お風呂・浴室
お風呂・浴室

リノコのお風呂・浴室リフォームコラム

お風呂・浴室リフォームに関する豆知識が満載!

お風呂
・浴室

トイレは分ける?分けない?3点ユニットバスの現実

2016.02.05

トイレは分ける?分けない?3点ユニットバスの現実

賃貸住宅を経営するオーナーにとって、古くなった住宅の設備の改装をどうするかは実に悩ましい問題だといえます。
特に問題なのがバスルームです。3日に1度くらいしか風呂に入らず、しかも湯船に浸かることもなくシャワーだけで済ますという西洋人の風習とは異なり、日本人の風呂好きはまさに世界一といっても過言ではありません。きれい好きな人は、賃貸住宅の決定条件としてバスルームの状態を挙げるパターンが少なくありません。となると必然的に、バスルームのリフォームが入居者募集の大きなポイントとなるわけですね。
そこで今回は、賃貸住宅のオーナーさんのために、バスルームのリフォームについて紹介してみましょう。

ユニットバスの特徴

まずは、賃貸住宅に設置されていることが多いユニットバスの特徴を列挙してみましょう。
ユニットバスとは部屋自体がまるごと浴室として一体化している構造を指します。したがって単にバスとトイレが同じ部屋にあるだけではユニットバスとは呼びません。
そして「3点ユニットバス」の「3点」とは「浴槽・洗面台・トイレ」の3つの設備のことで、これらがそろった上で天井・壁面・床の部屋全体が丸ごと一体化した構造のバスルームが「3点ユニットバス」と呼称されるわけです。

住宅情報雑誌などに掲載される間取図に掲載されている「UB」という記号が「ユニットバス」のことで、単に「ユニットバス」といえばユニット式浴室のみのことで、浴室・トイレは別という場合もあり、風呂と洗面台の2点が一体化した構造は「2点ユニットバス」と呼称されます。

特に居住者の入れ替わりが頻繁な賃貸住宅においては、キッチン以外の水回りエリアとして必要不可欠な設備である「浴槽・洗面台・トイレ」を一体化した3点ユニットバスにすることで、間取スペースを有効に使えることと、カビなどの不衛生要因の対策を兼ねているというわけです。賃貸住宅の入居者とオーナーの両者ともにメリットが大きい設備様式といえるわけです。

3点ユニットバスのリフォームを

3点ユニットバスは、賃貸住宅の新築時に設備メーカーの既存品をそのまま設置するだけでよいことから、現代の賃貸住宅の大半に利用されています。そのほとんどが窓なしタイプなので使用時には換気扇を回し続ける必要がありますが、仮に一日中換気扇を回し続けても電気代は数百円しかかかりません。

ただし、3点ユニットバスが開発された初期の頃のものはシャワーの水圧が低かったり、床面が滑りやすかったりカビが発生しやすかったりと、いくつかの不具合が生じており、古いタイプは入居希望者に「安物の浴室」というイメージを植え付けてしまうマイナス面があります。

いくら他の条件が良くても古い3点ユニットバスのせいで敬遠されてしまうパターンが少なくないのです。毎日利用する場所であり、一日の疲れを癒すスペースでもあるだけに、贅沢な環境に慣れた若い世代の人々を惹きつけるためには、思い切って3点ユニットバスをリフォームして新しくするという選択肢も考える必要があるでしょう。

3点ユニットバスのリフォームの種類

賃貸住宅の3点ユニットバスをリフォームするにはいくつかの方法があり、それぞれの特徴は以下のようになっています。

● パーテーションで分離する
バスタブの横に引戸タイプのパーテーション(間仕切)を設置して浴槽を分離する方法です。このタイプがもっともリフォーム費用が安価で相場価格は最高でも30万円前後です。
● トイレを別個に新設する
スペース次第にはなりますが、物置やクローゼットなどのスペースを利用して新たにトイレのみを新設し、3点を「洗面台・浴槽」の2点ユニットバスに改装する方法も最近多くなっています。メリットは大きく、バスルームが広々として分譲マンション並のイメージとなり、見学者の印象はガラリと変わります。
● 「1024タイプ」ユニットバスに改装
賃貸住宅用の新しい浴室として近年注目されているのが、バス・トイレが分離したタイプのユニットバス「1024タイプ」です。これは100cm×140cmサイズの少し小さめのユニットバスですが、3点ユニットバスの「安物感」がほぼ払拭され、新鮮な印象を受けるので、特に若者層には好評です。既存スペースにそのまま入れ替えるので工事費も70万円前後と手頃で、リフォームの費用対効果は高いといえるでしょう。

まとめ:費用対効果を考えた浴室リフォームを

オーナーとしては「改装した場合の費用対効果」がもっとも気になる点だと思います。賃貸料金はもちろん部屋の間取りやスペースの有効利用を熟慮した上でのリフォームということになりますが、若い世代には敬遠されがちな3点ユニットバスを一新するだけで、受けるイメージはかなり変わることから、多くの人に好まれ、受け入れられています。

お風呂の見積りをシミュレーションする!専門知識は不要!好きなユニットバスを選ぶだけのカンタン操作!

お風呂・浴室の他の記事はこちらコラムトップに戻る

他のリフォーム記事はこちら

  • クロス(壁紙)
  • 床
  • キッチン
  • お風呂・浴室
  • トイレ
  • 洗面台
  • 建具
  • 窓・カーテン
  • ノウハウ

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。
詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。