカーテン、スクリーンに貼り替えるのが有効です。
障子を一部取り外して、窓の面積いっぱいに光を取り込むことができれば、室内を明るくすることができます。
■ 壁や天井のリフォーム
室内の明るさは、天井や壁の反射率によって変わるといわれています。
反射率は、太陽の光を跳ね返す割合のことで、反射率の高い素材を使うことで、部屋は確実に明るくなります。本来和室の壁に使われているのは、繊維や土壁などの反射率の低いものなので、光を吸収してしまい、薄暗い部屋になってしまうのです。
そこでオススメなのが、ビニールクロスです。ビニールクロスといえば、なんとなく安っぽいイメージを与えてしまうかもしれませんが、和紙調や漆喰調のデザインのものを選べば和の趣を活かして、室内を明るくすることができます。

地味なデザインの襖

襖のデザインは、なんとなく地味で垢抜けないデザインのものが多いではないでしょうか。
和室において、襖は部屋の中でも占める面積が大きく、インテリアの要となる重要なアイテムです。
色や柄に注意して、オシャレな和室に変化させましょう!

■ 着物の色選びに注目
和のテイストでインテリアの参考になるのは、着物です。
様々な色の生地を組み合わせてできる、着物の色選びは、和室にも活用できます。
着物は、ゴールドや紅、濃い緑や黒など印象の強い色を、アクセントとして使うことで、上品な鮮やかさを演出しています。
このような色使いを襖に活用することで、地味で垢抜けない和室の雰囲気を鮮やかなものにしてくれます。
■ 引き手で印象を変える
襖の引き手も、和室をオシャレに変身する上で、有効に活用できるアイテムになります。引き手には素材やデザインなど様々なものがあります。
襖貼り替えのタイミングで、引き手も少し変わったものに変更するとインテリアのアクセントとなります。

畳で変わる和室の印象

意外と気づかない部分で、畳の縁は部屋の雰囲気を大きく変える力を持っています。
どの畳でも縁の部分は交換が可能なので、様々な畳縁を活用することで、地味な和室の印象を大きく変えることができます。
また、畳の色を変えることで、和室の雰囲気を変えることができます。

畳で変わる和室の印象
■ 縁にこだわる畳
畳の縁には、和のデザインだけでなく、アーガイル柄などのモダンな洋のデザインが使われているものもあります。可愛らしい花柄を使うことで、部屋の雰囲気を明るくすることもできます。
襖や障子との相性も考えながら、畳の縁を活用してモダンでオシャレな雰囲気を演出しましょう。
■ カラー畳を活用する
グレーやベージュなど、和の趣のあるカラーデザインの畳を活用することで、地味な部屋の雰囲気を大きく変えることができます。
また、いくつかのカラーの畳を上手に組み合わせることで、よりモダンな和室に仕上げることができます。

まとめ

地味でパッとしない雰囲気の和室は「光を取り入れる」「襖のデザイン・引き手を変える」「畳縁と畳に色と柄を取り入れる」という3つのポイントに気をつけることで、モダンでオシャレな雰囲気の部屋に仕上げることができます。
これらのポイントを活用して、地味な和室を変身させましょう!

2分でカンタン見積りシミュレーション 専門知識は不要!好きな商品やお部屋の広さを選ぶだけ!

建具の他の記事はこちらコラムトップに戻る

他のリフォーム記事はこちら

  • クロス(壁紙)
  • 床
  • キッチン
  • お風呂・浴室
  • トイレ
  • 洗面台
  • 建具
  • 窓・カーテン
  • ノウハウ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。